結婚相談所の婚活ブログ

カテゴリー: 大阪の婚活ブログ

一年以内に結婚は普通!「仲人型の結婚相談所」はスピード婚に強い理由


 

来年までに結婚したい。20代・30代の間に素敵なパートナーを見つけたいなど、早く結婚したいと焦るアナタに「手堅く一年以内の結婚を決める方法」として、仲人型(お世話型)の結婚相談所はおすすめです。

 

今回は結婚相談所が一年以内の結婚に最適な理由を、当社の過去データやお客様の声を元にお話しします。

 

 

入会から一年以内の婚約率は70%強!
仲人型の結婚相談所は短期に強い

 

 

入会から一年以内にパートナーを見つけるなら、ずばり「仲人型の結婚相談所」がおすすめです。

 

「仲人型」とは婚活者同士の間に婚活コンサルタントが仲介役として携わり、婚活がうまくいくようサポートするスタイルの相談所です。デートプランや服装、本当にこの人を選んで良いかなど、どんな悩みでも気軽に相談しやすいのが特徴です。

 

成婚率が51.5%を誇る仲人型の相談所「関西ブライダル」ですが、そのうち一年以内に婚約を果たして退会する会員様の割合は70%強を誇ります。つまり当社を利用して婚約した方の7割以上が、一年以内にパートナーを見つけていることになります。

 


一年以内に結婚したいなら、仲人型の結婚相談所がおすすめな理由

 

短期の結婚を本気で考えるなら、仲人型の結婚相談所を選ぶと良いでしょう。婚活スタッフの考える「仲人型の結婚相談所が一年以内の結婚に最適な理由」について「結婚相談所」「仲人型」という2つのポイントから解説します。

 


1.婚活のモチベーションが維持しやすいから

 

婚活が上手く行かない大きな要因として「モチベーションが維持できない」ことがあります。1年以内に婚活を終わらせるには短期間で複数人の異性と出会い、プライベートの時間やお金を投資する必要があります。

 

心身ともに大きなエネルギーを消費するため、個人で婚活に取り組んでいると「いい人と出会えない」「婚活に疲れてしまった」と挫折してしまうケースは少なくなりません。


その点で仲人型の相談所はスタッフの励ましやサポートにより、上手く行かないときも「また頑張ろう」と結婚へのモチベーションをキープし続けることが可能です。



2.結婚に本気の人が多いから

 

結婚指輪

 

マッチングアプリやその他の婚活サービスと比較し、結婚への本気度が高い会員が多いのも仲人型の結婚相談所の魅力です。両者の目的が合致しているため、お付き合いの段階から本気で将来を見据えられるパートナーを厳選できます。

 

自然と交際からプロポーズ、婚約に至るまでの期間が短くなるので、普通の出会いに比べ短期間での結婚が可能。ダラダラとした交際期間や結婚へ本気度の低い異性との出会いを避けたい方に丁度よいでしょう。

 

 

3.希望条件に合う人だけ厳選して会えるから

 

家族構成や年収、離婚歴など聞きたくても初対面では聞きづらい情報を、事前に把握した上でお見合いを申し込めるのも結婚相談所の特徴です。

 

希望条件に合致した人だけを厳選して出会うので、スピーディかつ効率的に婚活を進められます。

 

 

4.相性の良さそうな異性をスタッフ目線で提案するから

 

 

仲人型の結婚相談所では「この2人、出会ったらきっと上手くいくだろうな」という異性を、婚活スタッフが第三者の視点から提案します。そのためデータでは測りきれない、人間性や雰囲気も踏まえた上で相性の良い相手に出会うことができます。

 

マッチング型の結婚相談所やアプリ婚活にはない強みと言えるでしょう。

 

 

5.両者の気持ちを仲人が伝達してくれるから

 

「相手はいま僕のことをどう思っているんだろう」「以前より連絡が遅いけど、私に対して冷めてしまったのかも」など結婚前の交際期間は本気だからこそ相手の気持ちがわからず、不安にかられてしまうものです。

 

仲人型の結婚相談所なら相手に直接聞きづらい内容も、スタッフに間に入って確認してもらうことが可能。不毛なすれ違いや不安感に苦しむ必要が軽減されます。イメージとしては両者の間を取り持つ友人が、常にいるような感覚でしょうか。

些細なきっかけによるすれ違いが起こらないためにも、恋愛面に不安感がある人こそ仲介型の相談所がおすすめです。

 

 

入会から”一年以内の結婚”を叶えた男女会員の声を紹介

実際に当社を利用して一年以内にパートナーと巡り合い婚約にたどり着いた、男女の声をご紹介します。

 

※実際のご年齢・ご職業などを多少変更して掲載しております。

 

 

【事例1】30歳男性 Aさん「入会から3ヶ月でプロポーズしました」

 

話す男性

 

元々は婚活アプリを使っていましたが、会社の先輩からこちらの結婚相談所を紹介され入会を決めました。

 

正直なところ、最初はまったく期待しておらず「結婚相談所は結婚できない人の最終手段」とさえ考えていましたが、利用してから180度考えが変わりました。

 

僕が今の奥さんと出会ったのは入会して3回目のお見合い。1,2回目にお会いした方は正直あんまりだったので「どうしようか」と悩んだ際に、スタッフの方から紹介されました。穏やかで一緒にいても気を使わず「この方なら結婚を前向きに考えたい」と思い、お付き合いを申し込みました。

 

入会するまでは「短い交際期間で結婚を決めるなんて不安だな」と思っていたのですが、実際に体験してみると、彼女との交際や結婚に対してまったく不安はありませんでした。入会から彼女にプロポーズするまでは3ヶ月程度、交際からは2ヶ月程度です。

 

とにかくサポートが手厚く熱心に相談に乗ってくれるので、結婚相談所での婚活はおすすめです。本当にお世話になりました。

 

 

【事例2】48歳女性 Bさん「入会から10ヶ月、歯科医の男性とゴールしました」

 

婚約指輪とバラ

関西ブライダルさんに入会を決めた理由は、大阪の結婚相談所を検索していたら偶然上位に出てきたから(笑)サイトを見ていて良さそうだったので、すぐに電話をかけて入会を申し込みました。

 

入会してからは7人の男性とお見合いし、そのうち3人の方と真剣交際をさせていただきました。今の旦那さんは3人目にお付き合いした方で、プロフィールを見た時は「真面目で大人しそうな人だな」という印象。しかし実際に会ってみると身長180センチのガッチリ体型な上、ざっくばらんに会話できる親しみやすい性格の人でした。良い意味でイメージが裏切られ「この人なら上手くいくかもしれない」と思い、交際を決めました。

 

お付き合いに発展してからは、一緒に淡路島へデートへ行ったり食事を作ってあげたり。基本的にコンビニ弁当が多いと聞き、手作りのお弁当を仕事終わりの彼に渡しにいったこともあります。喜んでくれて嬉しかったですね。

 

入会から10ヶ月が経った頃、彼からプロポーズをいただき成婚退会となりました。日常では出会う機会のない異性と知り合えるので、出会いに困っているなら結婚相談所はとてもおすすめです。

 

 

【事例3】32歳女性 Cさん「入会から4ヶ月で婚約。初対面はオンラインでした」

 

実は友達に「もっと自宅から近い場所で探しなよ」と反対され、当初は関西ブライダルさんではない近所の相談所を検討していました。しかしお電話を入れた際にスタッフさんが熱心に誘ってくださり、改めて母とうかがって「ここしか無い」と入会を決めました。

 

現在のパートナーと出会ったのは入会から3人目のお見合い。コロナの影響で初対面はオンラインでしたが、とてもお話ししやすく好印象だったので次もお会いすることに決めました。はじめてのデートはヒルトンホテルの中華レストランを彼が予約してくれており、自分のためにお店を選んでくれたことが嬉しかったです。

 

当時、彼と並行して仮交際をしていた男性が2人いたのですが、彼が一番マメに会う機会を作ってくれたので最終的に真剣交際を決めました。そしてスタッフさんの親身なサポートもあり交際から2ヶ月、入会からは4ヶ月という早さで彼からプロポーズをいただき婚約。母や周囲も驚いていました(笑)

 

1人ではここまでスムーズにいかなかったので、お世話になって本当によかったと思います。

 

 

まとめ

 

婚活デート

 

今回は「一年以内に結婚するなら」というテーマで、仲人型の結婚相談所がおすすめの理由や実際に利用した男女の声を紹介しました。

 

少しでもはやく素敵なパートナーと出会いたい方、これまで結婚相談所を検討したことがなかった方も、本記事をきっかけに関心を持っていただければ幸いです。

 

 

また当社「関西ブライダル」では結婚相談所の無料相談を行っています。

 

・仲人型の結婚相談所が自分に合うかわからない
・まずは説明だけ聞いてみたい
・スピーディな婚活をしたい
・他店にない手厚いサポートを受けたい

 

このような方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。専門の婚活コンサルタントが親身にお話を聞かせて頂きます。

 

 

関西ブライダルの「甘やかし婚活」についてはコチラ

関西ブライダルの「婚活の流れ」についてはコチラ

 


結婚したい女性の特徴・したくない特徴を結婚相談所の男性31名に調査!


 

「男性はどんな女性と結婚したいの?」実際に婚活中の方からパートナーのいる方まで、女性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

今回は結婚相談所「関西ブライダル」の男性会員の皆様に協力いただき「結婚したい女性・したくない女性の特徴」についてアンケート調査を実施しました。

 

また婚活スタッフの視点で語る、結婚したい女性になるために”取り組みたいポイント”についても紹介します。

 

 

 

結婚したい女性の特徴、男性の70%以上は「性格」を重視

 

女性との結婚を考えるとき、男性が重視するポイントは何処だと思いますか?アンケート調査によると男性31名のうち22名が「結婚において内面・性格を重視する」と回答しています。

 

 

結婚をする上で「見た目の好み」や「料理ができるか」「自立しているか」など条件面を重視する声もあがりましたが、7割以上の男性「性格的な相性」を大前提に結婚の可否を判断していることがわかります。

 

 

 

男性に聞く”結婚したい女性”の特徴

 

当社の男性会員様にお聞きした「結婚したいと思う女性の特徴」その理由について、項目別にご紹介します。

 

■気が合う・共感できる女性

 

性格が合うことが一番大事です。一緒にいて楽しい女性がいいので。

 

共通の関心事が多く、たくさん共感しあえる人が理想です。会話が弾んで楽しい時間を共有できると思います。

 

今回の調査では「性格やフィーリングが合う女性がいい」という男性の声が多数上がりました。何十年も時をともにする相手だからこそ、価値観や会話内容の相性の良さを重視する男性は多いようです。

 

 

■性格が優しい・一緒にいて安らげる

 

ちゃんと気遣いが出来て優しい人。そういう人の方が結婚生活もうまく行きそうだからです。配偶者になれば自分の身近な人に合わせることになるので、その辺りも踏まえて。

 

一緒にいて、無理に何かを話さなくても居心地が良い方。僕はあまり自分から話さないタイプなので、会話が無くても大丈夫な方だと嬉しい。

 

優しくて気の遣える、安心感のある女性がパートナーだと毎日をストレスなく快適に過ごせるでしょう。悩みを相談したいときや弱音を吐きたいときも、思いやるのある女性が隣にいれば心強いですよね。

 

 

■笑顔が素敵・よく笑う女性

 

笑顔が魅力的で、見た目や内面など色々な面で自分磨きを欠かさない女性。そういった方は、前向きでポジティブな思考ができる人だと思うからです。

 

笑顔が絶えない人が良いです。あまり表情が変わらない方、ムスッとしてる方は「自分といても楽しくないのかもしれない」と不安に感じてしまうので。

 

男性は女性が自分の話に笑ってくれることで幸福や安堵の感情を抱きます。そのため普段からニコニコと男性の会話に耳を傾ける女性は、パートナー候補としても人気が高いのです。

 

 

■自己管理できる・自立している女性

 

精神的にも経済的にも自立している女性。前向きに仕事や夢に取り組める女性であれば、将来的に相乗効果で何か新しい事を目指せそうだし、何かあっても支えるモチベーションが湧く。

 

自己管理が出来ている方。自分がどうしたいのかなど、言葉にして言える方が良いです。自己管理の苦手な方だと、子どもの面倒を見てもらう際に不安なので。

 

一緒にいて楽しければ良い恋人関係とは違い、結婚には夫婦で乗り越えなければならない様々な課題があります。家庭をともに守る存在として、女性に自立や自己管理能力を求める男性は少なくありません。

 

 

■その他

 

とにかく見た目です。 日頃から年齢に関係無く、女性の服装や化粧を注意して見てしまう。

 

外見・内面ともに落ち着いている女性が好みです。 どんなときも冷静に話し合いができて、心を許せそうだからです。

 

経済面で余裕があり投資なども手掛けている方。経済的な不安材料を少なくしたいので。

 

その他にも見た目の好み経済的な余裕料理ができるかなどの特徴が見られました。卓越して秀でている必要はありませんが、最低限の家事能力や収入があるとパートナーとして選ばれやすい傾向にあるようです。

 

 

 

 

男性に聞く”結婚したくない女性”の特徴

 

 

次に当社の男性会員様にお聞きした「結婚が難しいと思う女性の特徴」その理由についてご紹介します。

 

■気遣いができない・ワガママな女性

 

普段から気配りができない女性とは、一緒にいてしんどくなってしまうと思う。

 

協調性がない方だと、お互いに助け合いながら過ごすことが難しいと思うから。

 

結婚できない女性の特徴として「気遣いができない」「ワガママ」「協調性がない」といった項目に最も多くの票が集まりました。2人の生活を思い描いた時、自分本意な女性との結婚を息苦しく思う男性が多いようです。

 

 

■働く気がない・経済的に男性を頼ろうと考える女性

 

お金が目当ての計算高い女性、図々しく自分大好き女性は結婚できません。そもそも人として尊敬できないし、男性が一方的に経済的にも消耗するのはあり得ない。信頼関係が築けそうにない。

 

働く気が端から一切ない方は厳しい。今の世の中、いつ私が無職になるかもわからないので。

 

金銭目当てに結婚を考える利己的な女性も、男性からの評判はよくありません。男性以上に稼ぐ必要はありませんが、女性でも自身の生活を支えられるくらいの収入があると望ましいでしょう。また浪費家や過度な高級志向も懸念されやすいので注意が必要です。

 

 

■笑顔や会話が少ない女性

 

逆にどれだけ疲れていても、笑顔で出迎えてくれる女性がいれば家に帰りたくなります。

 

表情が暗く会話が少ない、人の悪口が多い女性は苦手です。一緒にいると自分もネガティブな気分になるし、そもそも会話が成り立たないので。

 

いつもニコニコしていて楽しそうに話す女性は、男性も一緒にいて居心地の良さを感じます。自分では笑っているつもりでも相手からは笑顔が少ない、無愛想という印象を持たれる場合も。普段から「笑顔の多い愛想の良い女性」が意識できるとベストです。

 

 

■清潔感がない・あまりに太っているなど(見た目の要因)

 

毎日顔を合わせるので、見た目的に「一緒にいたい」「話したい」と思えない女性は論外です。

 

太りすぎている女性は自己管理能力が低そう、だらしないと感じてしまうため。

 

過度に清潔感がない・太り過ぎといった女性を、結婚対象として見れない男性も一定数いるようです。外見ばかりに捉われる必要はありませんが、最低限の見た目に対する気遣いが持てると良いでしょう。

 

 

■その他

 

頑固でプライドが高い、ロマンチックじゃない、極端に贅沢思考の方前の妻がそういった女性だったので、次は優しくて思いやりのある方と家庭を持ちたい。

 

全く家事や掃除などしない女性。家庭は持てないと思います。

 

何でも相手に決めてほしいと考える、自立思考のない女性。一緒に暮らすにはどんなことも一緒に考えて納得したいから。

 

