アラフォー男性の婚活は伸びしろだらけ!| 理想と現実のギャップを解く3つの法則


アラフォー婚活イメージ

自身の“40歳”という年齢を意識して、婚活を始める男性は多いです。

ただその中には、「まぁそれほど苦労しないだろう」と踏んでいたのに、まったく2回目以降のデートや成婚に繋がらない、その事実に「なぜ!?」と困惑している男性も一定数いらっしゃるそう。

 

そこで今回は、実際に当社『関西ブライダル』が結婚カウンセラーをしている観点から、婚活がうまくいかないアラフォー男性に向けて、“どうすればうまくいくのか”のアドバイスをまとめてみました。

 

簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。

アラフォー男性が直面する、婚活の“想像”と“現実”のギャップ

 

妊娠・出産など、お相手の結婚願望に深く関わる問題と、どうしても現実的に向き合って婚活しなくてはならず、心身ともに大変なのは基本的にアラフォーの女性です。

 

一方、アラフォー男性が婚活を進めるうえでは、とても抗えない類の高い障壁はほぼ無いはず。実際に、そう“想像”して婚活を始められる男性も多いでしょう。

しかし、実際はその“想像”通りでは全く無いこともあるのです。

 

 

腑に落ちない男性

「婚活を始める年齢として全然遅くない。20代30代の女性から見れば年上男性だし、ストライクゾーンに入るチャンスは多いはず。なのに失敗続きなんて……」と、“現実”とのギャップに苦しんでいる男性の気持ちも分からなくはありません。

 

アラフォーの男性が想像通りにいかない婚活を成功させるためには、現実とのギャップがなぜ生まれているのか、腹を決めて対峙する必要がありそうです。

 

婚活に行き詰まるアラフォー男性が試すべき3つの法則

 

ひと言で言ってしまうと、「アラフォー男性の婚活は伸びしろだらけ」です。

「自分に悪いところはない、巡りあわせの運がないだけ」と思っていると、いつまでも良縁には恵まれないかも……。

 

いわゆる譲りがたい“男の矜持”もあるかもしれませんが、婚活をするにあたっては、素直に周囲の人のアドバイスを聞き、自分に反映してみてください。

 

  1. これまで「悪い」と言われてなくても、服装・身だしなみを見直してみる
  2. 会話やデートのぎこちなさは場数を踏めば何とかなる
  3. “理想の恋愛”と“現実の結婚”を分けて考える

 

【1】これまで「悪い」と言われてなくても、服装・身だしなみを見直してみる

 

男性 身だしなみ

まずは、見た目です。

「別に今まで変だと言われたことはないけど……」という男性も、“本当に変じゃないのか”、または“明らかに女性ウケしないポイントがあるんじゃないのか”と、1度自分のことを疑ってみましょう。

 

本当は変えたほうがいい見た目を、今まで指摘されてこなかったのは、ただ指摘してくれる人がいなかったり、言うのを遠慮されてきたからかも知れません。

 

そして、結婚相談所のカウンセラーをはじめ、「あえて言うなら……」と指摘してくれた第三者の意見は素直に取り入れてみることが大事。

これは本来身だしなみや服装に限ったことではないですが、こと自分の見た目についての“ダメ出し”はショックで受け入れづらいものですよね。

 

それでも、長く行っていなかった美容院に行ったり、髭をきちんと剃るようにしたり、シワのない服を着るようにするだけで、女性に与える印象が大きく好転するのは確かですから、絶対に試してみるべきです。

 

【2】会話やデートのぎこちなさは場数を踏めば何とかなる

 

アラフォー独身男性の場合、「正直女性と話すのが苦手」「女性と何処へ出かければいいか皆目分からない」と、そもそものコミュニケーション・デートを不得意とする人が多いです。

 

実際に、男性が「女性受けする人気の居酒屋」と思って連れてきたお店が、女性にとっては「何でもない居酒屋」だったりする可能性があります。

(※もし同世代か少し年下の女性との婚活をしている場合、そうした“流行り”や“今どき”な情報は、女性には基本的に適わないと思ったほうがよいかもしれません)

 

アラフォーになるまでの日常で、何ともできなかった“コミュ力”が、婚活を契機に即座に上がることはありません。これは、女性も同様でしょう。

 

会話をもっとうまくできるようになるには、デートをもっとスマートにできるようになるには……。

経験を積むしかない、場慣れするしかないというのが正直なところです。

 

「どうせ失敗するから」と会話やデートの経験を積まないのは考え物です。

打席に立たなければ、ヒットは打てません。その日その時の失敗は気にせず、能動的になるべきでしょう。

 

【3】“理想の恋愛”と“現実の結婚”を分けて考える

 

理想と現実

 

身も蓋もないようですが、婚活は「結婚する相手」を選ぶためのものです。

その前提を忘れた、出会いを楽しむ・恋愛を楽しむというスタンスでは、おのずと女性へのハードルが上がり、成婚が遠のいてしまうおそれがあるでしょう。

 

自分の理想を絵に描いたような女性と、運命的に出会えるわけではないことを割り切る必要があります。

 

「自分はこういう人と出会いたい」と、自分で勝手に出会う女性の幅を狭めてしまうより、「こういう人なら自分と出会ってくれる」というスタンスで、幅広い出会いを求めていくことが大切です。

誤解をおそれずに言うと、“自分の身の丈に合う女性を探す”ことになります。

 

そうした本来あるべき基準でのマッチングを行ってくれるのが、私情を挟まないプロの結婚カウンセラー。

あえて自分の理想は通さずに任せてみるのも、1つの手です。

 

「自分が結婚できないのはおかしい!」という考えを捨てれば、アラフォー男性婚活の厳しい状況がひっくり返せるかも?

 

アラフォー男性

 

時折「アラフォー男性は婚活で現実を見ていない」と揶揄されるのは、「20代の女性と結婚したい!」というような無茶な理想があったり、「自分だけうまくいかないのはおかしい」「運が悪いから結婚できない」などと、ついつい自分以外のせいにしてしまうことがあるからかも知れません。

 

しかしそうした考えを捨てて、人のアドバイスを受け入れるだけでも、大きく状況が変わることが多いと思います。

「アラフォーだから今更変われない」と意固地になるのではなく、「アラフォーだからこそ変わっていこう」という前向きな考え方で、婚活に取り組んでみてください!

 

 

⇒ 40代を迎える男性の婚活・40代からの男性の婚活は大阪の「関西ブライダル」にご相談ください。


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。