恋人はいないけど、20代で結婚したい人がおこなうべき3つのこと


 

「20代のうちに何としても結婚したい!」

女性は結婚への憧れもありますが、出産や子育てのことを考えると、そう思う方が多いと思います。でも、肝心のパートナーがいないことには結婚したくても結婚できません。

 

今回は、まだパートナーはいないけれど、20代のうちに結婚したいあなたへ向けて、心にとどめておいてほしいことを紹介します。

 

結婚するために、1日も早く婚活を始める

 

結婚相手を探すところから始めるなら、やっぱり婚活をしましょう。合コンや街コンなど軽いノリで参加できるものよりは、結婚相談所やお見合いがおすすめです。

 

なぜなら、合コン・街コンは“結婚を前提に付き合う”と思っている人が少ないからです。つまり、“婚活”よりも“恋活”と考えている人が多めなのです。

 

一方、結婚相談所やお見合いは、結婚を前提としたお付き合いを考えている人がほとんどです。会費やお見合い料も高いですが、その分気軽に参加することができないので、みなさん真剣に結婚相手を探しています。

 

しかし、ここで注意点が一つあります。20代で結婚したいあなたが探しているのは、20代の男性でしょうか?実は、結婚相談所やお見合いでは20代の男性は多くありません。おそらく20代の男性は「婚活をしてまで結婚したい」と思わないからでしょう。また、結婚したいと思っていても、社会人になってからあまり年数が経っていませんから、家族を養うだけの経済的な余裕がないことが多いです。自分がどんな人と出会い結婚したいのか、一度考えてみるといいでしょう。

 

仕事中心の生活に注意!出会いは大切にする

 

あなたは、今の仕事に就いて何年が経っていますか?仕事がおもしろくなってきたのは素晴らしいことですが、仕事のしすぎは要注意です。

 

「仕事がおもしろくて、あっという間にこんな年になってしまった」

あなたの先輩や知り合いの30代・40代の女性で、こんなことを言っている人はいませんか?20代の頃に仕事ばかりしていて、出会いの機会を逃してしまった人は少なくありません。

 

“20代で結婚したい”という目的があるならば、仕事のしすぎに気をつけて、その分出会いの機会を増やしましょう。

 

また、実は「身近に魅力的な男性がいた」ということは多いです。婚活をしている人に話を聞くと、「職場には出会いがない」という声をよく聞きます。しかし、“職場恋愛”“職場結婚”という言葉があるとおり、職場で出会って結婚したという夫婦は珍しくありません。

 

同僚や先輩社員のほか、取引先の人と顔を合わせるうちにお付き合いをスタートさせて結婚したというケースもあります。

 

ただし、もちろん“職場は仕事をする場所”ということをお忘れなく。きちんと仕事には取り組みましょう。

 

男性が好きそうな趣味をはじめてみる

 

「共通の趣味があったから、結婚した」という話もよく聞きます。特に趣味がないという方は、出会いを探すと同時に、新しい趣味も探してみてはいかがでしょうか。

 

ここで間違えてほしくないのが、女性をターゲットとした趣味を選択しないこと。たとえば、ネイル教室やワイン講座。女性人気が高い趣味ゆえに、参加しているのはほとんど女性だと思います。出会いを求めて参加しているのに、異性がいなければお話になりません。

 

おすすめは、男性が好きそうな趣味です。スポーツ観戦・ボルダリング・ゲーム・釣りなどはいかがでしょうか。趣味をスタートさせなくても、予備知識を入れておき出会った男性に教えてもらうというのもオススメです。レクチャーしてもらうことで、相手の人柄が見えてきますよ。

 

まとめ

 

20代で結婚をしたいと思っても、プライドやこれまでの恋愛歴が邪魔をして、「20代で婚活をするのは、さすがに早いのでは?」と考えてしまうかもしれません。しかし、20代で婚活をスタートさせるのは 決して早くありません。

 

20代前半からはじめる婚活と、30代前半からスタートする婚活では、どうしても出会える異性の人数に差がありますし、それどころか年齢を理由に会ってもらえないケースすらあります。

 

ですから、“20代で結婚したい”と思うなら早く行動しましょう。婚活で人気が高いのは、若くてかわいい女性です。とはいえ、若いというだけでチヤホヤしてくるだけの男性は要注意です。きちんとあなた理解してくれる人と、幸せな結婚をしてくださいね。


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。