その他にも様々な視点から結婚相手として考えられない女性の特徴が挙がりました。思い当たる項目があった方も、少しずつ改善することで結婚生活がさらに居心地の良いものになるはずです。

 

 

 

“結婚したい女性”になるために取り組みたい4つのポイント

 

最後に男性から「この人と結婚したい」と思われる女性になるために意識して取り組みたいポイントについて、結婚相談所スタッフの視点からお話します。

 

 

1.初対面は「スキのある」位が丁度いい

 

結婚相手に立候補するためには、まず男性から「女性としての好意」を持ってもらう必要があります。

 

初対面の男性にぜひ実践してほしいのが、女性として「スキのある部分」をきちんと見せること。1人で何でも出来そうな女性より、どこか抜けていて安心感のある女性の方が男性はアプローチしやすいのです。

 

具体的には男性の話を笑顔できく、距離をわざと近めにとる、LINEのレスポンスもこまめに応じるなど。さりげないボディータッチも効果的です。言葉にすると思わず「あざとい!」と言いたくなる手法ですが、恋愛をはじめる初めの一手として是非実践してみてください。

 

 

 

2.褒めるではなく「称賛」を

 

交際前から交際中、夫婦になったあとも「男性を称賛できる」女性は重宝されます。男性は自分を認めてくれる相手に信頼や居心地の良さを感じるからです。

 

ただ表面的に褒めるのではなく彼の仕事や能力、あるいは努力の過程について「本当にすごい」「自分には真似できない」と、賞賛の言葉を伝えてみてください。

 

 

 

3.男性が「家族に紹介しやすい」女性に

 

男性は女性が考える以上に「自分の両親(特に母親)からの彼女への評価」を大切にします。彼が自信を持って紹介したいと思える、常識や愛嬌のある女性を意識しましょう。

 

具体的には派手すぎず分をわきまえたメイクや服装、言葉遣いを実践すること。またご両親の話を笑顔で聞く、会話中に彼を立てる振る舞いなどができると、両親のみならず彼からの評価も上がります。

 

 

4.「ふだん友達、たまに彼女、ときどき母」が理想

 

普段は友達同士のように気兼ねなく過ごし、時には彼女のようにドキッとする瞬間があり、また時には母のように自分をきちんと叱ってくれる。そんな女性が結婚に最適なパートナ像と言われます。

 

「女性として可愛らしい一面があるか」「自立した女性としてパートナーを支えられるか」など、ぜひ今の自分に問いかけてみてください。自ずと理想のパートナーに近づくヒントがわかるはずです。

 

 

 

最後に

 

前向きな女性

 

今回は当社の男性会員の皆様に聞いた「結婚したい女性・したくない女性の特徴」についてご紹介しました。

 

結婚に求める条件は男性によって様々ですが「ともに居心地の良い家庭を築くため」という観点で考えれば、自ずと目指すべき女性の理想像が見えてくるのではないでしょうか。皆様の婚活や家庭作りの参考になれば幸いです。

 

当ホームページでは結婚相談所を利用した会員様の経験談を、多数ご紹介しています。是非そちらも覗いてみてくださいね。

 

「結婚相談所で結婚した婚活体験談」はコチラ

 

 

 

 


50代女性の再婚、結婚相談所や婚活パーティーの実態は?成功談も紹介


 

再婚したくても様々なリスクやしがらみを懸念して、なかなか行動に移せないという50代の女性は多いのではないでしょうか。

 

しかし50代の再婚女性は婚活市場での人気もあり、実際に結婚相談所「関西ブライダル」でも多くの女性が再婚を通じて幸せを掴まれています。

 

今回は「再婚への一歩が踏み出せない」という方のために、50代女性の再婚の実態や、結婚相談所・婚活パーティーでの実態、実際に幸せになられた方の成婚エピソードをご紹介します。

 

 

そもそも50代女性が再婚を考える理由は?再婚率はどのくらい?

 

50代 カップル

 

まず50代の女性が再婚を考えるきっかけ、理由にはどのようなものがあるのでしょうか。婚活スタッフが過去に接してきた会員女性の声としては

 

・子どもが独り立ちし、自分のために第二の人生を歩みたい
・将来独身は寂しいので一緒に楽しめるパートナーが欲しい
・もう一度恋愛がしたい

 

などが挙がりました。

 

50代半ばで 熟年離婚したものの、いざ一人になると 時間が余り暇を持て余しています。 一人分の家事では料理も作らなくなってしまい、だらしない生活に嫌気がさしています。この先数十年を思うと、ご飯を作ってあげる人が必要かもと思い再婚を考えています。

(56歳  女性)

 

旦那とは1年前に離婚しました。パートをしながら月10万ほど稼いで暮らしていますが、息子家族も離れて暮らしており1人寂しくて仕方ありません。残りの人生、素敵なパートナーと過ごせたらとおもい再婚を検討しています。

(54歳  女性)

 

 

50代女性の会員のうち、再婚目的の入会者が半数以上

 

次に婚活市場における50代女性の再婚率を見ていきましょう。当社の50代女性会員様の「初婚率」「再婚率」を比較したところ、全体の半数~6割の女性が初婚ではなく再婚目的、もしくは初婚のシングルマザーであることがわかりました。

 

また同世代の男性会員の声としても「初婚より再婚女性の方がパートナーとして選びやすい」という意見が多く挙がっています。理由としては


・50代女性で初婚だと、今まで結婚できなかった「理由」が気になってしまう
・(自分も再婚なので)再婚同士のほうが気持ちが楽だから
・再婚女性の方が経験がある分、結婚に対して理解があるから

 

といった具合でした。

 


50代女性の再婚における結婚相談所・婚活パーティーの実態とは?

 

 

婚活手段として代表的な結婚相談所・婚活パーティーですが、再婚目的の50代女性にとって「いい出会いがあるのか」「どんなサービスを受けられるのか」「本当に再婚できるのか」などは気になるポイントでしょう。


弊社の結婚相談所・婚活パーティーを例に、どんな男性がいるかやサービスの内容、利用者の声などを「50代女性の再婚」という視点からご紹介します。

 

 

 

「結婚相談所」における50代女性の再婚の実態

 

50歳からの婚活

 

結婚相談所における「50代女性の再婚の実態」について見ていきましょう。先述の通り、再婚目的で結婚相談所に入会される50代女性は、50代女性会員の約60%程度をしめます。



<結婚相談所を利用した50代女性の声>

 

普段は異性と知り合うきっかけが全くないので、結婚相談所でスタッフさんに「この男性はすごくジェントルマンですよ」「この方はすごく素直な方でおすすめです」などアドバイスをいただきながら色々な男性のプロフィールを検索できたのが非常に良かったです。また「本当に今男性とお付き合いしていいのか」を悩んだ際にも、スタッフさんが背中を押してくださったので交際に踏み切ることが出来ました。

 


結婚相談所で50代女性が再婚相手に選ぶ男性とは?

 

年下男性から60代、70代の男性まで幅広い層からアプローチを受けるものの、実際に成婚に至るのは同世代~5つ上くらいまでの男性という女性が多い印象です。

中には年下男性と成婚される方もいらっしゃいますが、5つ以上若い男性と再婚されるのは稀なケースでしょう。

また初婚男性とゴールされる方もいますが、どちらかと言えば再婚同士のカップルが多めです。

 

 

初婚女性との違いや不利な点

 

再婚女性が婚活に置いて初婚女性と違う点、不利な点は特にありません。


むしろ再婚女性の方が男性へ理解がある、融通が利く場合も少なくないためお見合い~交際までがスムーズにいく傾向があります。相手男性から指名されづらいということも、特にはありません。

 


再婚・子どもの有無はプロフィールに記載

 

過去に再婚歴があることや子供の有無などは、会員同士だけが見ることの出来るオンライン上のプロフィールシートに記載します。


相手男性からアプローチを受ける際は、既にあなたの再婚歴や子供の有無などをすべて把握した上で気がある状態なので、安心してお見合いに臨むことができます。

 

 

 

「婚活パーティー」における50代女性の再婚の実態

 

50代 カップル

 

続いては婚活パーティーにおける「50代女性の再婚の実態」について見ていきましょう。当社では敢えて「40代・50代向けのパーティー」では初婚限定などの条件をあまり設けないようにしています。


また再婚者が参加しやすい「再婚理解者限定パーティー」なども定期的に開催しています。


<婚活パーティーを利用した50代女性の声>

 

婚活パーティーは同世代の男性ばかりなので、話が合いやすく気軽な気持ちで参加できるのが非常に良かったです。また一度に複数の男性とお話できるのも、大変でしたが効率が良いなと思いました。
リッツカールトンの特別な空間で行われるので、普段より気分も上がります。

 

 

 婚活パーティーで50代女性が再婚相手に選ぶ男性とは?

 

「50代限定」「40~50代」など、年齢層は参加するパーティーによってある程度限定することが可能です。再婚同士でマッチングされる場合もあれば、男性は初婚というケースも少なくありません。


職業は会社員や私学の先生、会社経営者など多岐にわたります。

 


再婚・子ども有無はプロフィールシートに記載

 

婚活パーティーでは最初に着席形式ですべての異性と会話をした後、立食形式のパーティーが行われます。最初のローテーションでは互いのプロフィールシートを元に会話をしますが、このシートにあなたの再婚歴や子供の有無を記載することとなります。


先述の通り50代のパーティーとなると参加女性も半数が離婚歴がある、もしくはシングルマザーの方なので、再婚が相手に伝わることに引け目を感じる必要は全くありません。

 

 

 

50代女性が再婚で幸せを掴んだ実際のエピソード2つ

 

40代結婚


これまで当社「関西ブライダル」では数多くの50代女性の方の婚活支援を行い、たくさんの笑顔を見てまいりました。「関西ブライダル」の婚活サービスを通して、素敵な男性と再婚された50代女性のエピソードを2つご紹介します。

 

 

① 年下の経営者男性からアプローチを受け再婚した50代女性の事例

 

婚約指輪とバラ


■女性S子さん 56歳 子どもさん有 福祉関係
■男性T夫さん 55歳 子どもさん有 会社経営

 

1つ目は56歳で結婚相談所へ入会され、約半年間の活動で1つ年下の会社経営者の男性と再婚されたS子さんの事例です。


過去に1回の離婚歴があり、子どもさんが大きくなられたタイミングで再婚を考えられたS子さん。入会後は同世代、もしくは年上の男性と複数回のお見合いをされていましたが、1つ年下のT夫さんがS子さんのプロフィールをお気に入りされたのをきっかけに、スタッフの計らいでお見合いに発展しました。


お見合いは相談所のオフィスにて行われましたが、通常1時間半程度のところ3時間もお話されるほど初対面から相性の良かったお二人。見兼ねたスタッフが止めに入るまで会話を楽しんでいらっしゃいました。特にT夫さんがS子さんの愛嬌の良さや可愛らしい雰囲気に一目惚れされ、その後数回のデートを経て真剣交際へと発展されました。

 

途中、T夫さんの押しの強い態度に不安を抱き「この人と本当に再婚して良いのか」と悩んだことも合ったS子さん。しかし弊社のアドバイザーが相談に乗ったり背中を押したことで、徐々にT夫さんとの結婚に対して前向きな気持ちを抱くようになられたといいます。

交際に発展してからは男性の趣味であるバイクレースを一緒に見に行ったり、夫婦円満のご利益がある淡路島の伊弉諾神宮 ( いざなぎじんぐう ) へ観光へ行ったりする中でさらに関係を深められたお二人。


最終的に出会ってから約1ヶ月半の早さで、日本庭園の素敵な結婚式場でT夫さんがS子さんにプロポーズされ見事成婚になられました。後日相談所へご報告に来てくださった際にも、S子さんのことを大事そうに扱うT夫さんの姿が印象的でした。


50代女性が再婚を通じて、自分を本当に愛してくれる男性と巡り会えたという素敵なエピソードです。

 

 

➁ 5歳年下の男性と互いに一目惚れし、再婚した50代女性の事例

 

20代女性が選ぶべき結婚相手4つのポイント 指輪イメージ


■女性M子さん 56歳 子どもさん有(看護師)
■男性N夫さん 51歳 子どもさん無(土木関係)

 

2つ目は56歳で結婚相談所へ入会され、一度目のお見合いで運命の男性と出会えたM子さんの事例をお話します。


過去に1回の離婚歴があり、3人の子どもさんがいらっしゃるM子さん。第二の人生を歩みたいというご理由で当社の結婚相談所へ入会いただきました。入会直後にスタッフから「とても相性の良さそうな男性がいるのでお見合いしてみませんか?」とすすめられたのが、後の旦那様になられるN夫さんでした。


N夫さんは背もすらっとして物腰も柔らかく、素直なご性格がとても好印象な男性会員様でした。M子さんより歳は5つ下でしたが初対面からお話が盛り上がり、お見合いの終盤には互いに「ぜひお付き合いしたいです」と仰られるほど。M子さん、N夫さんともに一目惚れだったそうで、N夫さんは後々に決まっていたお見合い予定をすべてキャンセルされていたのが印象的でした。


3回目のデート後に真剣交際へと発展。両者の自宅からは片道2時間以上かかりましたが、互いに仕事の合間を縫いながら2週間に1、2回のペースで会っていらっしゃいました。

 

そしてお見合いから約2ヶ月というスピードで、N夫さんからのプロポーズを受け見事ゴールイン。仲良くペアリングをつけて相談所へ婚約のご報告に来てくださいました。まるで20代男女の恋愛を見ているかのようなラブラブっぷりに、思わずスタッフもほっこりしたのを覚えています。

 

50代の再婚でも相性が抜群な運命の男性に出会えるという、心が温かくなるエピソードです。

 


まとめ

 

ミドル カップル


今回は「50代女性の再婚の実態」をテーマに、結婚相談所・婚活パーティーの様子や、相談所を通じて幸せになられた女性の成婚エピソードをご紹介しました。

 

再婚を決意するまでには、様々な懸念や心配事があるに違いありません。しかし少しでも「もう一度、素敵なパートナーを見つけたい」という思いがあるのであれば、まずは勇気を出して婚活という大きな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

あなたが気の合う魅力的な男性と巡り会えることを、スタッフ一同心より応援しています。

 


お見合いが初めての男性へ必勝マニュアル!アンケートから女性の本音も紹介


 

初めてのお見合いは勝手がわからず緊張しがちなものです。しかし事前に「女性が男性のどういった点を重視しているか」「どんなポイントに気を付ければよいか」を知っておくだけで、自信をもって当日に臨むことができます。

 

本記事では結婚相談所「関西ブライダル」の婚活アドバイザーの視点から、初めてお見合いに参加する男性にぜひ読んで欲しい「お見合い必勝マニュアル」をお届けします。

 

初めてのお見合いを成功させるノウハウを一緒に学んでいきましょう!

