相手の年収にこだわりたい女性は、どうしたら高収入の男性と婚活できる?


婚活において、男性の年収にこだわる女性はまだまだ少なくありません。

 

 

最近では「1000万円以上の年収がある男性じゃないとイヤ」なんて人は減りましたが、「300万の男性は論外」「600万以上はないとイヤ」という女性はまだまだいらっしゃるようです。

 

 

年収にこだわるのもまた、大事なことでしょう。お金で苦労したことがある女性は特に、相手の年収や職業にこだわる傾向があります。

 

 

また、結婚してからは専業主婦になりたいという女性もいるでしょう。だからこそ高収入にこだわるのかもしれませんが、この不況の時代になかなかそのような選択肢を選ばせてくれる男性も少ないものです。

 

 

もしかしたら相手の年収にこだわりすぎることで、パートナーが見つかりにくい状況に自ら追い込まれてしまっているのかもしれません。

 

 

結婚したいのならば、その考え方を少しだけ変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

欲張りなのがダメ!条件のつけすぎはやめよう

 

 

年収にこだわることは、悪いことではありません。「あれもこれも」と、全部欲しがるのが問題なのです。

 

 

 

「初婚で安定して企業に勤めていて、年収は500万以上」「普通体型でルックスもそこそこ、性格は優しい人がいい!」というのは、さすがに欲しがりです。

 

 

もちろん、そのような相手を求めて婚活をするのもいいでしょうが、もしかしたらバツイチの男性のなかにも、あなたにぴったりの人がいるかもしれません。

 

 

自営業の男性は?ちょっとぽっちゃりしていたり、薄毛だったりする男性は?無口でコワモテだけれど、一緒にいるとあたたかい気持ちになれるような男性だっているかもしれません。

 

 

条件をつければつけるほど、いい男性との出会いが遠ざかってしまう可能性があるのです。その点をよく理解しておきましょう。

 

 

年収が高い男性ならば、あなたを幸せにできるわけではない

 

 

年収が高い男性でないと、幸せな生活が送れない?そんなことはありません。年収が高くてもモラハラ、パワハラは当たり前。DVに苦しむ生活を送っている人だっていらっしゃいます。

 

 

それに、今は収入が高くても、今後はどうなるのかわからない時代です。

 

 

年収が高い男性よりも、働くことを厭わない男性、つまりは働き者の男性を選んだほうがいいのかもしれません。

 

 

もっともおすすめなのは、男性が安定した年収を稼げるようになるまでは、あなたも共働きすることです。

 

 

もちろん、出産や育児で働けなく時期もあるかもしれません。それでも、二人で手を取り合って共稼ぎを頑張れば幸せなはず。今では、在宅でできる仕事だってあります。

 

 

産休・育休中に資格を取得することだってできないことではありません。

 

 

もしくは、自分で稼げるようになって、自力でお金持ちの男性の知り合いを増やすという方法もあります。いわゆる自分磨きというものです。

 

 

「サロンにいって、美肌に磨きをかける」「かわいいネイルをする」というのも自分磨きとしては楽しいでしょうが、お金持ちの男性に通用するのは若いうちでしょう。

 

 

男性に依存して「いい生活をさせてもらいたい」というのは、今の時代ではもう難しいものです。

 

 

受け身でいることをやめて、本気で婚活に取り組もう!

 

 

まず、大事なのは本気で婚活に取り組むことです。

 

 

どうしても年収が譲れないのならば、結婚相談所に登録したり、お見合いをしてみたりしてみましょう。

 

 

今では「男性は医師限定の結婚相談所」や「男性はセレブ限定の結婚相談所」なども存在します。登録料はかなりかかりますが、本気度が高いのならば、取り組んでみて損はないでしょう。

 

 

また、自分がそういった相手に何を与えられるのかをよく考えてみて下さい。それがあなたの武器になります。

 

 

「若さ」「美しさ」はもちろん、「学歴」からくる知性。「安定した職業」は、経済的により安定できる未来を想像させますし、あなた自身がしっかりした女性であることの証明でもあります。

 

 

「明るさ」「コミュニケーション能力」は、相手を楽しませるのにぴったりです。家事スキルの高さは、そのまま結婚生活に直結しているメリットでもあります。料理上手の女性は、どんな男性にも嫌われることがないでしょう。

 

 

年収の高い男性に選んでもらいたいならば、そのために自分で動きだす必要があります。

 

 

受け身のままでいると、もしかしたらいつの間にかダラダラ婚活を続ける羽目になってしまうかも……?

 

 

そうならないためにも、自分の婚活ライフを見直してみて下さい。”

 

大阪の婚活 関西ブライダル

 


成婚第一主義 関西ブライダル