婚活日記をつけて自分の好みや傾向を学ぼう


学生時代、学校の宿題で「日記」を書いていた経験ってありませんか?

 

 

日記には日々の楽しかった出来事や悲しかったこと、そのときに感じた事などを書き綴っていたかと思います。

 

 

実は婚活でも、日記をつけることで自分自身でも気がつかなかった理想や譲れない条件などが、客観的に判るようになります。では、どのような事を婚活日記に書けばよいか、書き方のコツを伝授します。

 

 

婚活日記って知ってる?

 

 

婚活中の皆さんも、今から婚活を始める皆さんも、婚活日記ってご存知でしょうか。婚活日記とは、自身の婚活体験談や現在進行形で進んでいる婚活について日記に綴っている内容です。

 

 

最近ではブログなどインターネット上のツールを利用して、婚活について公開している人も多いですね。婚活日記をつけることで、自分自身がどのようなタイプの人と出会ったり、そして好意を抱いたりしやすいかといった情報を、客観的に見つめなおせるようになります。

 

 

加えてインターネット上で発信することで、気の合う婚活仲間が誕生したという人も実在します。

 

 

さらにリアルではなかなか口に出しにくい愚痴や相手への不満も文字に書き起こすことで、自分が相手に何を求め、相手にされては嫌なことや傷ついたことなど曖昧な部分も判りやすくなるというメリットがあります。

 

 

婚活日記をつけてみよう。

 

 

自分の好みのタイプや理想と現実を客観的に把握するためにも、ぜひ婚活日記をつけてみましょう。

 

 

用意するものは、アナログ媒体でしたらノートや手帳と筆記用具、デジタル媒体でしたら無料のブログやFacebookなどを活用しましょう。

 

 

ただし、Facebookなど原則本名での登録が推奨されているツールは、婚活中は諸刃の剣となります。ですので、インターネット上のデジタルツールを駆使するケースでは、本人と特定が出来ない環境を整えて書き始めましょう。

 

 

普通の日記をつけるような感覚で、まずは婚活日記をつけてみましょう。

 

 

日記に必ず書く内容として「誰と」「どこで」「何をして」「どう感じて」「いくらお金を使ったか」。この5点は走り書きでも良いので、必ず残すようにしましょう。

 

 

長文を書くのが苦手という人も多いので、この5点だけでも日記に残していると、後々振り返った時に自分の恋愛傾向がわかりますよ。

 

 

例えば気になるAさんと食事デートに出かけたとすると「Aさんとレストランで食事をしてとても会話が弾んだ。予算は5,000円だった。」このような1文を残すだけで、婚活相手との活動記録にもなります。

 

 

婚活日記をつけるときはこっそりと

 

 

自分の婚活についてまとめる婚活日記は、過去の行動を振り返り自分の傾向を探るためにはとっても役立つアイテムです。

 

 

婚活って1人では出来ませんよね。そう、出会ったお相手の事も日記には赤裸々に綴られているケースもあるかと思います。日本で生活を送っていると、法律で「表現の自由」が守られています。

 

 

但し、プライバシーの侵害の問題等もあるため書く内容は、個人が特定されないように十分に気をつけて書いてください。

 

 

婚活で知り合って良いなと思った相手の事を、あなた自身が自由に書く権利は守られているとはいえ、トラブルに巻き込まれないためには、相手に対して失礼な意見や、個人情報を特定出きるような内容を必ずさけてください。

 

 

個人的な手帳は日記帳に覚え書きとしてメモを取ることはあっても、インターネット上のブログやSNSに第3者のプロフィールや愚痴ばかりを綴るのは問題が起こる可能性があります。

 

 

また、人によっては、婚活ブログに書かれる事が嫌だと感じる人も多くいます。ですので、インターネット上に公開する婚活日記は、本人と特定されないフェイクを交えて書くと安全です。

 

婚活日記まとめ

 

 

積極的に婚活を行っていると、毎日のようにお見合いパーティーや気になるお相手とのデートが待っていたりと、何かとスケジュールが立て込んでしまいますよね。

 

 

たくさんの人と出会うことは婚活にとって、とても重要なことです。しかしながら、同時に気になるのは、どのような人に出会って、いくらほどの出費があったのかという現実です。

 

 

婚活日記は、スケジュール管理と簡易的な家計簿としての機能も果たすので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

婚活で成功する秘訣

 

 


成婚第一主義 関西ブライダル