 

初めてのお見合いで女性は男性のどこを見てる?結婚相談所の会員47名にアンケート

 


まずはお見合いの際に「女性が男性の何を重視しているか」を把握することから始めましょう。


結婚相談所「関西ブライダル」では、当社の婚活サービスへ登録する47名の女性「お見合い時の男性に対する印象調査」を実施しました。

 


お見合いで印象の悪かった男性の特徴

 

お見合い調査 円グラフ 悪い印象

 

「過去にお見合いで、相手男性に『悪い印象』を抱いた経験はありますか?」という質問への回答は、「はい」が40名で全体の85.1%「いいえ」が7名で14.9%という結果となりました。8割以上の女性が過去のお見合いで、相手に対しネガティブな印象を抱いているということがわかります。

 

相手男性に「悪い印象」を持った理由としては

 

・会話が続かず、話が盛り上がらない

・服がよれよれ、靴や持ち物がボロボロなど身だしなみがだらしない
・寝ぐせやフケ、口臭など清潔感がない
・終始自分のことばかり話し続ける
・女性を見下したような、高圧的な態度を取ってくる
・質問攻めをしたり、プライベートなことに深く首を突っ込んでくる

・写真と実際の印象が違い過ぎる

 

などの解答に票が集まりました。

 


<実際の回答内容>

雰囲気の暗い、常にボソボソと話す男性とのお見合いが苦痛でした。声が小さくて聞き取りづらい上、こちらからの質問に対しても「はい」「いいえ」「わかりません」など返答が乏しく、すぐに会話が途切れてしまいました。正直「何のために来たんだろう」と感じました。

 

明らかに女性を軽視した態度を取ってくる男性に、すごく腹が立った。常に高圧的で、まるで尋問みたいに淡々と質問をしてこられ、自分のメリットしか考えてないように感じた。顔も常に無表情で、一緒にいてまったく楽しくなかった。

 

お見合いなのにズボンからシャツが出ていたり、ネクタイがよれていたりと見た目がだらしない人・不潔な人は無理です。先日も相手の方が襟元から下着が丸見えで、第一印象から「無理」だと感じました。食べ方が汚ない、貧乏ゆすりをするといったマナーが悪い方も印象が悪いです。

 

 

 

 

お見合いで印象の良かった男性の特徴

 

お見合い調査 円グラフ 良い印象

 

反対に「お見合いで印象が良いと感じる男性」には、どのような特徴があるのでしょうか?「過去にお見合いで、相手男性に『良い印象』を抱いた経験はありますか?」との質問に対し、76.6%の女性が「はい」23.4%の女性が「いいえ」と解答しています。

 

相手男性に「良い印象」を持った理由としては

 

・積極的に話題を振ってくれ、話していて楽しい
・清潔感があり、自分に合った服装をしている

・自分の話をきちんと聞いてくれる

・思いやりのある話し方・接し方をしてくれる
・目を見て相槌をうったり、最初の挨拶をきちんと出来る
・ニコニコと笑顔で接してくれる
・先に席を取っておくなど、紳士的な対応が出来る

 

などの解答に票が集まりました。

 

<実際の回答内容>

見た目に気を遣っている男性は好感度が高い。スーツとネクタイの柄が合っている、靴が磨かれている、短髪にしてきちんとセットしているなど。その男性にフィットした似合う服を着ていると、さらに素敵だなと思う。

 

会話のキャッチボールを楽しんでくれる男性は素敵だなと思います。こちらも緊張しているので、向こうから話を振ってくれたり自分の話に笑ながら相槌を打ってくれる男性とのお見合いは安心します。最終的にお断りされてしまっても、そういった対応をした男性には悪い印象が残りません。

 

初対面でも気遣いができる人は、男性として魅力を感じる。先日のお見合いで男性にお店選びをお任せしたとき、景色の見やすい奥側のゆっくり座れる席を取っていてくれ好印象だった。また事前に私のプロフィールをしっかり見てきてくれ、職業や趣味も覚えてきてくれていたのが嬉しかった。

 

 

 

 

 

初めてのお見合いの挨拶~お別れまでを、注意点と共に確認

 

オーケーマークのかわいい女性

 

次に「お見合いの挨拶~お別れ」までの大まかな流れを確認しておきましょう。お見合いと聞くと「和室に正装で、着物姿の仲人さんが同席して……」とイメージされる方もいるかもしれませんが、最近のお見合い場所は「ホテルのカフェやラウンジ」で行うのが一般的です。

 

お見合い時間の目安としては、1時間~1時間半程度に設定すると良いでしょう。長時間のお見合いは相手に気疲れさせてしまうため、できれば「少し話し足りない」程度で切り上げるのがベストです。

 

11時からスタートのお見合いの場合、大まかなタイムスケジュールは以下のようになります。

 


【お見合いの流れ】


10:50 ホテルのラウンジで待ち合わせ

11:00   カフェに入りメニューを選ぶ

11:10 緊張を抑えてトークタイム

12:30   お会計

12:40 お別れ

 

 

 

以下で各項目の「気をつけたいポイント」について確認していきましょう。

 

10:50 ホテルのロビーで待ち合わせ

 

ホテルロビー
<気をつけるポイント>

・必ず時間より早めに着いておく
・背筋を伸ばし、笑顔で出迎える


待ち合わせ場所はホテルのロビーなどが良いでしょう。予定時間より5分~10分程度先に到着し、相手の女性を出迎えられればベストです。間違っても遅刻だけはないよう、事前にホテルの位置や電車の乗り継ぎ情報は入念に確認しておきましょう。

 

待ち合わせは第一印象が決まる重要な場面です。女性も緊張しているため、相手に「お会いできて嬉しい」「時間を割いてくれてありがとう」という気持ちが伝わるような笑顔と誠実な態度で出迎えましょう。ここは多少無理をしてでも、笑顔を作るのがポイントです。

 

 

11:00   カフェに入りメニューを選ぶ

 

ホテルカフェ
<気をつけるポイント>

・店員さんへは謙虚な態度で注文を
・奥の席は女性に譲る
・「好きなものを選んでくださいね」で好感度アップ


カフェについたら、店員への対応は基本的にすべて男性が引き受けます。席へ案内されたら、入り口から奥側の席を女性へ譲りましょう

 

店員さんを呼ぶ時、注文をする時などの態度はすべて女性からの評価に直結します。このとき横暴な態度やオドオドした対応はマイナスな印象を与えるので、ハキハキと謙虚な態度で接するのがベストです。声をかける時は「すみません」と一言添えて聞きやすい声量で伝えるメニュー表は両手で受け取るなどの丁寧さを意識しましょう。

 

また女性がメニューを選ぶ時、一言「何でも好きな物を選んでくださいね。飲み物だけでなく、ケーキも美味しいみたいですよ」などの言葉がかけられると、「優しくて気遣いのできる人だな」とさらに印象が良くなるでしょう。中にはコーヒーや紅茶の飲めない女性もいるので、勝手に注文をとるのはNGです。「ココアやジュースも美味しいですよね」と、コーヒー以外を選びやすい雰囲気作りまでできれば完璧です。

 

 

11:10 緊張を抑えてトークタイム

 

20代 婚活


<気をつけるポイント>

・相手の女性:自分の話す割合は7:3
・「あなたの話に興味があります」という態度で相槌
・お見合いは男性から切り上げる



注文を終えたらトークの始まりです。会話のキャッチボールは基本的に女性が主役になるような回し方を意識すると良いでしょう。なるべくこちらから女性に質問をし、相手の返答を掘り下げたり共感しながら話を進めます。

 

このとき話す割合は相手が7~8割、自分は主に聞き役に徹することで女性から満足してもらいやすくなります。

 

また会の終わりは言い出しづらいので、男性が率先して「そろそろお時間ですね」と切り上げるようにしましょう。このとき「もうこんな時間なんですね」「1時間とは思えないくらい、あっという間でした」などの言葉を添えると、女性に「私との時間が楽しかったんだな」を安心感を与えることが出来ます。

 

 

12:30   お会計

 

会計
<気をつけるポイント>

・初対面は男性が払う
・割り勘を提案されたら「次回」につなげる
・財布は見られても大丈夫なよう、綺麗な状態で



初対面の支払いは、可能な限り男性が全額出しましょう。ここでケチケチした態度を少しでも出してしまえば、これまでのスマートな対応も全て水の泡となります。もし女性から「割り勘にしたい」と提案されても、頑なに「今日はとても楽しかったので、僕にお支払いさせてください」と伝えましょう。

 

「次回のデートでお茶をする時は、割り勘にしてください」と言葉を添えれば、女性も気持ちが楽になりますし、次のデートに繋がるチャンスにもなります。

 

 

12:40 お別れ

 

30代男性の後ろ姿
<気をつけるポイント>

・ホテルの出口まで送る
・「今日は本当に楽しかった」と感謝を伝える
・女性の姿を見送ってから、自分も去る



「終わりよければ全てよし」という程、「お別れの仕方」はお見合い全ての印象に直結する大事な場面です。ホテルの出口まで女性を贈り、別れ際には「今日は楽しかった」というポジティブな感想と「来てくれてありがとう」という感謝を伝えましょう。

 

もし会話中に「好きな食べ物の話」などが出来たら、帰り際に「さっき話した美味しい中華のお店、良かったらまた行きましょうね」など次回のチャンスに繋がる言葉がかけられると更に良いです。

 

見送る時は相手を送り出してすぐに立ち去るのではなく、女性が去る姿をある程度見届けてから、自分もその場を去るようにしましょう。

 

 

お見合いが初めての男性でも、真似すれば成功できる「服装マニュアル」

 

身だしなみ

 

最後に女性のアンケート調査でも批判的な意見が多かった「男性の服装」について確認していきましょう。お見合いに相応しい男性の身だしなみは、ズバリ「爽やかで清潔感があるかどうか」ですべてが決定します。

 

ぜひ以下の記事を参考に、女性から見て恥ずかしくない「お見合い男性の身だしなみ」をマスターしてください。

 

服選び(スーツ)

スーツ

 

お見合いの鉄板衣装と言えば「スーツ」です。スーツが堅すぎるならば、ジャケットとパンツをカッチリ押さえて中をラフに着こなす「ジャケパン」も良いでしょう。

 

スーツ選びのコツは
・自分のジャストサイズを買うこと
・最近の流行を押さえたデザインにすること
・ネイビーなど引き締まって見える色を選ぶこと

 

高価な必要はないので「少し太ったらキツくなるだろう」と思うくらいピッタリのサイズを新調することをおすすめします。

 

 

ヘアスタイル

 

お見合いで女性受けが良いヘアスタイルは「短髪」です。清潔感があり爽やかな印象となるため、可能であれば当日までに美容院へいきましょう。「どういった髪型がいいかわからない」場合は、ネットから良さそうな写真をお手本にするか、サロンスタッフに「女性受けする髪にしてください」と依頼しましょう。

 

 

スーツに合わせるなら黒か焦げ茶色の革靴が無難です。1万円前後から販売しているので、丁度良いものがなければ新調しましょう。

もし普段から仕事で革靴を着用する方は、当日までにピカピカに磨いておきましょう

 

バッグ

 

バッグはスーツのイメージを崩さない、さりげなくフォーマルな印象があるアイテムがおすすめです。シンプルなクラッチバッグや、リュックでも皮素材の物を選ぶと良いでしょう。

 

 

その他、身だしなみや小物

 

案外見落としがちな小物類も、一通り確認しておきましょう。

 

 

・靴下…パンツか靴どちらかと同色で揃えれば間違いない。真っ白はNG
・財布…黒や茶、ネイビーなど落ち着いた色味でシンプルなものを。ブランド品である必要はないが、小銭で変形していたり年季の入ったものはNG
・時計…フォーマルなものを選ぶ。スポーツウォッチやカジュアルなものは合わせない。

・眉…美容院で1,000円程度で整えてもらいましょう。
・爪…爪は短く切り、清潔感のある状態にしておきます。
・口臭…直前の歯磨きはもちろん、気になるのであれば口臭ガムやブレスケア用品を持参しましょう。
・マスク…マスクが汚い人、ヒモがよれていると悪印象です。当日可能であれば新品を使用しましょう。

 

 

これらのチェックポイントはお見合い当日の朝まで、コピーして何度も見直していただくことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

男性 印象

 

いかがでしたか。今回は「お見合い 必勝マニュアル~男性編~」と題して、初めてお見合いに臨む男性に役立つ「女性からの声」や「お見合いノウハウ」をご紹介しました。

 

ただし最終的にお見合いで成功するために一番の鍵は「どれだけ相手女性のことを思いやって行動できるか」です。多少のミスやカッコ悪い立ち回りをしてしまっても、あなたの誠実な思いや態度が伝われば、女性からの印象は然程悪くなることは無いでしょう。

 

今回の記事を参考に、自信を持ってお見合いに臨んできてくださいね。結婚相談所のスタッフ一同、心から応援しております。

 

 

結婚相談所「関西ブライダル」でも、毎月たくさんのお見合いが開催され多くの方がお付き合いへと発展されています。弊社の「婚活・お見合い体験談」もぜひ読んでみてくださいね。


結婚したいけど彼氏のいない女性が、婚活前に知るべき5つのこと


恋愛で思い悩む女性

 

 

結婚したいけど彼氏がいない。それは決して自信を失うことでも、恥じることでもありません。結婚したいタイミングで、運よく魅力的な男性がいる女性は一握りでしょう。

 

多くの女性は「結婚したい」という願望と、「自分が納得して将来を歩めるパートナー探し」との間で、揺れ動いているものです。

 

今回は「結婚したいけど彼氏がいない」というアナタが前進するために「婚活を始める前に伝えたい5つのこと」「結婚するための具体的な行動3つ」について、婚活アドバイザーの視点からお話します。

 

 

【この記事を読んで欲しい人】

 

・結婚を考えられる男性が、身近にいない。
・結婚願望はあるのに、恋愛に積極的になれない。
・日々の多忙さや過去の恋愛で、恋愛が億劫になっている。
・そもそも「本当に結婚したいのか」が、わからない。

・0から魅力的な男性を見つけて、幸せな結婚を手に入れたい。

 

結婚したいけど彼氏がいない、しかし「行動に移せない」
それはごく普通のこと

 

落ち込む女性


結婚はしたい、けれど彼氏がいない。
内心は焦っているし不安もあるのに、行動に移すことができない。


こういった「漠然とした不安や焦りはある」けれど、自ら積極的に出会いの場に足を運んだり、過去の知り合い男性に連絡を取ったりすることに「乗り気になれない」「躊躇する気持ちがある」「つい後回しにしてしまう」という女性は少なくありません。

 

 

 

千葉に来て2年半立ち、生活は慣れましたが千葉での出会いがありません。
仕事は事務職です。

出会いもないし結婚もしたいのにもう限界かなっと思って来ました。
30までには結婚もしたいし、出会いがほしいんですが、なにかいい方法ないですか?

 

(20代女性 ヤフー知恵袋より

 

 

結婚したいが彼氏が出来なく辛い。 彼氏ができないのはなぜでしょうか?
周りは結婚しているのに彼氏ができません。
男友達には「男が好む服装や話し方やテクニックを身につけないとだめ」 と言われました。
長女で甘えることができなくて、 飲み会などでも世話をしてしまうタイプです。

こういう女性って恋愛対象外ですか?

(30代女性 ヤフー知恵袋より

 

 

一方で「結婚したいのに行動的になれない自分」を悲観したり、周囲と比較し落ち込む必要はありません。あなたが行動に移せない理由として

 

・努力して婚活をした先に、幸せな結婚があるという自信が持てないから。

・自分の容姿や性格、仕事、恋愛経験などに自信が持てないから。

・多忙な日々で、恋愛や結婚に時間を割ける余裕がないから。

・自分が心底「結婚したい」と言うより、家族や世間の目を気にして焦っているだけだから。

 

などが考えられます。

 


仕事で疲れている、プライベートの予定がパンパン、土日くらいはゆっくりしたい。案外じっくり時間をとって自分と向き合うことは、面倒で後回しにしがちなものです。


しかしあなたが本当に「彼氏が欲しい・結婚がしたい」と考えるならば、1週間に30分でも構わないので「自分との対話時間」を設けてみてはいかがでしょうか?もしかすると今まで気づけなかった、自分の「結婚や人生に対する、新しい価値観」に出会えるかもしれません。

 

 

 

結婚したいけど彼氏がいない女性に、婚活前に伝えたい5つのこと

 

5本指を立てる女性

 

前章で「まずは自分との対話から始めましょう」とお伝えしました。


これまで多くの恋愛、結婚を支援させていただいた「婚活アドバイザー」だからこそ伝えたい、あなたが結婚に向けて前進するために「婚活前に知っておいてほしい5つのことについてお話します。

 

 

1.「結婚だけを人生の目的にしない」という意識を持つ

 

初っ端から出鼻をくじくようなことを言いますが、婚活を成功するために忘れないでほしいのが「結婚だけを人生の目的にしない」ということです。

 

なぜなら「結婚すること」を目的にした時点で、あなたは結婚さえできない自分は不幸せで価値がないと、勘違いしてしまう危険性があるからです。結婚のチャンスさえあれば、本来付き合うべきでない男性と妥協して受け入れてしまったり、あなたが人生で大切にすべき仕事や趣味、自分のための時間をないがしろにしてしまう可能性もあるでしょう。

 

また実際に婚活をスタートさせた時、相手男性は「異常に結婚へ執着している女性」と「結婚と同じくらい、仕事や自分の趣味も大事にしている女性」の、どちらに惹かれるでしょうか?

