30代のお見合い、まずは行動することが大事!


「婚活をしている人の半数近くが30代である」という話もありますが、30代から婚活を始める人、婚活を実際に頑張っている人は少なくありません。「長年交際していた恋人と別れてしまった」「仕事が落ち着いてきて、ようやく結婚を考えるようになった」「まわりが結婚して焦ってきた」など、理由はさまざまです。

しかし、30代ならではの悩みに苦しんでいる人もいらっしゃいます。30代でお見合いを成功させるには、何に気をつければいいのでしょうか?

 

年齢にこだわらず、お見合いをすることも大事

 

婚活において、年齢はとても大事なポイントです。「若ければ若いほどいい」とはいいませんが、29歳と30歳では、明らかに29歳のほうが有利です。こういった話は女性だけのものと思われがちですが、男性だって一緒です。

男性だって年齢が上がれば上がるほど、「この年まで結婚できなかったということは、何か問題があるのでは?」と思われてしまいがち。「男性は40代でも結婚は遅くない」というのは、年下狙いならば“幻想”と申し上げておきましょう。

 

30代の婚活女性は、“同世代”を希望することが多いです。年齢はプラスマイナス3~5歳までならOK、と幅をもたせている方もいらっしゃいますね。ですが、30代の男性のなかには20代女性、少なくとも30代前半を希望する人も少なくありません。

このミスマッチから、「20代女性とカップルになれない30代男性」「30代男性とうまく出会えない30代女性」という図式が成り立つ……と思われるかもしれませんが、これは婚活市場の表層でしかありません。30代でも同世代の異性とお見合いをしている人はたくさんいますし、お見合い後にご成婚したカップルもたくさんいます。

 

「年収が高くないとイヤ」「医師や弁護士じゃないとイヤ」という女性だって、ごくわずかです。実際にこういった職業に就いている方・年収が高い男性はこういう女性と遭遇したこともあるかもしれませんが、そういう女性だけがすべてではありません。

反対に、「20代女性じゃないとイヤ」という男性も存在はするものの、それが男性全体の意見ではありません。

 

あまり年齢のことにはこだわらず、まずは行動することが大事です!プロフィールだけで判断するのではなく、まずはお見合いしてみましょう。婚活では受け身でいるよりも、積極的にいったほうがいいですよ。

 

30代男性のお見合いで気を付けること

 

30代の男性は、お見合いで「安定性」「落ち着き」をアピールしましょう。ルックスがいい人はもちろんのこと、年収がある方、公務員など安定した職業の人はモテやすいかと思います。自分は家庭を築くのにふさわしい人間だとアピールするのです。

ストライクゾーンが広い女性もいますが、基本的に女性は同世代を好みます。若すぎる女性に固執し続けていると、結婚はどんどん難しくなります。

 

30代の女性のお見合いで気を付けること

 

男性と比べると、厳しいイメージがある30代女性のお見合い。ですが、高望みをせず、誠実に相手を探し続ければ、恋人や結婚相手が見つかるはずです。

しかし、「若ければ若いほどいい」という極端な意見ではないにせよ、年齢にこだわる男性も多いので、結婚したいならばできるだけ早く、若いうちに活動をしたほうが良いでしょう。

また、エステや習い事などの自分磨きは、婚活ではよくみられない傾向にあります。「投資」ではなく「浪費」に思われてしまうからです。それよりも、お見合いでは「料理」などの家庭的な趣味をアピールしたほうが、相手にはプラスに受け取ってもらえることが多いです。

 

年齢にこだわらず、いろんな人と出会おう

 

婚活を成功させたいならば、いろんな人とお見合いをして出会ってみるのも大事です。自分の条件から多少外れていたとしても、出会いを楽しんでみましょう。そうすることで、今まで自分が恋愛対象にしていなかった異性の意外な魅力に気付けることもあります。

 

また、その相手とうまくいかなかったとしても、婚活相手を見極める目を養う場として活用すればいいのです。

 


成婚第一主義 関西ブライダル