結婚相談所でプロフィールを書く時に気を付けること(注意事項!)


結婚相談所で婚活をスタートさせる場合には、まず事務的な手続きを終えた後にプロフィールを作成することになります。

 

 

しかし、このプロフィール作りは意外と大事!適当に作ってしまったせいで後悔したという人も少なくないのです。

 

 

「プロフィールなんてそんなに重要?」「最初にさっと見る程度のものに、そんなに力を入れるべき?」「お見合いした時に頑張ればいいのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

 

 

しかし、婚活においてはプロフィールはとても大事な存在です。「適当に埋める」「自分の書きたいことだけを書く」だけでは、相手に読んでもらいにくいのです。

 

 

それでは相手に会ってみたいと思わせるようなプロフィールは、どうすれば作れるのでしょうか?

 

 

結婚相談所のプロフィール、何がNGなのか?

 

 

結婚相談所のプロフィールには、年齢や職業、年収、学歴、趣味、自己PRなどを記入することになります。相手に求める条件なども記載していきます。

 

 

実際記入してみたら、驚くほどたくさん記入するところがありますので、筆まめでない人はこの時点でうんざりしてしまう可能性も……?

 

 

しかし、それでもあきらめてはいけません。こつこつ頑張りましょう!

 

 

もっとも「ナシ」なのが、空欄を作ること。空欄ばかりのプロフィールでは、「この人、本気じゃないのかな」と思われてしまうかもしれません。できるだけ情報は多く書きこみつつ、長文にならないようにも気をつけましょう。

 

 

また、同じくらい避けたほうがいいのがネガティブな話題です。ネガティブな考え方や話題は、「この人と会っても楽しくなさそう」「気を使いそう」と思われてしまいます。

 

 

結婚相談所のプロフィールにネガティブなことを書く方はいないとは思いますが、そういう話題は避け、ポジティブな印象をつけるようにしましょう。

 

 

「趣味」の書き方にも注意が必要!

 

 

また、趣味の書き方にも注意が必要です。

 

 

なんとなく「読書」「映画」「音楽鑑賞」などと書く人がいますが、実際に話を聞いてみると「映画を見たのは半年前、テレビ放映で」「本もたまに読むかな、くらい」という返答しかできない人がいます。

 

 

こういうものは、趣味とは言えない!という人もいます。無難に書きこんだつもりが「嘘をついたの?」と言われてしまう。そんな結果になりかねませんから、注意が必要です。結婚相談所は、皆が本気です。あなたの本当の姿をプロフィールに書き込んで下さい。

 

 

なお、趣味がある人は、できるだけ具体的に書きこみましょう。

 

 

「食べ歩きが趣味」ならば、どういうところに出かけて、どんな料理が好きなのか。「料理を作るのが好き」なら、得意料理は何なのか?どういう料理をよく作るのか。

 

 

そういうことをプロフィールにあらかじめ記載しておくと、のちに話が弾みやすくなります。

 

 

婚活相手に求める条件、自己PRはどう書けばいい?

 

 

婚活相手に求める条件を記載する際に、要求ばかりを記入してしまうと、ワガママな人に思われるかもしれません。

 

 

「年収は○百万円以上」「身長は○センチ以上でない人はお断り」なんて、もったいない!

 

 

自分から婚活相手の幅を狭めすぎると、素敵な人と出会うチャンスも遠のくかもしれません。ここはあまりはっきり記入せず、一般的な表現にしておいたほうがいいでしょう。

 

 

自己PRには、自分がどういう人間なのか?性格は?休日の過ごし方は?どういう相手を婚活で探したいのか?こういった項目を具体的に書いていきます。

 

 

なお、短すぎるのもやる気がないように思われてしまいがちですが、長文すぎるのも考えものです。あまりにダラダラした文章だと、相手も途中で読むのをやめてしまうでしょう。

 

 

自分の書きたいことはしっかり書き、それでいて簡潔にまとめるのが大切です。

 

 

結婚相談所のプロフィール写真は、ちゃんとしたものを使おう!

 

 

プロフィールと同じくらい大事なのが、写真です。

 

 

婚活サイトでは写真を掲載せずにお見合いをすることもできますが、掲載するのとしないのとでは送られてくるメッセージの数もかなり違ってきます。

 

 

結婚相談所においては、写真は必須とのところがほとんどだと思います。

 

 

しかし、この時に適当な写真を添付してしまうと、「まったくお見合いの声がかからない」「お見合いを申し込んでも、断られてしまう」という最悪の事態に発展するかもしれません。

 

 

結婚相談所のプロフィール写真でやってはいけないこととはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

《結婚相談所でナシ!と思われるプロフィール写真の特徴》

  • すっぴん
  • ボサボサ、もしくは老けて見える髪型をしている
  • 無表情、もしくは目つきが悪い
  • 黒い服を着ている
  • 背景に余計なものが映り込んでいる(自宅の洗濯ものなど)

 

 

つまり、ちゃんとメイクをして、髪型は整えておく。表情は笑顔を心がける。

 

 

服装は白、女性ならばピンクなどを選び、顔色が明るく見えるものを選ぶなどしたほうがいいでしょう。

 

 

また、自宅で撮影するにしても洗濯ものや汚れたカーテン、照明器具やコンセントなど、生活感があるものは映り込まないようにしたほうがいいでしょう。

 

 

おすすめはスタジオ撮影です。プロの手を借りれば、素敵に撮ってもらえるでしょう。多少費用はかかりますが、満足度は高いとされています。

 

 

婚活プロフィールは、あなたを知ってもらうための大事な窓口です。

 

 

就職活動で言うところの履歴書のようなもの。履歴書と同じように、きちんと心を込めて書くことが、選んでもらうためのポイントになってくるでしょう。

 

大阪の結婚相談所


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。