 

結婚はあなたの人生を豊かにするための、数ある手段の1つに過ぎません。この事実を知っておくだけで、結婚への焦りやプレッシャーに飲まれることなく、気持ちに余裕をもって婚活に臨むことができます。

 

 

 

2.「なぜ自分は結婚したいのか?」を理解する

 

 

2つ目は「自分が結婚したいのは何故か」を、改めて考えてみること、そしてそれを理解することです。

 

自己理解が大切な理由は

 

・自分の結婚したい理由がわかって、婚活へのエネルギーが湧くから
・自分がどんな人と結婚したいかが明確になるから
・結婚したいのは「本当に自分のためか」がわかるから

 

などがあげられます。

 

 

自分の「結婚したい理由」が明確になれば婚活に対するモチベーションもあがりますし、自然と価値観や結婚観の合う男性を選ぶことができるでしょう。

 

 

 

3.自分が結婚相手に求める絶対条件を、1つに絞る

 

3つ目にお伝えしたいのが「結婚相手の理想条件を1つに絞ると、婚活はうまくいく」ということです。すこしテクニック的な要素になりますが、結婚をスムーズに進める上で有効な手段です。

 

理由としては「あれもこれも」と男性に多くを求めはじめると、いつまでたっても理想の男性には出会えないから。むしろ「自分が結婚してから、その男性を魅力的に育てよう」くらいの気概が、丁度良いかもしれません。

 

・顔だけは妥協できない、収入は少なくても共働きでカバーしよう。
・給料だけは譲れない、年齢は10歳以上離れても問題ない。
・趣味が合う人がいい、見た目はダサくても私がアドバイスしよう。

 

 

あなたの「絶対に譲れない条件」はなんですか?ぜひ一度、自分の胸に手を当てて考えてみてください。

 

 

 

4.相手男性に期待しすぎない

 

前向きな女性

 

4つ目に伝えたいことは、良い意味で「相手の男性に期待をしすぎない」ということです。

 

なぜならあなたの人生を幸せにするのは、旦那でも他の誰かでもない、紛れもなくアナタ自身だからです。「相手に幸せにしてもらおう」というスタンスではなく、あくまで「この人が隣にいれば、自分の人生がさらに楽しめそうだな」くらいの感覚で婚活に臨むのがおすすめです。

 

仮に婚活が難航したとしても、相手に過度な期待をしなければ「今回は相性が合わなかっただけ」と気持ちを切り替えることも容易です。また「自分で自分を幸せにできる」ようになれば、例え理想の相手が見つからない間も自分を卑下することなく、前向きな気持ちで婚活に臨むことができるでしょう。

 

「パートナーがいても幸せだけど、いなくても勿論幸せ」であることを、是非忘れないでください。

 

 

 

5.自分が「結婚相手として魅力的か」を客観的に知る、そして努力する

 

5つ目にお伝えしたいのが「仮に自分が異性だとして、今の自分自身と結婚したいだろうか」を改めて問いかけてほしい、ということです。

 

「結婚しなければ」と焦る分だけ、人は自分のことについて無頓着になりがちです。見た目の若々しさや清潔感はもちろんのこと、あなたの男性に対する態度や価値観は、結婚したいと思われるに足る、魅力があるでしょうか?相手に自分の理想ばかりを押し付ける、余裕のない女になってはいないでしょうか。

 

あなたが相手に条件を求めるように、男性もパートナーとして理想の条件をアナタに求めるのです。仮にアナタが「この人と結婚したい」と心から思える相手に出会えた時、アナタも相手から選ばれるだけの魅力的な女性でいたいですよね。

 

ぜひ一度「今の私は、将来のパートナーとして魅力的だろうか?」と、自分自身を客観的に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

結婚したいけど彼氏がいない女性が、具体的に取るべきアクション3つ

 

プランを立てるペンを持った女性

 

次に「これから結婚に向けて恋愛、婚活を頑張りたい」という女性におすすめしたい、具体的なアクションプラン3つをご紹介します。

 

1. 結婚する目標年齢から、逆算して計画を立てる

 

1つ目のアクションは「具体的に結婚したい年齢」を決め、逆算して計画を立ててみることです。

 

理由としては「目標年齢」を決めることで、「年内中に婚活パーティーへ参加してみよう」「来月、結婚相談所の話を聞きに行ってみよう」「今年いっぱいは仕事に集中しよう」など、自分の中で婚活と日常生活のバランスを取りながら、計画を立てられるからです。特に女性は「出産」という道を選ぶなら、30代半ば~後半までには特定のパートナーを見つけておきたいところ。

 

 

仮にあなたが現在29歳で「35歳で子供を産みたい」と計画するならば

 

目標年齢 イベント
35歳 第一子出産
34歳 結婚
33~34歳 旦那さんと交際スタート
32歳~ 本格的に婚活スタート
現在(29歳)~32歳 ゆるゆると婚活&趣味に没頭する

 

という具合に、ざっくりと「何歳までに何をすればいいか」を自分で納得して行動することができます。上記の場合であれば、現時点では結婚に対して不必要な焦りを感じなくて良いことが自然とわかりますよね。

 

自分の「行動するエネルギー」「安心材料」として、ぜひ一度計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

2. 「理想のパートナー」と出会うための方法を、できるだけ多く書き出す

 

ノートに文字を書く女性

 

2つ目のアクションは「理想の男性と出会えそうな方法」を、とにかくたくさん書き出してみることです。自分でネットを通じて調べるのもアリですし、友人の声を参考にするのも良いでしょう。

 

たくさんの「出会い方」を書き出すことで、自分の中で「これは試してみたいな」「これは向いていないだろう」という婚活軸を確認することができます。

 

また仮にあなたが「ゆっくり家族全員で食卓を囲むような家庭」を理想とするなら、旦那さんは「商社マン」や「お医者さん」など多忙な職種や付き合いの多い「経営者」ではなく、定時で仕事を終えやすい「公務員」や「一般事務」の男性を選ぶべきかもしれません。そうなれば自然と参加する婚活の場も、異なってきますよね。

 

主な婚活方法としては

 

・婚活パーティー
・結婚相談所
・マッチングアプリ
・友人の紹介
・街コン
・合コン
・社会人サークルへの参加

 

などが一般的です。この他にも「会社の先輩に紹介してもらう」「昔の友人に連絡を取る」「習い事を始める」など、まずは自分が思うままに可能性を書き出していきましょう。

 

 

 

3. 2であげた方法を実践し、自らチャンスを作る

 

3つ目のアクションは、上記2であげた「婚活方法」の中から自分がしっくりきたものを、きちんと実践することです。優先順位をつけて上から試していくのも手ですし、余裕があれば2~3つを並行して行うのも良いでしょう。

 

積極的な婚活参加をおすすめする理由は、結婚のパートナーを見つけるため絶対に必要なのが「出会い」だからです。新たな出会いは自ら積極的に「出会いの場」へ足を運ばない限り、そうあるものではないでしょう。

 

またこのとき大切なのが「1回1回の行動を、経験として価値のあるものだった」と捉えて婚活に臨むことです。仮にあなたが1度目の婚活パーティーで失敗してしまっても、合コンで自信を失くしてしまっても、すべて「意味がなかった」のではなく「次に上手くいくための経験値」として価値があります。

 

ぜひ「受け身」だけではなく、少しだけ頑張って自らチャンスを作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

結婚したいけど彼氏がいない女性へ贈る、別れや離婚を乗り越えて幸せになった女性のエピソード

 

アラサー女性の婚活、結婚

 

「私なんか本当に結婚できるのかな」
「一生独身で生きていくのかもしれない」

 

そんな不安や辛い経験を乗り越え、自らの努力で結婚を手に掴んだ女性のエピソードは、きっとあなたの背中を押してくれるでしょう。

 

結婚相談所「関西ブライダル」のお客様の中から「大きな壁を乗り越え、最終的に素敵な結婚相手を見つけた女性」の事例を2つご紹介します。

 

 

 

「友達としか思えない」とフラれるも、結婚は諦めませんでした (A子さん 35歳女性)

 

離婚するイメージ

 

1人目の女性は、35歳で会社員のA子さんです。

お姉さんの結婚を機に婚活をスタートするも、最初はまったく交際に発展することができず。街コンや婚活パーティーなどいろいろな方法を試した後に、別の大手結婚相談所へ入会されましたが、そこでも交際に至れないまま半年で退会をしてしまいます。

 

「お見合いや交際中のことで、もっと親身に相談に乗ってくれるサービスがいいな」と思い、弊社の結婚相談所「関西ブライダル」へ足を運んでくださいました。

 

入会後ほどなくしてお見合いをした男性に惹かれ、「この人と絶対に結婚したい」と思うも、程なくしてフラれてしまったA子さん。理由は「女性ではなく、友達としか見られない」というもので、その際はひどく落ち込んで泣いてばかりいらっしゃいました。しかし、そこからもう一度気持ちを奮い立たせ、何度目かのお見合いを経て出会ったのが、のちの旦那様となるB夫さんでした。

 

当時33歳のB夫さんはA子さんより2つ年下でしたが、プロフィールをみて「可愛らしくて、共通の趣味が一致していた」ことを理由に申し込みを送られたそうです。連絡がマメで一緒にいて楽しいと感じられるB夫さんに、次第に惹かれていったというA子さん。出会って4カ月という期間を経て、見事ゴールインを掴み取りました。

 

「交際がなかなか続かず落ち込んだけれど、そのたびに諦めず頑張れたのが良かった」と振り返るA子さん。最後までやり抜くことで、幸せは自分の手でつかめるということを教えてくれる素敵なエピソードです。

 

 

 

通算お見合い100回以上!2年かけて、幸せな結婚を掴みました (C子さん 31歳女性)

 

婚約指輪とバラ

 

2人目の女性は、31歳で会社員のC子さんです。

 

周囲が徐々に結婚していく様子を見て、親御さんの勧めもあり「結婚相談所への入会」を決意されたC子さん。最初は「本当に自分にとって良い男性が見つかるのだろうか?」と不安ばかりだったといいます。

 

入会後は積極的に婚活パーティーやお見合いに参加されますが、なかなか理想の男性と巡り合うことができません。途中2回ほど男性との交際に進むも、結婚には至らず。気づけば通算お見合い回数は100回を超えていらっしゃいましたが、それでも結婚に対して常に前向きな姿勢が印象的でした。

 

相談所に在籍して2年近く経ったころ、出会ったのが4つ年上の公務員男性であるD夫さんでした。真面目で誠実な彼の性格に「大人の包容力」を感じ、次第に惹かれるようになったというC子さん。途中D夫さんの転勤など「遠距離恋愛」を乗り越えて、見事結婚にいたりました。

 

どれだけ失敗や辛い経験をしても、挫けず最後まで努力を続けることで幸せな結婚を手に入れられたC子さん。婚活や恋愛において「努力や継続は無駄にならない」ということを、私たちに教えてくれるエピソードです。

 

 

 

まとめ「結婚したいけど彼氏がいない、それなら自分のペースで行動しよう」

 

女性

 

「結婚したいけど、彼氏がいない」という女性のために、婚活前に伝えたい5つのことや具体的なアクションプラン、苦労を乗り越えて幸せを手にした2人の女性のエピソードなどをお話ししてきました。

 

最後にお伝えしたいのは「結婚はした方が良いもの」ではなく、「あなたがしたいからするもの」だということ。そして繰り返しになりますが、結婚や旦那があなたを幸せにするのではなく、あくまでそれらは「あなたが幸せになるための、1つの要素に過ぎない」ことを忘れないでください。

 

焦りや不安を感じることもあるでしょうが、ゆっくり自分のペースで「婚活」や「恋愛」を楽しんでみてくださいね。


結婚相談所の婚活はどんな感じ?入会から成婚、お見合い、料金も解説


結婚相談所の疑問

 

「そろそろ結婚したいけど出会いもないし、結婚相談所に登録してみようかな」
「でも周囲に結婚相談所を利用してる知り合いもいないし、高額なイメージもある」
「結婚相談所って実際、どんな感じなんだろう?」


そんな方のために、今回は結婚相談所「関西ブライダル」を例に「無料相談~成婚までの具体的な流れ」や「成婚率」「期間」「費用」「実際に結婚した人の声」など、結婚相談所の中身をどこよりも詳しく解説いたします!


【こんな人にオススメ!】
・結婚相談所を検討しているが「未知の世界」である
・なんとなく「結婚相談所で知り合う」ことに抵抗がある
・周囲に結婚相談所を利用している人がいない
・どんな流れで成婚まで進むのか知りたい
・どのくらいの確率で結婚できるか知りたい

 

 

結婚相談所はどんな感じ?成婚率や在籍期間はどのくらい?

 

結婚相談所に親子来店の様子

 

「結婚相談所って実際はどんな風に進んで、どんなサービスを受けられるんだろう?」


こんな風に「結婚のお手伝いをする場所」ということは知っていても、具体的な流れや内容はピンと来ないという方も、多いのではないでしょうか。

 

【実際の口コミ】

 


結婚相談所ってどうですか?
婚活をしたことがない独身女性なので、人生で一度は婚活してみてもいいかなと思うのですが、お金のかかることなので金銭的なこともあり、実際の意見では「いい人いなかった」、「出会えずに退会した」など良くない意見もあるのでどうしようか悩んでいます。
普通の結婚とは違うので、結婚相談所で結婚して幸せになれるのかなと不安に思ったりもします。

(30代女性 ヤフー知恵袋より

 


結婚相談所ってどんな感じなんでしょうか…?
脇目も振らず、仕事一筋で生きてきた女30代。 結婚をしようにも、今から出会いを探す「肉食女子」にはなれる気も、 気力もないですし、結婚相談所にでも行ってみようかなと思っているのですが、 雰囲気や対応など、どのような感じなのでしょうか?

