40代で再婚するための婚活ガイド | 再婚相手の子どもの“親代わり”はしなくていい


40代結婚

「離婚してからずっと独り身……。40代になった今、もう1度パートナーを探したい!」

「パートナーとの死別に向き合えるようになって長い。新しい人生を踏み出したい!」

 

こうした気持ちから、再婚のための婚活を考える40代の男女は多いです。

今回のコラムでは、「初婚ではない」「40代である」「子どもがいる」といった条件を不安に思う方々に向け、婚活を成功させるにはどうしたらいいのか、お伝えしていきます。

 

簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。

「40代再婚の婚活」はうまくいくのか?

 

40代 女性

40代再婚でも、うまくいく婚活はうまくいきます。

 

たとえば、“40代限定の婚活パーティー”では、離婚歴や死別の経験がある人はまったく珍しくありません。

婚活パーティーの参加者で、ある程度婚活慣れしている人の多くが、「40代再婚で婚活することは普通」と捉えています。

 

30代より有利!? 再婚は40代という年齢がネックになりにくい

 

“40代”という年齢は、婚活市場においてネガティブに捉えられがちですが、“再婚”という条件がある場合、少し事情が異なります。

 

例えば「30代女性」と「40代女性」では、「30代女性」のほうが人気があります。

ただし、「30代女性・婚姻歴アリ」と「40代女性・婚姻歴アリ」では、「40代女性・婚姻歴アリ」のほうが、人気があるのです。

 

おそらく、婚活に取り組む人の多くが、20代30代で再婚相手を探している人に対しては不安を感じ、40代以上で再婚相手を探している人には妥当性を感じるのでしょう。

 

40代バツイチでもモテる人の特徴

 

モテる 男性

40代バツイチでモテる人は、相手の話をよく聞く、それも愛想よく聞ける人です。

もっとも、これは年代も婚姻歴も関係なく、モテる人が備えている特徴。

 

実際に当社『関西ブライダル』が、多くの40代会員様とやり取りする所感だと、婚姻歴がある人は、1度夫婦間でのコミュニケーションを経験しているおかげか、「性分では会話が苦手」という人でも、相手の話をよく聞いてあげられる傾向があります。

 

これは、婚活をするうえでの大きなアドバンテージとみていいです!

40代で再婚したい人にオススメの2つの婚活方法

 

  • 【1】“婚姻歴理解アリ”や“お互いバツイチ”の婚活パーティーに参加
  • 【2】結婚相談所に登録しての本格的な婚活・お見合い

 

【1】“婚姻歴理解アリ”や“お互いバツイチ”の婚活パーティーに参加

 

40代で再婚したい人にオススメの婚活方法の、まず1つは「婚活パーティー」です。

 

一般的な婚活パーティーに参加することにもメリットがありますが、1番不安がないのは“お互いバツイチ”“婚姻歴に理解アリ”の婚活パーティーへの参加です。

 

「40代」や「再婚」を理由に、拒絶されることがないので傷つかず、効率的に婚活を進めることができるでしょう。

 

【2】結婚相談所に登録しての本格的な婚活・お見合い

 

結婚相談所

もう1つのオススメが、「結婚相談所への登録」

 

事前に婚姻歴を明かしたうえでのやり取りかつ、アドバイザーが人柄や相性をみて引き合わせるので、安心度が高いです。

 

また、お見合いまでのセッティングはアドバイザーがするので、仕事が忙しいシングルマザー・シングルファザーでも、婚活しやすいという利点もあります。

 

【バツイチ男女にオススメの婚活方法やコツが分かる関連コラム】

⇒ バツイチ男女が婚活を成功させるコツをご紹介

 

40代再婚の婚活によくある不安や悩み

 

  • 【1】子どもがいて、養育費も未だ払っているけど、再婚できるだろうか?
  • 【2】再婚だと、相手の親から猛反対を受けるんじゃないか?
  • 【3】子どもと再婚したい相手の関係がよくないが、結婚して大丈夫だろうか?

 

【Q1】子どもがいて養育費も払っているけど、再婚できるだろうか?

 

先にも述べたように、今は40代で婚姻歴アリ、そして子どもがいて養育費も払っている状況で婚活をしている人は、まったく珍しくありません。

 

「子どもがいて養育費を滞りなく払っている」と伝えることで、「信用できる」「家族を大事にしている」と考えてくれる人は大勢います。

 

結婚に対する前向きなビジョンがあれば、大丈夫です。

 

【Q2】再婚だと、相手の親から猛反対を受けるんじゃないか?

