婚活で結婚した人って本当にいるの?婚活の不安・・・


結婚相手を探すために行う婚活ですが、なかなか運命の相手と出会えなかったり、いい感じの雰囲気になった人から「今回はご縁がなかったということで……」なんてお断りをされてしまうと、思わず自己嫌悪に陥っちゃうこともありますよね。

 

 

本当に婚活で結婚した人なんているのかな?そんな疑問すら抱いてしまう人も多いようです。

 

 

そこで、婚活で結婚した人って本当にいるのか、リアルな声を紹介したいと思います。

 

 

婚活で結婚した人って本当にいるの?

 

 

結婚したい!でもお相手がなかなか見つからない。

 

 

そんな人達にとって、結婚相談所など「出会いを専門に扱う企業」は、まさに救世主とも感じられる場所ですよね。けれども、本当に婚活で結婚した人っているのかな?なんて、少し不安や疑問に思うこともありませんか?

 

 

そもそも婚活とは、結婚するために必要な行動を略した言い方となります。

 

 

だから、直接の出会いを求めて結婚相談所に登録したり、イベント型のパーティーに参加して多くの人との出会いを経験するのも婚活の一環ですよね。

 

 

その他にも、自分自身の魅力をアップするために、料理教室やヨガ教室などのカルチャースクールなどで自分自身を磨くのも、大きなくくりでは婚活の1つとして考えて良いでしょう。

 

 

出会いはどこに転がっているのか判らない、まさに縁の世界です。ですから、良い縁とめぐり合えた時に実を結び、最終的に結婚というゴールに辿り着くと婚活成功と言えるでしょう。

 

 

そして世の中には、婚活で結婚した人はたくさんいるのです。

 

 

結婚相談所で成功した事例→結婚相談所の実績

 

 

婚活で結婚した人たちの本音もチラリ

 

 

婚活が実を結び、結婚まで辿り着いたカップル達にも、紆余曲折を経験してのゴールインとなった方達が多いようです。

 

 

積極的に結婚相手を探す「婚活」という言葉が世の中に認知されて来たのは2007年頃からなので、現在は世間一般でも婚活というワードは浸透していますが、やはり中には「婚活=結婚を焦っている人」なんてイメージをもってしまう人もいるそうです。

 

 

結婚相談所に登録して婚活を行う人の中には、親に登録したことを伝えずにこっそり婚活を行っている人もいますよね。

 

 

カップリングパーティーやいわゆる街コンに参加して運命の相手と出会うケースもありますし、結婚相談所からの紹介で出会った相手と運命の出会いを果たすケースもあります。

 

 

そんな時に、周囲から「どこで相手と出会ったの?」なんて聞かれると、正直に「結婚相談所からの紹介だよ」なんて公言することに対しては、まだ抵抗感が拭えないという人も多いようです。

 

 

日本には古くから「お見合い」や「知人からの紹介」という文化があるにも関わらず、現代版の「お見合い」ともいえる結婚相談所に対して、少しネガティブなイメージを持っている人もいるそうです。

 

 

けれども、周囲の声は気にせず、どんな形の出会いであれ自分が納得出来る相手と幸せな家庭を築ければ良いのではないでしょうか。

 

 

婚活のハッピーエンドは結婚

 

 

ともあれ、婚活中の人たちが目指す最高のゴールは、運命の相手との結婚ですよね。

 

 

理想の結婚相手を探すために行う婚活なので、結婚相談所などを利用している人は皆同じ気持ちです。実際に結婚相談所はカップリングパーティーなどで知り合った相手と、結婚まで辿り着いたという先輩カップルたちも多くいます。

 

 

加えて結婚相談所などを利用するメリットに、自分の希望するスペックをもつ相手と出会いやすい点が挙げられます。自然な出会いや巡り合わせを期待しつつも、現実には出会いが少なかったり、仕事などで時間の制約がきつく婚活にかけられる時間も限られています。

 

 

そんな現代人の婚活救世主とも言えるのが、結婚相談所のマッチングであったり、出会いの場所を増やすパーティーとなっているようです。このような婚活が実を結び結婚した人はたくさんいます。

 

 

結婚した人がいるのか? まとめ

 

 

結婚相手を見つけるために行う婚活なので、実際に結婚した人はたくさんいます。

 

 

加えて、メンタル面でも「婚活中」と割り切って出会いを求めることで、結婚までスムーズに話が進んだというカップルもたくさんいます。ですので、まずは結婚を意識出来る相手と出会う事からスタートしたいですね。

 

大阪の結婚相談所 関西ブライダル


成婚第一主義 関西ブライダル