周囲に尋ねたところ、誰も経験者がいないどころか 「自分で見つけたほうがきっと幸せだよ」等言われてしまいました。

(30代女性 ヤフー知恵袋より

 

このように結婚相談所へ関心はあっても、「本当に効果があるのか」「素敵な人と出会えるのか」を不安に思う声は多いようです。

 

 

結婚相談所は、「出会いから交際、成婚まで」を一貫して支援するサービス

 

出会いから交際までの一連

 

 結婚相談所の基本的なサービス内容としては、「登録されている男女」で自分が気になった人とお見合いをし、さらに気が合うようであれば「仮交際」「真剣交際」そして「成婚」という流れで、結婚までのプロセスを歩んでいただけるサービスとなります。

 

 

・自分から異性への最初のアプローチが苦手
・相手の性格や仕事、家柄などがわかった状態で出会いたい
・デートの場所や店選び、服装までアドバイスがほしい
・恋愛経験がなく不安なので、たくさん相談したい
・もし恋愛が破断したら、親身に頼れる存在がいてほしい

 

 

こういった方は、結婚相談所ならではの手厚い支援やサポートと相性のいい可能性が高いです。ただし相談所の中でも「お世話型」と呼ばれる担当スタッフがつくものと、コンピューター処理だけの「データ型」と呼ばれるものの2種類あるため注意が必要です。

 

「本当に結婚できるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。おっしゃる通り所属会員様すべてが成婚できるわけではなく、中には残念ながら途中退会されてしまう方もいらっしゃいます。とくに関西ブライダルのデータでは「20代の女性」「50代の女性」「60代以降の男性」は、比較的短期で辞められるお客様が多いです。

 

しかし一方で約20~50%のお客様結婚相談所を利用することで、人生をともにするパートナーを見つけられていることも事実です。この成婚率は結婚相談所によって大きな違いがあるので、入会前によくチェックしておきましょう。

結婚相談所 成婚率
IBJメンバーズ 50.8%
ゼクシィ縁結びエージェント 非公開
パートナーエージェント 28.6%
ノッツェ. 非公開
マリックス 非公開
エン婚活エージェント 23%
関西ブライダル 51.5%

 

成婚率が高い結婚相談所が一概に正しいわけではなく、成婚率が低めな分、料金が安い相談所もあります。特徴は会社ごとに様々なので、過去の実績や数字、口コミを見て信頼できるサービスを選ぶのがオススメです。

 

関西ブライダルは成婚率が51.5%在籍期間の平均は約1年前後お付き合いから成婚退会までの平均期間は約3~4ヶ月「お世話型タイプ」ならではの手厚いサービスにより高い実績を誇っております。

 

 

結婚相談所にはどんな人が在籍しているの?男女比は?

 

子どもがいても、まずは二人の関係性・相性を大切に! イメージ写真


「結婚相談所で、本当に自分がしっくりくる相手に出会えるのかなあ?」
「一体どんな人が在籍しているんだろう?」

 

入会前に「所属する異性の属性」がわかると、安心して活動を開始することができますよね。当ブログを運営している結婚相談所「関西ブライダル」のデータを参考に見ていきましょう。

 

 

関西ブライダルの年齢別男女比

 

関西ブライダル 年齢別男女比

弊社の男女比は「男性3割、女性7割」と、女性の方が多め。年齢としては男性が35~45歳、女性は30~40歳の入会数がピークとなります。

 

 

 

関西ブライダルの会員様の職業

 

男女ともに様々な経歴の方が所属しており、男性であれば「会社員」の方が最も多い割合を占めます。

 

【男性の職業】

教師、地方公務員、会社経営、不動産管理、会社員、看護師、歯科衛生士、医者、大手ゼネコンの社員、中小企業の方、町工場で働いている人、商工会議所、薬剤師など

 

【女性の職業】

会社員、幼稚園の先生、薬剤師、看護師、お弁当屋、病院の受付、トリーマー、美容関係、エステ、教師など

 

 

たとえ女性であっても「全く働いていない」という方よりは、何かしらお仕事をされている方、働く意欲のある方のほうが良いという男性が多いようです。

 

「金銭面は男性に頼って当然」というよりは、結婚後も夫婦でともに家計を支えるという価値観の方が、より広い層の男性から好まれるでしょう。

 

 

結婚相談所の費用はいくら?入会~退会までの総額は?

 

結婚指輪


「結婚相談所=高額」というイメージの方も多いのではないでしょうか?

 

関西ブライダルが入会~成婚退会までに必要な費用として、以下のような項目あります。

 


<婚活サービスの利用で必要>
・入会費
・システム登録費
・活動サポート費
・月額費
・成婚料



<その他、活動で必要な費用>

・デート代
・飲食代

・婚約指輪

 

デート代や食事代は男性が多めに払う傾向にあるため、女性に比べると男性の方が婚活にかかる費用はやや多めになるでしょう。総額で考えれば決して安い値段ではありませんが、1年を費やし「本気で将来のパートナーを見つける」ための手段と考えれば、妥当な額ではないでしょうか。

 

 

関西ブライダルではお客様の本気度や予算に応じて、4種類のコースを提供しています。どのコースが最適かはお客様の状況によって異なるので、担当スタッフと相談しながら最も費用対効果の良いものを選んでいただきます。

 

関西ブライダル コース料金

 

⇒ 詳しい料金・コース情報はこちら

 

 

 

結婚相談所はどんな感じ?お客様の声と成婚エピソードを紹介

 


次に「関西ブライダルを実際に利用いただいたお客様」のアンケートから、結婚相談所に対する感想や本音をご紹介します。

 

①「どうやって婚活を進めよう」悩みをすぐ相談できるのが、結婚相談所の魅力(男性Aさん)

 

話す男性

 

(Aさん 36歳男性 福祉関係)

 

友人の結婚を機に、自分も人生で初めて「婚活をしたい」と思ったのが訪れたきっかけでした。
他の婚活サービスではなく「関西ブライダル」を選んだのは、自宅から近かったことと、入会前の面談時に気軽になんでも相談できそうな”アットホームさ”を感じたためでした。

 

婚活は初めての経験だったので、忙しい仕事と並行しながらどのようなペースで進めていこうか、悩むことも多かったです。そんなときは担当スタッフの方に相談に乗っていただいたり、相談所が定期的に開催する「会員同士の交流イベント」を活用して、婚活のやり方・方向性を固めていくことができました。

 

忙しい中で相手と会う時間を作るのは予想以上に大変ですし、時には相手との関係がうまく行かず立ち止まることもあります。いくら自分のためとはいえ、1人で乗り越えるのは難しい「婚活」なので、結婚相談所に頼るのは1つの手段としてオススメです。

 

 

②「お試し入会」で、婚活に対する自信がついたので登録しました(女性Bさん)

 

お見合い写真40代向け服装1

 

(Bさん 44歳女性)

 

婚活を決意したのは、友人に誘われた婚活パーティーがきっかけでした。いい人と巡り会えたらいいな、という気持ちで友人の言われるままに申し込みをしたので、受付に行くまで関西ブライダルさんのことも「結婚相談所」という存在自体も全く知りませんでした。(笑)

 

本入会前に「お試し入会サービス(下記参照)」を利用したところ、すぐに良い人からお見合いの申し込みが入り、婚活に対する自信もできましたし、結婚への可能性がはっきり感じられたので入会しました。その方とは交際にいたったものの、2~3回のデートで「少し違うかも」と思い交際をお断りしました。

 

その後、お見合いの申し込みがなく焦った期間もありましたが、担当スタッフの方と一緒に顔写真やプロフィール内容を工夫した結果、2人目のお見合い申し込みをいただきました。相手男性の真面目で誠実な人柄にどんどん惹かれていき、気づけばいつの間にか幸せな結婚に至ることができました。

 

関西ブライダルさんの印象は、とにかくフォローがきめ細かい、そして相談にとことん付き合ってくれるということです。私は担当スタッフのN田さんの人柄や、スマートな対応が決め手となりました。これから婚活をされる方は、自分を信じて「必ず結婚する」という決意を忘れず、頑張ってください。

 

 

結婚相談所の無料相談~成婚退会までの流れを解説

 

結婚相談所の流れ

 

最後に結婚相談所の無料相談を受けてから、成婚して退会するまでの大まかな流れについて弊社を例にとって説明してきます。


1.お問い合わせ

 

連絡をする女性

 

結婚相談所へ問い合わせをすることが、最初の第一歩です。関西ブライダルの場合、最初のコンタクトとして


・無料マッチング(半数以上)
・資料請求
・来店予約

 

の3パターンが考えられます。

 

無料マッチングとは

 

お試しマッチング


パートナーの希望条件(年収や年齢、住んでいる地域など)をメールで送ると、希望条件を満たした異性の情報をスタッフが3人まで提供します。

 

守秘義務のため顔写真を見ることはできませんが、自分の理想に合致する異性がいるかを事前に知ることができる人気のサービスです。

 

 

2.無料相談~お試し入会

 

 

実際に相談所へ足を運び、1時間ほど面談をおこないます。カウンセリングシートをもとに、自身の恋愛観や結婚観、いつまでにどんな人と成婚したいかなどをお話いただきます。ちなみに「入会するか否か」を、このタイミングで決断する必要はありません。

 

また本入会の前に体験として「お試し入会」というサービスを30,000円で受けることできます。お試し入会は「結婚相談所に入会したら、実際どんな人からアプローチが来るのか」を入会前に試すことのできるサービスで、入会後と同じようにプロフィール作成やお写真の掲載をします。

 

 

3.入会(オリエンテーション・プロフィール作成)

 


「よし、結婚相談所で婚活をしよう!」
となったら、入会手続きをし本格的に活動が始まります。お客様には専任のアドバイザーがつき、お相手との会話内容からデートプラン、服装まで、何でも親身に相談していただけます。

 

入会後の工程としては

 

・オリエンテーション
・プロフィール作成

 

の2つがあります。

 

オリエンテーションとは

 

結婚相談所のルールについて説明をします。具体的には「提出物の準備、お見合い申し込みの規則、今後の流れ、休会について」などです。

 

プロフィール作成とは

 

プロフィール画像 例

 

会員様のお顔やプロフィール情報は、すべて弊社のWEBシステムから閲覧することができます。コンピューターの情報を見て「この人と会ってみたいな」と思ってもらえるような、魅力的なプロフィール文章やお写真を作成します。

 

相手から印象のよいポジティブな言葉を選べるよう、スタッフが同席しアドバイスさせていただきます。

 

 

4.お見合い

 

お見合い写真

 

結婚相談所に入会したら、将来のパートナーを選ぶために「お見合い」をします。

先述した「プロフィール」を見ながら「自分と合いそうだな」と思う異性へ申込みを送り、相手が承諾すればお見合いすることができます。

 

お見合い当日の流れ

 

お見合いは街中のホテルにある、綺麗めなカフェやレストランで行われることが多いです。時間帯は午前~昼過ぎ頃が一般的。男性であればスーツやジャケパン、女性も綺麗めなワンピースや膝下スカートをおすすめしています。

 

 

当日は関西ブライダルの担当スタッフがフロアでお待ちしているので、それを目印に3人で合流し、簡単な自己紹介のあとに2人での会話を楽しんでいただきます。スタッフ同席が厳しい場合は、2人で予め目印を決めておき、合流いただく場合もあります。

 

カフェにて1時間程度、互いの趣味や家族構成、お仕事のことなどお話いただいたら、その日は解散となります。このとき両者の連絡先交換はNGです。

 

お見合い後に担当スタッフへ「交際に進むか」「お断りするか」をメールでお送りいただき、マッチングすれば仮交際へ進みます。面と向かって「お断り」の必要がないので、気苦労することなくお見合いに臨んでいただけます。

 

 

5.仮交際~真剣交際

 

デートする男女

 

関西ブライダルでは「気になるな」と感じた相手との相性を見極める「仮交際」と、本格的に結婚に向けてお付き合いをする「真剣交際」とがあります。

 

 

仮交際

 

お見合いで両者がOKだった場合、仮交際がはじまります。互いの連絡先を交換し、LINEや電話で交流を重ねながら次回デートの約束を決めていきます。

 

この間、両者とも異性と並行して交際をすることが可能です。これまでのデートなどを専任カウンセラーと振り返りながら見極めていき「この人と結婚前提にお付き合いがしたい」と双方が思うお気持ちになれば、真剣交際に進むことができます。

 

個人差はありますが、1~2か月程度の期間に3~4回のデートを経て本交際に進まれるケースが一般的です。

 

本交際

 

仮交際にて相手との将来を前向きに検討できたら、いよいよ本交際へ進みます。真剣に「将来のパートナーとして」相手との価値観や相性の良さを吟味しましょう。

 

仮交際と同様に、デートや食事、旅行などを重ねながら、二人の仲を深めていきます。結婚への意志が強くなれば、両者の親族へ挨拶にいくのもこのタイミングです。

 

「本当にこの人で大丈夫か」「相手は自分に対して、いまどういう感情を持っているのか」など、この期間は多くの不安がつきまといますが、専任スタッフが全力でサポートするため安心です。チャット、電話での相談も聞きますし、実際に相談所へ足を運んでくだされば対面でじっくりとお話を聞かせていただきます。

 

 

6.プロポーズ

 

結婚に対する真剣度 イメージ写真

 

ふたりの気持ちが結婚に対して固まれば、いよいよプロポーズ。男性から女性へ、気持ちを伝えていただきます。

 

プロポーズの言葉やシチュエーション、指輪選びなどが不安な場合も、担当スタッフが真摯にアドバイスをします。これまでにも

 

・夜景の見えるレストランで告白
・クリスマスにサンタクロースの格好で告白
・ナイトクルーズの最中に告白
・貸し切りのチャペルにて告白

 

など男性からの個性豊かなプロポーズが行われました。男女ともに「一生の思い出に残る」素敵なプロポーズをお手伝いします。

 

 

7.成婚退会

 

ウェディング

 

無事プロポーズが成功し、ふたりが結婚の約束を交わしたら、晴れて「成婚退会」となります。スタッフ一同、もっとも嬉しい瞬間です。

 

以上が「結婚相談所」の大まかな流れとなります。

 

 

 

【まとめ】結婚相談所はどんな感じ?

 

 

今回の記事では「結婚相談所ってどんな感じ?」というテーマより、「無料相談~成婚までの具体的な流れ」や「成婚率」「期間」「費用」「実際に結婚した人の声」について紹介しました。

 

誰もが100%幸せを掴むことの出来るサービスではありませんが、1人ではどうにも好転しない「パートナー探し」や「結婚に向けての交際」「プロポーズ」を、友人よりも親よりも親身にサポートさせていただくのが「結婚相談所」です。

 

もし少しでも婚活について悩んでいるのなら、いつでも我々婚活スタッフまで、お気軽にご相談くださいね。あなたが素敵なパートナー様と巡り会えることを、応援しております。


婚活で低身長男性は不利じゃない!女性の本音や成功エピソードを紹介


男性が笑顔の写真

 

「低身長なことがコンプレックスで、女性に積極的なアプローチができません…」

 

普段口にすることは無くても、実はご自身の身長に自信がもてないという男性は案外少なくありません。しかし安心してください、関西ブライダルではこれまでに身長にコンプレックスをお持ちになりながらも、魅力的な女性と幸せを掴んだ男性を何人も見てまいりました。

 

今回は「身長に自信がもてない男性」に読んで欲しい「婚活で低身長男性が幸せを掴む具体的方法」を、実際の成功エピソードと併せてご紹介します。

 

 

婚活で低身長を気にする男性は、少なくないのが現状

 

落ち込む男性のイラスト

先ほども申し上げたように、結婚を望んでいる男性で「低身長を気にしている方」は少なくありません。実際に関西ブライダルの男性のお客様でも「身長が気になって自信が持てない」「お見合いがうまくいかないと、どうしても身長のせいにして考えてしまう」という声を数多くお聞きします。

 

 

結婚相談所のお見合いで、自分より身長の高い女性から申し込みが来ると「自分の方が背が低いのに大丈夫かな」と心配になってしまいます。実際に会って「やっぱり背の低い男性は無理だな」とガッカリされてしまうのでは?と考えてしまい、ついスタッフさんにも弱音をこぼしてしまいます。

 

(30代後半 男性 158センチ)

 

 

 

自分の身長にコンプレックスがあり、お見合いで断られる度に「僕の身長が低いからフラれたのでは」と頭によぎってしまいます。もちろん原因はそれだけじゃないとわかっていますが、女性との会話にも自信がもてず消極的になってしまいます。

 

(40代前半 男性 162センチ)

 

 

婚活で低身長男性は全く不利ではない?女性はどう思っているのか

 

ひそひそ話をする女性

 

それでは実際のところ、女性は低身長の男性を「結婚対象」としてどう捉えているのでしょうか?

