婚活成功者から見える婚活のアプローチ方法の大原則


img_risou

自分の理想の条件に合った相手と結婚をする。

 

 

婚活をしている人なら誰しも願う最終的なゴールだといえます。

 

 

婚活は自分とずっと向き合う時間が続くうえに、積極的に外に出かけて知らない異性に自分を知ってもらう努力を続けなければなりません。

 

仲人や結婚相談所を通してお見合いを設定してもらうにしても、婚活サイトや街コンで自分からこれという異性と出会うにしても、それぞれの大変さというのがついて回ります。

 

 

婚活の成功者は多かれ少なかれさまざまな問題を乗り越えて結婚という夢を叶えた人たちです。

 

 

こうした婚活成功者による体験談を聞くことで、成功するための共通点が浮かび上がってくるはずです。

 

 

どういった婚活スポットや婚活ツールを使っていたのか、自分の理想とする条件の設定方法など、成功者から見える婚活のアプローチを探っていきましょう。

 

 

婚活成功者の活動スタートは?

 

 

男性と女性では婚活を開始する年齢が多少異なりますが、友人知人の結婚式に参加する機会が急増する20代後半からそろそろかなと感じるようです。

 

 

会社の同僚や同級生など、同い年に近い知り合いが次々と結婚していくと焦りを感じ、日常生活で「婚活」という文字を見えると気になり始めるのが20代後半から30前後といえるでしょう。

 

 

テレビや雑誌でも結婚相談所の広告を頻繁に見かけたり、実際に結婚相談所や婚活サイトを利用した人の話を聞くのもこの時期かもしれません。20代前半までは婚活よりも恋活のほうがメインテーマだといえます。

 

 

合コンに参加する若い男女もやがて結婚できるような相手と巡り会えたらいいなというぼんやりとしたイメージはあるかもしれませんが、大半は恋愛相手探しが目的でしょう。

 

 

婚活成功者はどんな方法で婚活している?

 

 

婚活成功者のほとんどは婚活アプローチをいくつも組み合わせて利用し、成果を出しています。

 

 

結婚相談所はもちろんお見合いパーティーや婚活イベント、婚活ツアーをはじめ友人知人が開く合コンまで、あらゆるチャンスを生かそうとする姿勢が強いようです。

 

 

それゆえ、金銭的には大きな負担となりますが、人と話すことで自信をつけて、友人作りの一環として捉えることで婚活のモチベーションをキープしている人もいます。

 

 

婚活サイトの場合は全国の会員が対象となります。したがって、もしこの人に会ってみたいとなると自分の住む町まで来てもらうだけでなく、中間地点で待ち合わせしたり、相手の住む町まで出かけることも必要となります。

 

 

こうした旅費が大きな金額になりますので、婚活成功者は日頃から貯金や節約にも努めて自然にメリハリのある生活を送っているようです。

 

 

※地域密着の結婚相談所で、地域の人を中心に婚活するのもお勧めです。関西の結婚相談所→関西ブライダル

 

 

年収希望をいくらで設定するか

 

 

このブログでは、本当に年収の件については何度も書いていますが、とくに女性の場合、相手の年収が婚活希望条件の大きなテーマとなります。

 

 

一般的には年収600万円のラインが一つの大台となりますが、現実問題として600万という数字は出会えるチャンスをかなり狭めてしまいます。600万円のラインにこだわらず、年収希望を少し下げて男性の対象を広げることで素敵な異性と巡り会えるケースも多いようです。

 

 

婚活の成功者の多くは、ポイントをいくつかに絞りながらもそれにとらわれず、ときには柔軟な姿勢で行動し、イベントに参加する姿勢を示しています。

 

 

もちろん婚活成功者になるためにはある程度の経済的なベースも必要なので、婚活アプローチの優先順位を自分なりにつけるのも大切です。

 

 

婚活成功者ほど婚活を通して自分の人生も振り返るきっかけとなったと語っています。

 

 

結婚だけにとらわれることなく、広い意味で人生を変える一つの道筋として婚活を考えることが成功のポイントのようです。


成婚第一主義 関西ブライダル