婚活居酒屋のシステムとは?婚活パーティーとどう違う?


婚活パーティーでは、レストランが舞台となることもあります。オシャレで美味しいレストランの食事をいただきながらする婚活は、なかなかに楽しいもの。

 

 

ですが、「婚活をする男女が集まるお店」というものだって存在します。

 

 

こちらは婚活パーティーなどとは別物であり、あくまでお客さんが自主的に出会いを求めて訪れ、経営絵者や店員がそのお手伝いをするのです。

 

 

では、その詳細に迫っていきましょう。

 

 

有名な婚活居酒屋①「四万十」

 

 

まず、有名な婚活居酒屋は東京の青物横丁駅の近くにあるという「四万十」です。

 

 

こちらは入場すると、まず「婚活か、そうではないのか」を聞かれます。「婚活で来ました」と答えれば、すぐにテーブルに案内され、見ず知らずの男性と女性が一緒の席に座らされます。

 

 

そして入場料兼参加費の料金を支払うことになるでしょう。

 

 

その後は、料理が運ばれてきます。実はこちらのお店、メニューが存在しません。そのため、食べ物の注文はできないとされています。料理自体は四国の家庭料理がメインとなっています。

 

 

その代わりお酒は飲み放題。しかも四国の銘酒が揃っています。日本酒が大好きだという方にはうってつけのお店でしょう。ただし、お酒は自分たちで取りにいかなければいけないという面もあります。

 

 

お客さんはテーブルに運ばれてくる料理をつまみながら、お酒を飲みつつ男性と会話を楽しみます。気が合うかもと感じたら連絡先を交換したり、デートの約束をしたりしましょう。

 

 

ただし、仲介してもらえるわけではありませんから、女性から「連絡先を聞いてもいいですか」と尋ねるなどしなければ進展しないこともあります。

 

 

時間帯や時期にもよりますが、婚活ブームが落ち着いた現在、こちらのお店に足を運ぶのは男性がかなり多いようです。

 

 

まるでお友達の家にお呼ばれしているような感覚で、男性と知り合うことができるかもしれません。

 

 

こちらのお店は「婚活を“応援する”」立場を謳っています。今までには100組以上が結婚したとされているこの婚活居酒屋ですが、決して出会いは降ってくるものではありません。あくまであなた自身が知り合う努力をしなければいけないのです。

 

 

なお、平日はサラリーマンの客も多いのですが、土曜日は「婚活デー」ともされており、男性と女性がごった返しています。

 

 

有名な婚活居酒屋②「相席屋」

 

 

もうひとつ、有名な居酒屋といえば「相席屋」です。

 

 

女性は時間無制限の飲み放題で料金0円、男性は飲み放題30分ごとに1500円というシステムが話題となりました。ちなみに、相席ではない場合、男性の飲み物は単品での注文の扱いになるそうです。

 

 

フードは別途頼む必要があるでしょう。

 

 

以前はテーブルチャージの料金もかかったそうですが、今では廃止されたとされています。

 

 

女性は運が良ければ、0円で婚活できちゃうかも!?

 

 

1つだけハズレを混ぜた「ロシアンたこ焼き」がメニューにあったり、ゲームが無料で借りられたりと、盛り上がる要素をたくさん用意しています。

 

 

「合コン相手がなかなか見つからない」「いつも同じメンバーとの飲み会しかしていない」と嘆いている方にはぴったりでしょう。しかも、「人を探す」「人数を調整する」「お店を予約する」手間もいりません。

 

 

とはいえ、「お店に行ってみたところ、異性がいなかった……」という失敗談も耳にすることがあります。できるだけ混雑していそうな時間帯や曜日を狙うべき、とも言えるのかもしれません。

 

 

チェーン展開をしていますので、いろんな場所にお店が存在します。

 

 

婚活居酒屋で婚活する時、注意するべきこと

 

 

婚活居酒屋では、それこそパーティーやお見合いに来ないような層の人との出会いも期待できます。

 

 

ただし、「ちょっと面白そうだから」「気になったから」「誘われたから」という、ライトな気持ちの客も存在します。つまり、結婚する気持ちが薄い男女もなかにはいるでしょう。

 

 

本当に結婚したいという気持ちが強い、早くゴールインしたいという気持ちが強いならば、お見合いパーティーや結婚相談所のほうがスムーズに話が進むこともあります。

 

 

その一方で、恋愛からスタートして気持ちをゆっくり育み、結婚までゆるやかに進んでいきたいという人はこういった婚活居酒屋を利用するのがいいのかもしれません。

 

 

また、その日うまくいかなくても、「人脈を広げられた」「いい出会いができた」とポジティブに考えることも重要です。実際に、人脈作りに利用している人も少なくないそうです。

 

 

あまりに鷹揚になりすぎるのも問題ですが、楽しく明るく出会えるように心がけたいものです。

20代の婚活事例


成婚第一主義 関西ブライダル