 

数多くの女性を見てきた我々の結論としては「婚活において、身長の高低はあまり影響がない」と言えます。

 

たしかに女性が「男性の身長をまったく気にしない」と言えばうそになりますが、女性のお客様で多いのが「実際に会ってみると身長はさほど気にならなかった」「雰囲気や会話の楽しさで男性を選んだら、結果的に身長が低めだった」という声です。

 

「身長」は女性が男性を選ぶ際のあくまで「1つの要素」であり、そこに重きをおいていない女性も勿論たくさんいらっしゃいます。むしろ「結婚相手」という観点であれば、身長より「性格の良さ」や「職業の安定性」、「価値観が合うかどうか」を重視する女性は多いものです。

 

 

 

身長155センチの男性とお付き合いしていますが、これまで背丈が気になったことは一度もありません。彼より私の方が身長が高いのですが、その分「威圧感」もなく一緒にいてとても安心できます。

 

あまり背の高い人は得意じゃないこともあり、彼で良かったなあと思っています。

 

(20代後半 女性 160センチ)

 

 

 

私の旦那さんは身長が158センチくらいなのですが、彼の内面に惹かれたので身長はあまり気になりませんでした。

 

私はかなりの「大酒飲み」なんですが、彼はそれを聞いてもまったく気にせず「家庭のことは僕がやるから」と言ってくれたんです。そういった彼の優しい一面を見て、この人と一緒になりたいなと思いました。

 

(40代前半 女性 165センチ)

 

 

 

そもそも女性の身長に対する概念は、ひどく曖昧である

 

関西ブライダルのお客様を見ていて「女性の身長に対する概念は、意外と曖昧だな」と感じるエピソードがあります。

 

入会する際、女性に男性の希望条件(年収や仕事、身長、体型など)を書いてもらうのですが、その際に約3~4割の女性がとりあえず「身長170センチ以上の男性」と記載されます

 

しかし実際にスタッフが

 

「身長163センチの男性で、爽やかな見た目の男性がいるんですけど、お会いしてみませんか?」
「身長158センチの保育士さんで、とても性格が優しい男性がいらっしゃいますが、いかがですか?」

 

とお聞きすると、半数以上の女性が「ぜひ会ってみたいです」とおっしゃるのです。

 

 

漠然と「希望の身長」はあるものの、大多数の女性が実際はそれほどこだわりがないというのが現実なので、男性はあまり深くとらわれない方が良いでしょう。

 

 

 

低身長男性のタイプ別おすすめの婚活方法3つ

 

お見合い中の男女

 

低身長の男性に伝えたいのが「自分の魅力が有利に働く婚活方法を選べ」ということです。例えばいくら顔や性格が魅力的でも、身長150センチで「高身長好き女性が集まる婚活パーティー」へ参加すれば玉砕してしまうだろう、という具合です。

 

婚活方法を悩んでいるなら、ぜひ以下の記事を参考に探してみてください。

 


【1】初対面に強いなら「立食形式でない婚活パーティー」を選ぶ

 

初対面ですぐに異性と打ち解けられる、会話が比較的苦手でないという男性には「立食形式でない婚活パーティー」をおすすめします。立食形式ですと「他の男性との身長差が目立ってしまうから」です。

 

パーティーの良さはアプリや結婚相談所と違い「参加すれば必ず異性と会える」「一度に複数の女性と会うことができる」という点。もしあなたが自分の第一印象に自信があるなら、トーク力がものを言う婚活パーティーで輝くことができそうです。

 

一方でパーティー形式には「同時に複数の男性と比較される」というリスクもあるので「なるべく身長が比較されづらい形式、かつライバルの少ないのもの」を選ぶようにしましょう。例えば「立食ではなく居酒屋開催のパーティー」「1対1で相手が入れ替わる形式の街コン」「3対3の小規模パーティー」などが狙い目です。

 

 

【2】なにか秀でたスペックがある低身長男性なら「マッチングアプリ」を選ぶ

 

身長以外に秀でたスペックがある男性であれば、マッチングアプリを使った婚活でも勝負できるでしょう。

 

マッチングまでは完全に「データのみ」で判断される世界なので、あなたがもし「年収が高い」「顔が整っている」「高学歴」など何かしら女性にとって魅力的にうつる条件を備えているならば、一度やってみる価値はあるかもしれません。

 

リスクとしては女性が登録時に、男性の希望条件を「身長○○センチ以上」と限定してしまう可能性が考えられます。あくまでメインツールとして使うよりは、補助的な役割として扱う方が安心かもしれません。

 

 

【3】内面でじっくり勝負したい低身長男性なら「結婚相談所」を選ぶ

 

内面の良さや価値観を共有することで「いいな」と感じてもらいたいなら、結婚相談所を通じた婚活が良いでしょう。

 

結婚相談所の魅力は、マッチングした女性と1時間2人きりでじっくり話しができるところです。

 

パーティーや複数人のお見合いではわかりづらい「実は聞き上手で思いやりのある性格」や「家事や育児に協力的な姿勢」な面を女性に知ってもらえるので、「人間性で勝負したい」という男性には特におすすめです。

 

また結婚相談所だけの強みとして「仲人さんのフォロー」で女性と繋げてもらいやすい、という点があります。スタッフの「この2人お似合いだな」という計らいでお見合いを組んでもらえるため、自然と価値観や雰囲気の合う女性とマッチングしやすくなります。

 

 

婚活に悩む低身長男性に伝えたい、3つのアドバイス

 

オーケーマークのかわいい女性

 

もしあなたが今、身長を理由に婚活に対して引け目を感じているならば、それはとても勿体ないことです。

 

関西ブライダルのスタッフより、身長に悩めるあなたの背中を押す3つのアドバイスをご紹介します。

 

【1】身長なんて気にならないくらい、自分に自信をつける努力をすべし

 

1つ目にお伝えしたいのが、もし自分の身長が1mmでも気になるのであれば「身長が低いことを笑い飛ばせるくらい、自信をつける努力をしてほしい」ということです。

 

にわかに信じがたいことですが、女性の中には「実際会ってみたら、思ったより身長が低いんですね」なんて心無い言葉をかける方もいます。

 

もしそんな失礼な言葉をかけられたとしても「そうなんですよ。だからその分、器が大きい男であるよう心掛けてるんです」と、笑って受け流せるくらい自信のある男性は人間的にとても魅力的だと思います。

 

「自信をつけると言っても、何から手を付ければいいかわからない」という方は、まずどうすれば自分が「結婚相手として魅力的な男になれるか」を紙に書き出してみてください。

 

例えば「デートで女性を積極的にエスコートする」「会話は女性の話をよく聞いてしっかり共感する」などの女性への気配りに対する自信でもいいですし、あるいは「男性誌を読んで、爽やかなヘアスタイルや服装を意識する」「筋トレをして体を鍛える」などの見た目に対する自信でも構いません。

 

女性は自分に適度な自信があって、いつも堂々と胸を張っている男性が好きなものです。ぜひ「どうすれば身長が気にならなくなるくらい、自分に自信を持てるか」について、一度じっくり自分自身と向き合ってみて下さい。自分のために努力をしている男性は、その姿勢自体が女性からすると魅力的にうつるものです。

 

 

【2】自信がなくても女性の前では「自信のあるふり」をすべし

 

自信のある男の子

先述したとおり、女性は基本的に「自分に自信があって堂々としている」男性にパートナーとしての魅力を感じます。

 

よって仮に身長にコンプレックスがあっても、女性と会話するときだけは常にポジティブで堂々とした立ち振る舞いを意識してください。

 

例えば気を付けてほしいのが、ネガティブな言葉を会話中に発しないこと。「どうせ僕なんて…」「なんで僕なんかと」といった自分を下げるワードは、それだけで女性に「面白くない」「頼りない」という印象をもたれてしまいます。

 

反対にたとえ身長が自分より低い男性でも「積極的に会話をリードしてくれる」「自分のために一生懸命デートの店を探してくれる」といった男性は、それだけで「この人と一緒にいると楽しいな」「安心できるな」と、好印象を抱くものです。

 

最初は演技でも構いません。ぜひ女性と接する際は身長のことなど微塵も気にしない、堂々とした姿で臨むことを意識してください。

 


【3】実は多くの女性が「結婚相手は身長じゃなく、内面の魅力だ」と思ってることを知るべし

 

つい先日のことです。身長180センチの男性と結婚された女性が、ポロっと「背の高い男性がいいと思って選んだけど、結婚したら身長って関係ないですね」と笑って教えてくれたことがありました。

 

実際にその通りで「一緒に何十年もの歳月を共にするパートナー」という視点から考えれば、「身長」や「顔」といった視覚的な魅力より「人間として尊敬できるか」「価値観が合うか」「自分との将来を真剣に考えてくれているか」など、内面的な魅力の方が大切だと考える女性は多いでしょう。

 

あなたは今、女性から「この人といたら安心だな」「尊敬できるな」「ずっと一緒にいられるな」と思われるような男でしょうか?そうであればありのまま突き進んでほしいですし、そうでないならば変わるための努力をしてみてください。

 

自分を変えるための努力をした人は、人間としての「深み」がでるものです。そしてその魅力は、最終的に女性が結婚相手を決断するうえで重要な決定打となります。

 

ぜひ身長ではなく、自分の中身を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

婚活で低身長男性が幸せをつかんだ、実際のエピソード2つ

 

さいごに「関西ブライダル」にて、低身長でも幸せな結婚を掴んだ男性のエピソードを2つご紹介します。

 

【1】価値観がぴったり!小柄でも笑顔の素敵な女性を射止めたOさんのエピソード

 

 

■男性Oさん:40代、160㎝、薬剤師(お見合い人数20名、交際8名、活動期間10か月)
■女性P子さん:30代、152㎝、事務員

 

まず1つ目は、身長関係なく互いのフィーリングで結婚を掴んだ男性Oさんのエピソードです。

 

身長が160センチと小柄ですが、博識で人間的に魅力のあるOさん。入会から8名の女性と交際をした末に、弊社のお見合いイベント(4:4の小規模パーティー)で出会ったのが、運命の女性となるP子さんでした。

 

彼女の終始ニコニコとされている表情に「可愛らしくて話しやすい方だな」と好印象だったOさん。またP子さんにとっても、大人の落ち着きがあって会話も弾むOさんは、第一印象がとても良かったのだそうです。

身長に関しては「私自身が小柄なこともあって、私より高ければ良いと思っていたので気になりませんでした」とのこと。その後に自然と交際へ発展されました。

 

リアクションや笑うタイミングが似ていたりと、相性も抜群だったおふたり。順調に交際を重ねられ、最終的にOさんからのプロポーズで見事ゴールインされました。おふたりからは「共通で担当したスタッフのサポートがとても良かった」と、のちに嬉しい言葉もいただきました。

身長関係なく男性が女性にとって魅力的な要素さえあれば(男性的な落ち着き、価値観の相性、優しい雰囲気など)、息ピッタリのパートナーにも出会えるという素敵なエピソードです。

 

 

【2】共通の趣味や子供好きな性格が好印象!半年で結婚をゲットしたRさんのエピソード

 

20代の婚活女性は引く手あまた!?ハートイメージ

 


■男性Rさん:30代後半、162㎝、技術職(お見合い人数12名、交際2名、活動期間6か月)
■女性S子さん:30代前半、160㎝、事務職

 

2つ目にご紹介したいのが、入会から約半年で運命の女性と出会った、身長162センチRさんのエピソードです。

 

実は女性側からの申込みで、お見合いに発展されたRさんとお相手のS子さん。申込みのきっかけはプロフィール覧を見た時に「趣味が合いそうだな」と感じたからだったそうです。

 

ちなみにおふたりの「趣味」がこちらです。

▼男性の趣味「インターネット・ゲーム・サイクリング・観葉植物」
▼女性の趣味「スポーツ・美術鑑賞・音楽・ゲーム」

 

またスタッフが記載した男性のPR文に「打ち解けやすい性格でお子さん好きな方です。将来家族を持ったら、レジャーや旅行をいろいろ計画されて、楽しい家庭を築いていかれるでしょう」とあった点も、子供好きな男性を求めていたS子さんには好印象だったそうです。

 

Oさんいわく「結婚相談所以外の場所でたとえ出会っていたとしても、お互い惹かれていたと思います」と感じるほど、とても相性の良かったおふたり。途中ご家族のことで「退会の危機」にさらされることもありましたが、スタッフのフォローもあり最終的には見事幸せなゴールインを迎えられました。

 

こちらのエピソードからも、女性にとって身長はさほど重要ではなく「趣味が合うか」や「子供が好きか」など自分が大事にしたい要素を押さえた男性であることが、パートナー選びとしては大切だということがうかがえますね。

 

 

まとめ

 

カップルの背中合わせの写真

 

今回は「婚活で低身長男性が幸せを掴む具体的な方法」について、実際の成功エピソードなども交えながらご紹介しました。

婚活で低身長は、決して不利な要素ではありません。身長に自信をなくすことが結果的に男性としての魅力を損なってしまうという事実が、今回の記事で伝われば幸いです。

 

ぜひ今日からでも「結婚したい女性にとって魅力的な男性像」にむかって、小さなことから自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか。


低収入男性が婚活で自信を持つための4つのアドバイスと成功事例


財布をチェックする男性


「僕は収入が低いから、婚活で女性に相手にされないのではないか?」
「自分の給料では、将来家族を養えないのでは…?」

 

今日はそんな不安を抱えながらも、幸せな家庭を築きたい男性の皆様に贈る低収入男性が婚活で自信を持つためのアドバイスや、実際に低収入でも結婚された男性のエピソードをご紹介します。

 

低収入で婚活に不安を抱える男性は少なくない


不安な男性


低所得を気にして婚活で積極的な態度をとれなかったり、「僕なんて…」と弱気な発言をしてしまう男性は少なくありません。

 

私たちのお客様でも、人柄や見た目は決して悪くないものの「収入が低い」というだけで婚活に対して自信が持てない男性の声を耳にする機会は多いです。

 

 

自分の収入が高くないことにコンプレックスがあり、結婚はしたいのですが積極的になれません。以前婚活パーティーに参加した際、僕の年収がわかった途端に態度が素っ気なくなった女性がおり、以来トラウマです。

 

自信が持てず会話も何を話せばいいかわからないので、お見合いで2人になってもすぐ沈黙が生まれます。メガバンクやそこそこの大手企業に勤めている友人はほとんど結婚してしまい、つい比較して自暴自棄になってしまいます。

 

(30代前半男性 事務員 年収300万円代)

 

 

 

30代後半になり、焦って結婚相談所に入会しました。しかし何度お見合いをしても1度目で女性から断られてしまい、正直気持ちが挫けそうです。過去8人の女性とお会いしましたが、すべての女性からお断りされました。

 

私は福祉系の仕事をしており、一般職よりも給与が上がりづらいです。女性から振られる度に、どうしても「自身の収入が原因で断られてしまうのでは」と落ち込んでしまいます。

 

(30代後半 介護士 男性)

 

 

 

多くの女性は「収入を軸」に男性を選んでいない

 

夫婦

実は女性の多くが、結婚相手を収入だけで判断しているわけではありません

 

もちろん「年収○○円以上の人しか対象にならない」と割り切っている女性も一定数はいるでしょうが、「決め手は性格の良さや一緒にいて楽しいかどうか」という女性が同様にいらっしゃるのも事実です。

 

また共働きが前提の方と、専業主婦が前提の方でも価値観は異なるでしょう。何十年も寄り添うパートナーの条件として「家事や育児に協力的か」「働きたいという価値観を理解してくれる人か」などの内面の要素を尊重する女性は少なくありません。

 

 

デイサービスの運転手をしている、3つ年上の男性と結婚にいたりました。

 

彼とは3:3の小規模なお見合いパーティーで知り合ったのですが、会話中ずっとニコニコと私の話を聞いてくれるところがとても好印象でした。彼に出会うまでは男性の条件ばかりを気にしていたのですが、はじめて年収や職業に関係なく「この人と結婚したら幸せだろうなあ」と感じたのを覚えています。

 