 

結婚 挨拶

確かに親の気持ちとしては、「また離婚することになったら……?」「子ども(自分の孫)が再婚相手の親御さんとうまくやっていけるのかな」などと、心配になることは多々あります。

 

これはもう心配するなと言ったり、反対するなと言うほうが無理な話です。

親の意向は関係なしに結婚して幸せになることもできますが、より大きな“輪”の暖かい家族になるためには、再婚相手の人柄をきちんと紹介し、誠実に挨拶をすることが1番です。

 

また、離婚の場合は明らかに後ろめたい理由(不倫など)でなければ、その理由を隠さずに伝えたほうが好印象です。

 

【Q3】子どもと再婚したい相手の関係がよくないが、結婚して大丈夫だろうか?

 

子どもがいるのか、いないのかで40代の再婚事情は大きく変わります。端的に言うと、子どもがいると婚活の難易度は高いです。

 

お互いに気を遣ってはいるけど、子どもと再婚したい相手の関係が何だかギクシャク、決していいとは言えないケースが、よくあるでしょう。

 

「結婚して大丈夫か?」と聞かれれば、「大丈夫」と答えます。(もちろん、虐待など子どもに危害を加える場合をのぞきます。)

 

ただし、もしかすると、今はそのタイミングではないのかもしれません。

子どもがいる場合の再婚は、焦らないことが肝心。

 

それぞれの関係性が再婚によって憂慮されるなら、結婚はせず交際期間を長く持つのでも悪くないですし、事実婚という選択肢もあります。

 

“婚活をしてまで”40代で再婚するメリットとは?

 

「婚活をしてまで、40代で再婚することにはどんなメリットがあるのだろう?」、そんな疑問を持つことも、時にはあるでしょう。

 

もちろん、結婚への価値観は人それぞれ。

何をもって“結婚の良さ”とするのかも異なりますが、よく言われる40代再婚の良さは、生活が明るくなり、老後の不安や寂しさが軽減されることです。

 

さらに40代は、人間としての成熟をむかえている年代でもあります。

お互いの立場を尊重して、家計のやりくりや家事、子育てに自然に協力し合える、穏やかな結婚生活が望みやすいでしょう。

 

結婚相談所が「40代・再婚・婚活」にアドバイスしていること

 

アドバイス

結婚相談所のプロカウンセラーが、40代で再婚のために婚活をする人に対し、アドバイスすることは様々ありますが、その1つが“いいお母さん・いいお父さんになろうとしないこと”です。

 

特に自身に子どもがいなくて、お相手に子どもがいる場合は、子どもとの接し方が本当はよく分からないのに「親にならなくちゃ」と頑張りすぎてしまいがち。

 

しかし、子どもが本当に小さい(~3歳ごろ)場合を例外として、どれだけ子どもと絆を深めていても、再婚相手がお母さんやお父さんの代わりにはなれません

 

「お母さんやお父さんの代わりにならなくては……」と、お相手の子どもをきつく叱ったせいで、お相手の子どもとの関係もお相手との関係も、両方悪化するケースをちらほら聞きます。

 

お相手に、子どもがいる場合。自分はいいお姉さんいいおじさんいい友達であろうとするくらいで、十分です。

 

そして逆に、自分の側で自分の子どもを育てながら、再婚相手を探す場合には、お相手に親の役割を押し付けないことを、心に留めておいてください。

 

【バツイチ男女の婚活の注意点や秘訣が分かる関連コラム】

⇒ バツイチ男女が再婚したいと思ったら|婚活の注意点や秘訣

 

【まとめ】婚活をして再婚した40代と話して思うこと

 

40代 カップル

当社『関西ブライダル』でも、数多く再婚の会員様の成婚事例を見てきました。

 

婚活を経て再婚が決まった後の会員様は、明らかにお顔付きが変わり、にこにこと笑顔が増え、本当に嬉しそうにお話してくれることが印象的。

初婚の時とは異なる喜びや、安心感を実感しておられるのかもしれません。

 

こうした反応を目の当たりにしていると、やはり「40代だからといって諦めたり、再婚だからといって諦めたりしないで、婚活をしようと思ったらするべき」と感じます。

 

 

「40代を機に再婚したい」とお考えの人は、親身なサポートが強みの『関西ブライダル』にご相談ください!


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。