結婚できないタイプの人ってどんな人?


結婚を望んでいて長い間婚活をしているのに、なかなか結婚が決まらない・・・。そんな時、「自分は結婚できないタイプなのではないか?」「一生結婚できないのでは?」と不安になってしまった経験はありますか。「結婚できない」と焦って落ち込む前に、結婚できないタイプはどんな人なのか、考えてみましょう。

 

とても受け身な人

 

恋愛や結婚に対して受け身な人は、異性との出会いのチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。例えば、受け身が故になかなか出会いがないということが挙げられます。また、交際中にも受け身だったためにズルズルと時間が経ってしまい、これといった原因があったわけではないのに、結果的に別れてしまうケースもあります。

 

これは、とても魅力的な人で受け身でも相手からのアプローチが多くあったとしても、結婚できない原因になりえます。アプローチしてくれる異性が自分の結婚したいタイプだとは限りませんし、自分の望む結婚をするためには、やはり常に受け身ではなく自分からも働きかける必要があります。

 

また、あなたがとても受け身なタイプな場合、相手が「自分のことをどう思っているのだろう?」と不安に感じてしまうこともあるでしょう。そうした場合、本当はあなたも相手に好意を持っていたとしても、相手から離れていってしまう可能性もあります。相手からのアプローチや連絡を待つばかりでなく、自分からも連絡を取ったり、気持ちをきちんと伝えるといったことが大切です。

 

本当は結婚したくない人

 

矛盾しているように感じるかもしれませんが、婚活をしている人でも結婚したくないと望んでいるパターンがあります。例えば、周りの友達の結婚がどんどん決まって焦って婚活をスタートしたけれど、本音ではまだ独身生活を続けていたいと思っているなどが挙げられます。

 

この結婚したくない気持ちは、本人が自覚している場合もありますが、自覚していない場合もあります。婚活には費用や時間、労力もかかります。婚活をはじめる前に、結婚についての考えなど、改めて自分自身と向き合ってみることをおすすめします。もしかしたら、あなたは「結婚できない人」なのではなく、「結婚したくない人」なのかもしれません。

 

結婚相手に希望する条件が非常に厳しい人

 

みなさん、それぞれ「こんな結婚生活を送りたい」「お相手の年収はこれくらいは欲しい」など、結婚に対してイメージしていることがあると思います。「結婚するなら条件の良い人がいい!」と望むことは当たり前でしょう。ただ、結婚する相手の条件が厳しくなるにつれて、条件にマッチする人も少なくなります。運良く、その厳しい条件をクリアした人と出会えても、相手は結婚を望んでいないこともあります。

 

あなたの結婚相手への条件は、なんでしょうか?一度、紙に書き出してみてください。もし、書き出した条件があまりにも細かすぎたり、条件が厳しいようであれば、その条件は本当に自分の幸せな結婚に必要なのかどうかチェックしてみることをおすすめします。自分ではなかなか気づきにくいことなので、家族や友達などに客観的に見てもらうのもいいでしょう。

 

思いやりに欠けた人

 

学歴や年収、見た目など、どんなに条件的にスペックの高い人でも、あまりに思いやりに欠けたところが目立つと結婚相手から外されてしまいます。例えば、婚活で知り合った相手とメールアドレスの交換をした際、一方的に何十件も立て続けにメールが送られてきたら迷惑になります。こういった行為はメールを送られる側の気持ちを考えていませんし、自分勝手な人だと思われてしまうでしょう。

 

こういう方は、プロフィール上の条件が良いために出会いには困らず、なかなか自分の欠点に気づかないということもあります。「出会いはあるのになかなか次のステップに進むことができない」と感じたら、自分の行動を振り返ってみてください。相手の気持ちを考えずに思いやりに欠けた行動を取ってはいないでしょうか?

 

異性の気持ちはなかなか分からないと感じる方もいるかもしれませんが、そんな時は自分ひとりで考えずに周りの人に相談してみましょう。

 

清潔感が足りない人

 

異性との出会いにおいて、男女共に清潔感はとても大切なポイントです。顔立ちが良い、背が高いなどの見た目の良い人だったとしても、近寄ったら髪にフケがついていて服がシワシワだったりしたら、慌てて引き返したくなってしまいます。

 

案外、自分では気が付かないポイントで清潔感がないと思われてしまう可能性もあるので、ご注意下さい。例えば、爪が伸びている、鼻毛が出ている、口臭がするなど、常日頃から気をつけておく必要があります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?5つの結婚できないタイプをあげてきましたが、ご自身が当てはまったものはあったでしょうか?もし、「これは自分のことだ!」と感じることがあったら、その結婚できない原因を改善していくようにすれば、結婚が近づいてくるかと思います。


成婚第一主義 関西ブライダル