お給与は決して高くはありませんが、私も専業主婦になる気はないので問題ありません。

(40代 事務職 女性)

 

 

 

 

婚活スタッフが低収入男性に伝えたい、背中を押すアドバイス4つ

 

ここまで見てきたように、低収入だからといってあなたが婚活に負い目を感じたり、自信を無くす必要は全くございません。むしろちょっとした工夫や気の持ちようによって、収入がそれなりに高いそこらの男性よりあなたの方がずっと魅力的になることは難しくありません。

 

結婚相談所のスタッフより、低収入を気にするあなたに伝えたい「背中を押す4つのアドバイス」をご紹介します。

 

 

【1】年収200~300万円台でも、多くの男性が結婚を掴んでいる

 

バツイチ男女が再婚したいと思ったら|婚活の注意点や秘訣 イメージ写真

 

まず1つ目に声を大にしてお伝えしたいのが「年収が低い男は結婚できない」という価値観は幻想にすぎないということです。

 

前述したとおり結婚相手に収入を求める女性は一定数いらっしゃいますが、それでも半数以上の女性にとっては価値観の相性や人間性、一緒にいて楽しいかなど「男性の内側の魅力」がパートナー選びの決め手となります。

 

実際に弊社のお客様でも年収200~300万円台で幸せな結婚を手に入れられた男性を、過去に何人も見てまいりました。

 

もしあなたが自分の婚活に不安な日々を送っているのであれば、まずは自分自身が「婚活がうまくいかないことを、無意識のうちに収入のせいにしていないか」と改めて考えてみてください。

 

そして少なからず低収入を理由に自信を無くしていた自分に気づけたなら、「収入面以外に婚活がうまくいかない理由は無いだろうか?」と自身に問いかける作業からはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

【2】家事・育児を積極的に行うなど、女性にとって嬉しいポイントを約束する

 

2つ目のアドバイスは「あなたと結婚することで、女性が嬉しい・助かるポイント」を自らつくることです。具体的には「結婚したら家事を折半にする」「デートプランはなるべく自分から提案する」「子供ができたら、積極的に育児に参加する」「なんでもない日に、ちょっとしたプレゼントを小まめに渡す」などが考えられるでしょう。

 

特に家事育児を自ら引き受けてくれる男性は、女性のパートナー選びにおいて大きな加点要素となります。まだまだ「家事育児は女性主体でやるもの・あくまで男性は補助」という認識が根強く残っている現代で、家事や育児を率先して引き受ける男性は働く女性には貴重な存在です。

 

例えば数回目のデートでの会話中に、さりげなく「家事は半分ずつ分担して行えたらいいね」「育児は大変だから、一緒に協力して面倒を見ようね」提案してくれる男性は、女性にとって好印象に違いありません。

 

また自宅のことを分担して行うのであれば、あなたが自身の収入に引け目を感じる機会も少なくなるでしょう。ぜひ自分から「家事育児をやる」ことを伝えて、女性に「あなたと結婚する魅力」を感じてもらいましょう。

 

 

【3】自分を卑下する「ネガティブワード」は一切禁止する

 

秘密ポーズの女性

 

「なんで申し込んでくれたんですか?」

「お会いして、僕なんかにいいところありました?」

 

初対面の女性に発しがちなこれらのネガティブワードは、今後一切口にすることをやめましょう。

 

多くの女性は、自分を不必要に下げる男性を「頼りがいがない」「男らしくない」と感じてしまう傾向にあります。あなたも逆の立場だったら「私なんて」と自分を卑下してばかりの女性は選びませんよね?

 

対策として、まずは「女性が一度でもあなたに会おうと思ってくれた」という事実にきちんと自信を持ちましょう。きっと彼女はあなたに対し、何かしら「会ってみたい」と感じる要素があったからこそ、2人の時間を作ってくれたのです。

 

そしてネガティブなワードがよぎったら、その分だけ相手を褒めて感謝を伝えてみましょう

 

「緊張していましたが、○○さんが盛り上げてくれたので楽しく過ごせました」

「今日のスカート、すごく似合っていらっしゃいます」

 

という具合です。前向きで自分をほめてくれる男性は、女性からすると「一緒にいて楽しい」と好印象に繋がりやすくなります。

 

 

 

【4】日々の自分磨きで、「自信のある魅力的な男」になる

 

4つ目に実行してほしいアドバイスは日々の自分磨きで、魅力的な男になる」ことです。

 

先述したとおり、女性は男性を収入だけでなく「総合力」で判断します。「外見が悪くない」「性格が優しくて男前」「趣味がぴったり合う」など、何かしらが自分にとって魅力的な男性であれば、有力なパートナー候補となりえます。そういった魅力は一朝一夕で叶うものではありませんが、コツコツとした日々の努力で今からでも手に入れられるものです。

 

「突然、日々の努力って言われても…」と感じた方は、まず最も効果の出やすい「見た目の改善」から手を付けるのがオススメです。あなたの服装や髪型、持ち物は自信のある魅力的な男性にふさわしいですか?寝ぐせのついた髪型で、シワの寄ったシャツやスーツを着用していませんか?

 

よくこちらのコラムでもお伝えしていますが、男性は爽やかな短髪に、清潔感のあるシンプルなシャツやTシャツを身に着ければ十分なのです。下手なブランド物ではなく、ユニクロやABCマートへ足を運びましょう。

男性服装一覧

 

外見にすこし自信が持てたら、次は内面の魅力づくりに取り掛かりましょう。女性は一体どんな性格の男性をパートナーとして求めるでしょうか?自分の話に笑顔で耳を傾けてくれる、聞き役にも徹してくれる、疲れていたら優しく労ってくれる、ふたりで出かける際は男らしくリードしてくれる…そういった男性は、女性が「一緒にいたい」と感じてくれそうではありませんか?

 

自分自身で「ここだけは他の男性より魅力的に違いない」というポイントを、なにか1つ押さえているだけで「婚活に臨む際の自己に対する自信」に雲泥の差が生まれます。ぜひ小さなことから、自信を持つための自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

低収入でも幸せな結婚を掴んだ男性のエピソード

 

最後に関西ブライダルのお客様のうち低収入を懸念されつつも、最後には幸せな結婚を掴んだ男性の実際のエピソード」についてご紹介します。

 

 

【1】一度は低収入が原因で破談になるも、素敵なパートナーを射止めた男性の事例

 

子どもがいても、まずは二人の関係性・相性を大切に! イメージ写真

(Mさん 40代男性 運搬業 年収300万円代)

 

まずは運搬業にお勤めの、40代男性Mさんの事例をご紹介します。

 

Mさんはとてもやさしく温和な人柄ですが、とにかく自身の収入やお仕事、性格などに自信が持てないことが悩みの種でした。所属歴も4年と長く20名の女性とお付き合いをされたものの、いつも数回目のデートのあとにお別れしていました。

 

一度は1人の女性と結婚直前までお話が進んだものの、収入が低いことや運搬業という仕事に相手の父親が猛反対し、最終的に結婚話は破談に。ひどく落ち込んで「しばらく婚活はしたくない」とおっしゃっていたのを覚えています。

 

それから半年以上たったころ、傷心のままにスタッフの勧めでお見合いしたのが後の奥さんとなる女性Nさんでした。明るく元気な性格の方で、1度目のお見合いからすでに、Mさんの控えめで思いやりのある性格が好印象だったそうです。Nさんはサロンスタッフをされており、結婚後もお仕事を続けていきたいとお考えでした。

 

互いに相性の良かった2人は、それから程なくして真剣交際に発展。そしてなんと、交際から約4カ月で見事ゴールインを果たされました。

 

収入に関係なく「優しいお人柄と性格の良さ」がきちんと相手に伝われば、Mさんのように素敵なパートナーをゲットすることも不可能ではありません。

 

 

【2】30回の失敗から、自分にピッタリの女性と幸せを掴んだ男性の事例

 

離婚するイメージ

(Yさん 30代男性 小売業 年収300万円代)

 

次に小売店スタッフをされている、30代Yさんの事例をお話しします。

 

Yさんはもともと関西ブライダルの婚活パーティーの常連さんでしたが、思うような結果が出ず結婚相談所へシフトされたお客様でした。

 

お見合い30件のうち何人かはその後のデートへ繋がるものの、いつも2回目のデートで女性にお断りされてしまうYさん。とても一生懸命で前向きな性格の方なのですが、素直であるがゆえに気持ちを真っ直ぐ伝えすぎてしまうことがネックになっていました。

 

そんな中で10人目にマッチングしたのが、のちの結婚相手となる女性U子さんでした。

 

U子さんは保育士をされているバツイチの子持ち女性で、関西ブライダルで初めてお見合いをした相手がYさんだったそうです。自己PRの項目に「子供が好き」と書かれているのを見て、保育園に通うお子さんをかわいがってくれそうなところが好印象だったそうです。

 

お互いの出身地や出身校が一緒と共通点が多かったこともあり、ふたりはあっという間に意気投合。そしてなんと出会ってからわずが2カ月で、ゴールインを決められました。Yさんはサプライズを一生懸命考えて、出身校の文化祭に2人で遊びに行った帰りにチャペルでプロポーズをされたそうです。

 

「自分と相性が良いか」や「子供も一緒に受け入れてくれるか」など、その女性にとって魅力的な男性かどうかが、最終的なパートナー選びの決定打となることを教えてくれたエピソードです。

 

 

まとめ

 

夫婦で並んでいる食卓

 

今回は低収入に懸念のある婚活男性に向けて、収入に関係なく自信を持つためのアドバイスや実際のエピソードをご紹介しました。

 

案外あなたが思い悩んでいる以上に、女性は男性を収入以外の面で評価しているものです。ぜひどうすれば自分に自信をもって婚活に臨めるかという着眼点から、自分磨きを通して魅力的な男性を目指してほしいと思います。

 

この記事を読んで少しでも多くの方に「婚活を前向きに頑張ろう」と思っていただけたなら幸いです。


婚活で年下男性と結婚するには?プロのカウンセラーがアドバイス


main visual

 

「婚活で年下の男性と知り合いたい」
「年下男性に魅力を感じる」
「年下男性と結婚したい」

 

婚活をしている女性の中には、このように年下の男性もアリだと考えている方もいるかもしれません。

 

婚活市場では年下男性と年下女性が結ばれて結婚された事例もあります。

 

この記事では、年下男性と結婚した女性の事例を紹介して、どうすれば結婚できるのかを結婚相談所のカウンセラーが解説します。

 

年下男性とお付き合いしたり、結婚を考えている方は参考にしてみてください。

 

婚活中の年下男性が年上女性に求めるもの

 

婚活で悩む男性

 

年下男性が年上女性に求めるものは何なのでしょうか。

 

実際に婚活をしている男性の事例から考えられることは3つです。

 

【1】若々しい外見や同年代には負けないルックス

 

年齢に釣り合わない若々しすぎる格好は痛々しいですが、お肌や体形、ファッションはお相手男性と同じ世代の女性に劣らないようにすることが大切です。

 

女性の年齢は、女性が男性の収入を気にするのと同様、男性が気になるポイントです。実年齢が離れていて、さらに外見も若々しくないと男性から振り向かれる機会が少なくなるでしょう。

 

美容室やエステに行く、普段から運動をして体型を保つ、自分より若い人の間で流行っているものを取り入れるなど、自分磨きを行いましょう。

 

【2】男性が甘えることができる姉御肌な心持ち

 

男性としては等身大で過ごせるような関係性も大事ですが、ときに甘えることができるような女性であると嬉しいようです。

 

仕事で疲れたときや失敗したときなど、辛いときに頼ることができるような心の広さがあると男性としても安心することができます。

 

年下男性は大人の余裕を持ち合わせた姉後肌な年上女性に惹かれます。

 

【3】女性としての色気

 

また、色気も男性が年上女性に求めるものとしてあげられます。

 

色気は年下女性と付き合うときにも求めることかもしれません。しかし、交際している年上女性にまったく色気がなく、母親のような感じだと惹かれるものがありません。

 

外見にも関係してきますが、健康的な体型や手足をキレイに保つ、落ち着いて行動するなど、普段の行動から意識することが色気を出すことにつながります。

 

年下男性が求めるものを理解するようにしましょう。

 

結婚相談所を利用して年下男性と結婚した夫婦を紹介

 

結婚した夫婦

 

この記事を書いている関西ブライダルでは、結婚相談所を運営しています。

 

結婚相談所を利用して、結婚した年上女性・年下男性のカップルの数は少なく1割に満たないものの、実際に結婚された方もいらっしゃいます。

 

ここでは、年下男性・年上女性で結婚したご夫婦についてプロフィールやリアルな声をご紹介します。

 

年下男性と年上女性のプロフィールと相談所に入った経緯

 

 

<男性>
・39歳
・医療関係のお仕事
・離婚歴あり

 

結婚相談所を利用する前はアプリを使用していた。マッチングはするが結婚について意識の違いがあったので、結婚相談所で活動を開始。

 

<女性>
・41歳
・一般事務のお仕事
・離婚歴あり

 

過去に関西ブライダルとは異なる結婚相談所とマッチングアプリを利用。交際まではたどり着くが、1~2回のデートで終わることが多かった。お子様が欲しく早く結婚したいという理由で、関西ブライダルの結婚相談所に入会。

 

 

年下男性と結婚した女性のリアルな声

 

続いて女性が年下男性と結婚した理由や条件を紹介します。

 

 

 

<41歳女性>

 

年下男性と結婚した理由

 

爽やかで見た目もタイプでした。仕事もできてしっかりされていたことと、気が合ったことが結婚に踏み切った理由です。

 

婚活の条件

 

年下男性しか希望していないというわけではなく、同年代や~48歳くらいまでの男性を希望していました。なるべく早めに結婚したかったので、100名以上の方とお見合いをしました。

 

交際するまではどのようにコミュニケーションを取られましたか?

 

爽やかでカッコよく、見た目がタイプでしたが、男性の方は人見知りでした。なので、私から積極的にデートを提案してお誘いするようにしました。

 

 

こちらの女性は、男性と結婚するためにとても努力されていました。

 

例えば、多い日ですと1日に4件お見合いをしたこともありました。合計すると2年ほどの活動期間で100名以上の男性とお見合いされています。

 

また、エステや美容室に頻繁に行ったり、服装も考えたり常に自分磨きをしていました。お見合いの後には、どこがいけなかったのか、カウンセラーにも質問をしたり、アドバイスを受けてしっかりと改善していました。

 

振り返ると年下の女性よりも抜きん出るためにできる限りのことをされていました。

 

年上女性と結婚した年下男性のリアルな声

 

 

 

<39歳男性>

 

年上女性と結婚した理由

 

姉御肌で面倒見がよく、自分自身としてもすごく居心地が良かったです。外見も綺麗で女性としても魅力的でした。

 

もともと年下女性と結婚しようと考えていましたか?

 

自分より若い方でないといけないという希望はありませんでした。ですので、同年代の女性とお見合いをしました。

 

交際するまではどのようにコミュニケーションを取られましたか?

