美術館で婚活?ちょっとニッチな婚活のかたち|関西のおすすめ美術館4選   


 

「婚活」という言葉が生まれ、市民権を得てからもうずいぶん長い年数が経ちます。

 

連続ドラマのワンシーンで婚活パーティーのシーンが出てくるほど、「結婚するためのファーストチョイス」として、「婚活」をする、という選択肢が一般化している社会状況になっています。

 

「婚活」=「単純に婚活パーティーに参加してカップリングする」という意味が当初は主でしたが、最近では、「婚活」の意味も広がってきています。

 

例えば、バーベキュー、料理教室、ボーリング、ボルダリング、ビアガーデン、バスツアー、自転車、ランニングなど、「趣味」をテーマに開催されている婚活の形態も増えてきました。

 

昨今の「型にはまった婚活」から「多様な価値観をベースにした婚活」にトレンドがシフトしているのを感じることができます。

 

そういった趣味を軸としたニューウェーブ系の婚活のかたちの中で、最近注目されているのが、「美術館」婚活です。

 

婚活で美術館に行くことでどんなメリットがあるのか、結婚するために、相手のどういうところがわかるのか、この記事で考察していきたいと思います。

 

美術館婚活にはこんなメリットがある!

 

婚活で美術館に行くことで、自分に合った相手を見つけられる婚活上のメリットは具体的にあるのでしょうか?

 

大きくメリットを挙げれば、「相手の価値観を細かく観察できるのでその後のミスマッチを高確率で防げる」といったことが言えると思います。

 

結婚生活で何よりも大切な要素の一つに、「価値観が合うこと」があることは間違いありません。

 

そのような観点で、相手の価値観を見極められる良い機会として、「美術館に婚活にいく」という選択肢も考えてみてほしいと思います。

 

それでは、婚活で美術館に行くメリットを具体的に何点か挙げていきます。

 

メリット1.趣味の細かいところまで合うかどうかがわかる

 

美術館では、キュレーターが企画した多種多様な展示が行われます。絵画や造形、現代美術や書道など、多様なジャンルの美学・哲学・造形学などをベースとした様々な切り口の展示が行われます。

 

ものの見方や感受性、ときには思想までも問われるような作品が展示されており、「何を美しいと思うか」、「何を不快だと思うか」、相手の細かい価値観や感受性をチェックすることができます。

 

そのような展示を一緒に見ることで、ちょっとした細かい感受性やものの見方などの共通性・違いを確かめることができ、カップリングになったときの大きなミスマッチを防げる効果があります。

 

メリット2.「美術館の空間でどう振る舞うか」などの公共空間での振る舞いがわかる

 

また、美術館での婚活はこんなメリットもあります。

それは、「静寂な展示空間など、美術館独特のコードがある空間・公共空間でどう振る舞うか」を相手をチェックできることです。

 

美術館などで、大きな声で騒ぐ人や周りの迷惑になるように振る舞っている人がまれにいますよね。

 

もちろん、芸術の受け取り方は自由で、周りの迷惑にならないようにそれぞれのスタイルで鑑賞すれば良いし、こういった公共空間での振る舞い方には正解はなく、鑑賞方法は人それぞれと言ってもよいと思います。

しかし、大きく自分の振る舞い方と違う相手と今後お付き合いしていくのはお互いに不幸です。

 

そのように、「美術館独特のコードや静寂の中でどう振る舞うか」という情報は、結婚相手として相手のことを知るのに非常に参考になる情報であると言えるでしょう。

 

関西ブライダルがおすすめする婚活で行ってみたい関西の美術館情報4選

 

こちらでは、関西を拠点に展開しております関西ブライダルが、関西地方でおすすめしたい美術館を挙げていきたいと思います。

婚活で美術館に行こう!と思われた際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.京都国立近代美術館

 

はじめにおすすめするのは、京都市左京区にあります、「京都国立近代美術館」です。

 

京都国立近代美術館は、京都市で伝統的に行われてきた、陶芸や染織などの工芸作品のコレクションが充実しています。

 

陶芸で言えば、河井寛次郎の作品を多く所蔵しております。

 

関西で活躍した作家を取り上げていることに特徴があり、関西の美術シーンの中心となっている美術館として有名です。

 

また、国際的に注目される近代・現代美術の展覧会も頻繁に開いており、現代美術の動向もキャッチアップしております。

 

鴨川の河原が近く、平安神宮や下鴨神社など、京都の観光スポットも近くにありますので、デートコースも有効に組むこともできます。

 

京都国立近代美術館のWebサイト

http://www.momak.go.jp

 

2.大阪市立東洋陶磁美術館

 

次におすすめするのが、大阪・中之島にあります、「大阪市立東洋陶磁美術館」です。

 

高麗・朝鮮時代の朝鮮の陶磁器や、中国の陶磁器を多く所蔵している美術館です。その所蔵点数は約4000点で、その中には、国の重要文化財や国宝も含まれており、国内屈指の東洋の陶器を所蔵している美術館になります。

 

元々は、住友グループから寄贈された「安宅コレクション」から始まった美術館です。

 

大阪の中之島近辺にあり、中之島周辺は大川という川が流れており、水上バスでの観光や川沿いには有名なイタリアンのお店やカフェもあり、デートコースとしても楽しむことができます。

 

大阪市立東洋陶磁美術館のWebサイト

http://www.moco.or.jp

 

3.横尾忠則現代美術館

 

3つめにおすすめするのは、兵庫県神戸市から。

神戸市灘区にあります、2012年に開館した「横尾忠則現代美術館」です。

 

横尾忠則は、兵庫県生まれの美術家、グラフィックデザイナーで、本人から寄贈された作品がこの美術館に所蔵されています。

 

ユーモアや驚き、風刺の要素も含まれている横尾忠則作品で知的興奮を共有してみてはいかがでしょう。

 

神戸市灘区は、酒造メーカーの工場が多く、造り酒屋の見学も人気があります。そのようなデートコースを組み入れても、良いのではないでしょうか。

 

横尾忠則現代美術館のWebサイト

http://www.ytmoca.jp

 

4.国立国際美術館

 

次に御紹介するのは、大阪・中之島にある、「国立国際美術館」です。

 

国立国際美術館は、国立の大規模な美術館で、収蔵しているの現代美術を中心に、多種多様な企画展なども開催しています。

 

この美術館は、2004年に移転オープンしたのですが、建物の設計がユニークで特徴があります。

建築家のシーザー・ペリさんが設計していて、美術館の大半のスペースが地中に埋められているのが非常に特徴的です。

 

こちらも大阪の中之島の西寄りにあります。最近では、京阪の中之島駅周辺にアウトドアブランドの「パタゴニア」が出店していたり、賑わいがでてきた地区もありますので、川沿いを散歩しながらデートコースを組んでみるのはいかがでしょうか。

 

国立国際美術館のWebサイト

http://www.nmao.go.jp

 

美術館婚活の企画があれば積極的に参加をしてみよう

 

このように、美術館に行くことを婚活の内容にすることで、これから付き合っていく相手を見つける、またはこれから付き合っていく相手を見極めるのに大きなメリットもあるし、おすすめです。

 

婚活企画として美術館訪問の企画があれば、参加してみるのもいいですし、婚活パーティーなどで出会った、少し気になる相手を美術館にお誘いしてみてはいかがでしょうか。

 

きっと違った発見ができるかもしれませんよ。


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。