婚活では女の年収も問われる時代が到来!


結婚相談所や婚活サイトに登録する時に「年収」という項目が男女ともにありますよね。婚活パーティーなどでは、高年収の人限定のパーティーも開催されているほど、婚活において収入を重視するという人は多くいます。

 

 

特に女性が男声の年収を気にするケースが目立ちますが、実は男性も女性の年収を気にしているって知っていましたか?

 

 

そこで今回は、なかなか聞きにくい婚活で女の年収についての意見についてお知らせします。

 

 

婚活で女の年収って重要?

 

 

運命の結婚相手を見つけるために行う婚活。

 

 

女性の中には、花嫁修業と称して仕事も辞めて婚活に専念している人もいますよね。現在の婚活市場では、女性の年収を気にする男性も増えているそうです。

 

 

例えば女性の皆さんにお聞きしたいですが、「男性には年収800万円以上がいいな」なんて高い理想を掲げつつ、自身の年収は200万以下なんて事はありませんか?

 

 

もちろん、年収が全てではありませんが、自分が稼ぐ能力が低い傾向にありつつも、結婚相手には高収入を求める女性がとても多いそうです。

 

 

女の子が幼いころから夢見るシンデレラストーリーといえば聞こえは良いですが、現実に結婚適齢期を迎えている30代~50代の女性がこのような夢物語を描いていると、周囲からはもう少し現実を見ようと思われてしまいます。

 

 

また、男性側からも、女の年収はある程度「自立しているか」の指標として気にしている人もいるようです。年収が低くても、自立して働いているかどうかは、現代の男性は結婚相手に求めているポイントの1つだそうです。

 

 

婚活で理想的な女の年収は?

 

 

では、婚活で理想的な女の年収について深く探ってみましょう。

 

 

婚活中の男性でも、結婚後は専業主婦になってほしいと希望する人も少なくありません。結婚後には女性に家庭を守って欲しいと考えていても、今はまだ結婚していないわけですし、何よりも婚活中のデートなどにかかる「費用」を捻出しなければなりません。

 

 

ですから、男性から見ると「今、この人は自分自身で収入を得る手段があるかどうか」という視点から、女の年収を1つの目安としているようです。

 

 

あるデータでは、女性の平均年収は特殊な職業を除くと、30代は385万円、40代は438万円、50代は489万円という結果が出ています。加えて紹介した年収の平均値ですが、これらは正社員として働いている女性の世代別平均年収となります。

 

 

なので、アルバイトや派遣社員で働いている女性の平均年収は、紹介した内容よりも金額が下がる傾向が見受けられます。

 

 

もちろん、不労取得のある人もいますから、一概に働いていないから年収が0とは言い難いですが、婚活市場では男性からも平均的な年収を希望する人もいます。

 

 

年収は自分の能力を示すステータスの1つと考えて

 

 

あまりに女の年収という言葉を連呼すると、お金で結婚するのかと感じてしまう女性もいるかもしれませんね。

 

 

けれども、少しだけ考えてみてください。女性が男性に対して年収を高望みするのであれば、逆も然り。男性が女性の年収が気になるのも、ごくごく自然なことですよね。

 

 

こと年収の比較をした際に、男女平等ではないなんて話してしまうのは、とってもナンセンスです。年収は、仕事などを頑張った自分のステータスの1つとして婚活では活用しましょう。

 

 

女性のなかには、何かしらの事情があり婚活中だけど離職中という人もいますよね。そんな時にもし気になる相手から年収を聞かれたケースでは、きちんと事情を説明しましょう。過去に職歴があれば、事情を察してくれる男性も多いですよ。

 

 

女性の年収と婚活まとめ

 

 

婚活において「収入」は重要な要素の1つです。

 

 

女性が男性に年収は?と質問するように、男性も女性の年収を正確に知りたいと考える人が増えています。

 

 

かといって、男性が女性に対して収入を聞くケースでは、高収入というよりも安定した収入を得ていること、すなわり物事に真面目に取り掛かれるタイプかを勤務形態でチェックしている傾向が見受けられます。

 

 


成婚第一主義 関西ブライダル