 

初めのほうは女性からデートのお誘いをしてもらいました。消極的だったと思います。でも、成婚の前には仲良くなってきたので、自分から旅行に誘ったりして、積極的にコミュニケーションを取るようになりました。

 

 

男性は収入も高く、見た目も爽やかで清潔感がありました。

 

人見知りな性格でしたが、女性から積極的にコミュニケーションを取ったので、結婚するまでに至りました。また気が合ったというのも、今回の事例のポイントです。

 

しかし、一番大きかったのは女性の努力だと分析します。

 

このように結婚相談所には、年下男性と結婚した事例もあります。

 

ではどうすれば年下男性に振り向いてもらうことができるのでしょうか。

 

婚活で年下男性を振り向かせるコツ

 

女性

 

最後に、婚活で年下男性を振り向かせるコツを2つ紹介します。

 

女性としての魅力を出す

 

まずは外見から伺える色気や内面的な部分で女性としての魅力を出す努力をしましょう。

 

外見については誰よりもキレイである必要はないので、男性から見られたときにそこそこ綺麗と思われることが大切です。

 

肌や髪の毛を常日頃からお手入れして、いつでも女性としてキレイであることを心がけましょう。また、体型を維持するために、定期的に運動するようにしましょう。休みの日などは無理のない範囲で、走ったり歩いたりするのが良いです。運動をするのが苦手な方はエステなどに通うこともおすすめです。

 

年齢を感じさせない若々しい女性としての魅力を出しましょう。

 

また、内面の良さも大切です。

 

いつも明るく笑顔でいて、気配りを忘れないようにしましょう。

 

自分の魅力を出すために行動していくことで、自然と自信がついてくるはずです。年下男性と話すときには、気配りをし、落ち着いて接するようにすることで、同年代の女性より、居心地が良いと感じてもらえます。

 

外見、内面ともに魅力的な女性になることを意識してください。

 

自分を磨き続ける

 

自分を常に良くしていくことは大変です。

 

でも、そうすることで自分の魅力を引き出して、男性にアピールすることができます

 

婚活中の方で、カウンセラーにアドバイスをもらうことができる環境にある方は、お見合いやデートなど自分の行動がどうだったのか質問をして振り返り、ダメだったときはその理由を素直に聞いてみてください。

 

落ち込んだりへこんだりすることもあるかもしれませんが、良くなっていくはずです。

 

普段から自分磨きを怠らず、焦らずに婚活に取り組んで行くことが大切です。

 

まとめ

 

婚活で年下男性と結婚するために求められることや事例、コツについて解説しました。

 

年下男性が良いなと感じている方は、ご参考にしてみてください。


婚活スタッフが語る「勘違い女性」の特徴7つと実際のエピソード


ぶりっこ

 

婚活をしていると、まれに「あの女性ちょっと変わっているな」「非常識だな」と感じる「勘違い女」と呼ばれる方々と遭遇することがあります。皆さんはいかがでしょうか?

 

今回は前回の「男性編」に引き続き、我々婚活スタッフが実際目撃した、あるいは男性会員様からお聞きした婚活女性の勘違いエピソードや特徴を、厳選してご紹介します。

 

⇒ 「勘違い男性」の特徴7つと実際のエピソードはこちら

 

 

 

あわせて自分自身が「勘違い女・勘違い男」に該当していないかどうかも、ぜひこちらの記事でチェックしてみてください。

 

 

婚活スタッフ目線で勘違い女の特徴・具体的な行動7つ

 

まずは婚活市場で頻繁に目撃する「勘違い女性」の特徴や行動の中で、婚活スタッフが特に記憶に残っているもの7つをまとめてご紹介します。

 

 

 

【1】「私は年下男性しか興味ありません」という勘違い中年女性

 

しかめっ面の中年女性

 

こちらは「若い男性にしか関心がない」という、勘違い女性です。

 

 

<具体的な行動>


「弊社の登録者である40歳後半のA子さんは、今でもビジネスの一線で仕事をこなすバリバリのキャリアウーマンです。

 

そんなかっこいい彼女ですが、なかなか交際に発展しないのには大きな理由があります。それは男性の条件を絞る際に、必ず『私は20代後半~30代の男にしか興味がない』『私は若い男の子しか魅力を感じない』と、自分より10~20歳も年齢が離れた男性ばかりを希望することです。


こちらがやんわりと『若い男性は人気なので、同世代の男性にも会ってみませんか?と伝えても『いいえ、わたしは若い男性で大丈夫です』とお返事をいただくばかり。
A子さんのご希望に沿って、若い男性にばかりお見合いの申込みを出しているのですが、、、今のところ芳(かんば)しい成果は出ていらっしゃいません。」

(結婚相談所スタッフ)

 

仕事もできて収入もあり、きっと同世代や年上男性からのウケは悪くないであろうA子さん。勿体ないと言わざるを得ませんが、実際このような「10歳以上年下の男性しか好きになれない」という40代以上の女性は、意外と少なくありません。

 

とくに若い頃にモテていた、あるいはビジネスで成功経験があるといった自分に自信のある女性にその傾向は多く見られます。

 

40代、50代の男性には20代にはない「大人の魅力」や「豊富な人生経験」がありますし、きっと経済力にもいくらか差があるでしょう。「豊かな結婚生活」をおくりたいなら、むしろ同世代や年上男性を選ぶ方が、女性は幸せになれるかもしれません。

 



【2】「顔を公開するとモテすぎてしまう」と 非公開を希望する女性

 

次に紹介するのは、結婚相談所のプロフィールについて「自分が気になった男性にしか顔を公開したくない」と主張される勘違い女性です。

 

<具体的な行動>


「新たなパートナーを見つけたいからと、結婚相談所に登録された
バツイチのシングルマザーであるBさん(30代後半)。

 

ご自身のプロフィール写真をお撮りする際に『どうしても不特定多数の男性に顔をさらしたくない』自分がいいなと思った男性にのみ、顔を公開してほしい』と頑なに顔出しのを嫌がられるので、恥ずかしいのかな?と思っていました。

 

しかし理由をうかがうと、真剣な顔で『私の顔は男性ウケするので、公開すると申し込みが殺到しすぎてしまうと思うんです』自分が興味のない方から申し込みをいただいても、お返事できないのは申し訳ないので…』とおっしゃられたので、びっくりしてしまいました。」

(結婚相談所スタッフ)

 


ご自分で
「顔を公開すると申し込みが殺到してしまう」と言えることは、ある意味「自分にきちんと自信がある」というポジティブな側面と捉えることができます。

 

とは言え、すでに子供さんもいらっしゃる状況で、顔を公開せずに素敵なパートナーを見つけるのはさすがに難しいのでは?と思ってしまったのが本音。婚活においては「自分におごらず、常に相手と対等な土俵に立つ」という価値観がとても大切なのです。

 



【3】やたらブランド品や厚化粧をまとって婚活に臨む女性

 

パーティーやお見合いに、ブランド品や派手なメイクでバッチリ決めてこられる勘違い女性もいらっしゃいます。

 

<具体的な行動> 


「1回目のデートで話が盛り上がり、交際に向けて2回目のデートにいくことになったOLのC子さん(40代前半)。夜7時、待ち合わせの和食レストランに登場した彼女を見てびっくりしたのが、その日の
ワンピースからバッグ、アクセサリーまですべてがエルメスで統一されていたことです。バッグ、耳元、首、どこを見てもH、H、Hの文字

 

メイクも濃いマスカラにバサバサと長いまつ毛を生やしており、どう見ても年齢不相応としか言わざるを得ないものでした。

 

前回の食事の際には、いかにも品がよさそうな白いスカートとブラウス姿だったので、あまりの印象の違いに戸惑いが隠せず…。『浪費家なのでは?という懸念もあり、正直彼女と交際に踏み切るのは難しそうだと思ってしまいました。」

(40代後半 男性)

 


このように
全身をハイブランドで固めるという行為は、男性からすると「張り切りすぎてイタイ」「結婚してからお金がかかりそう」と、実はマイナス評価につながりやすいので注意が必要です。

 

ハイブランドや派手なお化粧より、むしろ控えめで女性らしい服装やメイクの方が男性の心を掴みやすいのです。普段からブランド品や濃いメイクを選びがちな女性も、婚活の際にはいつもと雰囲気の違う清楚な格好を選んではいかがでしょうか?

 

 


【4】「ジャニーズ系しか結婚したくない」という勘違い女性

 

アイドルの追っかけ女性

 

次にご紹介するのが「わたし、イケメンとしか結婚できません」「ジャニーズ系にしか興味がないんです」という夢見る勘違い女性です。

 

<具体的な行動> 


「結婚相談所に登録されている、40代のD子さんは『
私はジャニーズ系の男性しか好きになれません』20代~30代くらいのジャニーズっぽい男性を紹介してください』というイケメン大好きな女性。

ジャニーズの熱狂的なファンで、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんや、Sexy Zoneの中島健人さんような、いかにも王子様タイプの美しい男性に目がありません。


しかしそんな若くてかっこいい男性は、同世代の女性でも射止めるのが大変なのです。40代のD子さんが彼らのハートを掴むのはなかなか難しいと思うのですが、どうしても若いイケメンしか恋愛対象で見れないのだそうです。」


(結婚相談所スタッフ)

 

ジャニーズのようなかっこいい男性は、そもそも世の中のごく少数です。その少数を、自分より10も20も年下の女性と取り合うのは、あまり賢明とは言えないかもしれません。

 

実はD子さんのように「ジャニーズみたいな男性しか好きになれない」という30代後半~50代くらいの女性は、結婚相談所のお客様に少なくないのです。そういった女性には「結婚のパートナーには顔よりも大事な要素がある」ということに、早く気づいてほしいと心から思っております。

 

 

 

【5】何十年も前の高級・流行ファッションを身にまとう女性


何十年も昔から使っている高級品や、過去の流行ファッションで婚活に参加してしまう勘違い女性です。

 

<具体的な行動> 


「男女が10対10で参加する中規模の立食パーティーのことです。はじまる直前に会場がザワザワしはじめたので、何事かとドアのほうを見ると、そこにはまるで
バブルの再来』を思わせるような肩パッドに前髪カール、ボディコンのような体の線がでるスカートをはいた女性の姿が。

 

恐らく50代前半くらいの女性でしたが、スカートはミニ丈、色も派手なピンク色という攻めたファッションで、パーティーでは終始目立っていらっしゃいました。」

(結婚相談所スタッフ)

 

一昔前に流行った、ワンレンやボディコンといったファッション。現代でも許されるのは「平野ノラ」さんくらいではないでしょうか。

平野ノラさん風イラスト

 

過去の流行りや高級品に執着すると、しばしば勘違いのファッションやメイクに陥ってしまいます。婚活で失敗しないためにも、20年前に買った10万円の服より、最近購入した5000円の服を着ていくのがおすすめです。

 


【6】自分は男性を選ぶ側だと思っている女性


自己肯定感の強い女性が陥りがちな「自分は男性を選ぶ側の立場」とお考えの、勘違い女性です。

 

<具体的な行動> 


「とにかくハイスペック男性にしか興味のないのが、結婚相談所のお客様であるE子さん(40代前半)です。ご自身の年収が1000万円近いこともあり『年収が1000万円以下の男はお付き合いできない』出来れば倍の年収である2000万円くらい稼いでくれる男性がいい』といつもお話されます。


男性の見た目や年齢についても、『身長が175cm以下の男は付き合えない』一流大学以外の男は釣り合わない』「自分より年上の中年男性とは恋愛する気になれない』と条件が大変厳しく、スタッフとしてもお相手を見つけるのに一苦労です。

 

一度他の飲み会で、29歳の高収入男性を見つけたと、意気揚々と弊社を退会されたのですが、実はその男の正体も彼女の金銭目当てで近づいてきた結婚詐欺師』だったとのこと。泣く泣くうちに戻ってこられたので、またしばらくは、若いハイスペック男探しに励まれると思います」

 

(結婚相談所スタッフ)

 

たしかにE子さんの、年収1000万円を稼ぐ経済力や自立力は、とても魅力的です。しかし、「自分も相手同様に選ばれる立場」であることには変わりありません。

 

相手に高い条件を求めることは決して悪くありませんが、あわせて「自分がその条件を求められるだけの魅力があるか」まで考えてみてはいかがでしょうか?もしそうでなければ、今までの条件を一度見直すか、もしくは自分磨きを頑張ってハイスペックな男性と釣り合う女性を目指しましょう。

 


【7】婚活が破談すると必ず「相手の男性のせい」にしてしまう女性

 

怒鳴りつける女性

 

最後にご紹介するのが、婚活でお見合いやデートがうまくいかなかった際に必ず「相手の男性が悪い」「相手が魅力的でなかった」男性側に責任を押し付けてしまうタイプの勘違い女性です。

 

<具体的な行動> 


「もう2年近く結婚相談所に在籍されている、パート勤めのF子さん(50代前半)。彼女はこれまで100人近くの男性とお見合いをしてきたのですが、過去一度もお付き合いに発展したことがありません。

 

F子さんは決して悪い方ではないのですが、毎回お見合いやデートが破談になった際に、必ず相手の男性の責任にしてしまうという癖があります。例えばお見合い後にスタッフがどうでした?と感想を尋ねると、毎回今日の男性は、話が本当につまらなかった。話題選びも下手だし一緒にいて退屈だったのでお付き合いは無理』相手の見た目がまったくタイプでなかった。髪も白髪交じりでお年寄りみたいだったので、お断りします』というような回答が返ってきます。

 

さらにF子さんの場合、お見合いをする度に男性側の方からも仕事の愚痴ばかりでおもしろくない』『おごってもらって当然という態度が見えて、嫌な思いがしたなど、良くない評価ばかりいただいてしまうのです。それを見ると、F子さんご自身にも課題があるとは思うのですが、、。

(婚活スタッフ)



100人以上お見合いをして進展がないのであれば、きっとF子さんご自身も心のどこかで
「自分にも原因があるのでは?と気づいていらっしゃることでしょう。しかし自分に非があるかもしれないと認めるのは、誰しも大変勇気のいることだと思います。

 

F子さんがいつかその壁を乗り越えて、「今回は私のこういうところが良くなかったな」と自分の欠点も認められるようになるのを、心から応援するばかりです。

 

 

 

婚活で勘違い女性にならないために!予防チェックシート

 

指を立てる男性

 

ここまで婚活における、勘違い女性の特徴やエピソードをご紹介してきました。しかし実際はあなたも「勘違い女の沼」にはまりかけているかもしれません。

 

以下に「勘違い女性にならないための予防チェックシート」をご用意したので、自分は「勘違い女性の特徴」に該当していないか確認してみましょう。

 

勘違い男女チェックシート

チェック覧
服 装
身だしなみ
・年齢相応の恰好をしているか(露出、服の色味など)。
・不自然な若作りをしていないか。
・時代にあった身なりをしているか(昔の流行服を着ていないか、時代遅れのカバンを使っていないか)。
・ブランドや高級品ばかり身に着けていないか。
・髪の毛や肌のケアはできているか。
・化粧が派手すぎないか、もしくは薄すぎないか。
相手への
希望条件
・相手の条件を選ぶ際、自分のスペックを考慮したか(高望みしすぎていないか、自分と釣り合うか)。
・10個以上も年下の男性を希望していないか。
・相手男性のスペックに高望みしすぎていないか。
・男性の顔に固執しすぎていないか。
その他で
重要なこと
・相手に自分の自慢話ばかりしていないか。
・会って日の浅い男性に、過去の恋愛話などをしていないか。
・婚活で「自分は選ばれて当然」「自分は選ぶ側の人間だ」だと思っていないか。
・婚活で上手くいかないとき、自分を棚に上げて相手のせいにばかりしていないか。
・自分を客観的に見つめられているか。

 

皆さんは、勘違い女を回避できましたか?
少しでも「あれ?」と感じたあなた勘違い女性の気があるかもしれません。

一度、普段の言動や行動を客観的な目で振り返ってみると、新たな気づきがあるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

派手で驚いた顔の女

 

今回は「婚活市場にしばしば現れる、勘違い女性の特徴やエピソード」についてご紹介しました。

 

あなたがこれまで出会ったことのある「勘違い女性」に、そっくりな方はいらっしゃったでしょうか?またあなたご自身は、勘違い女性の道にうっかり進んではいませんでしたか?

 

女性の勘違いの多くは自分に自信がある故に引き起こされてしまうものが多いのが特徴的でした。

 

どうかあなたも「勘違い男女」に遭遇しないよう、また自分自身がそうならないようお気をつけください。

 

 

 

※リアリティを追求するため、数字やシチュエーションを多少変更しております。