婚活する女性が憧れる人気の職業「医師」「弁護士」「経営者」


 

img_sigoto婚活を進めていく上で1つの重要なポイントは、どういった職業に就いているかということです。

 

 

社会的な立場や年収とも大きく関わるので、婚活女性が男性を見る場合、学歴や年収などとともに重視されるのが職業です。悲しい現実ではありますが、婚活の世界ではなによりまず「学歴」「収入」「年齢」といった一人の人間の一要素が重視されます。

 

また、顔立ちや容姿も含めて入り口はどうしても外見的な周囲からランキングしやすいポイントになります。婚活サイトで会員検索するときはもちろん、実際に面会する前に相手をイメージする材料にもなります。

 

 

「医師」「弁護士」「経営者」など婚活の世界で人気の職業

 

 

婚活の世界で一番人気の高い男性の職業は「医師」です。

 

 

「弁護士」や「社長」といった職業もそれに続きます。

 

 

男性の年収でニーズの高い1000万円以上をクリアするにはこうした高度な専門職や実業家といった職業でないと難しいためでしょう。

 

 

女性からすると男性の職業はかなり大きな乾坤の判断材料になるため、結婚相談所や婚活イベントの企画会社も女性会員の集客目的で高収入の職業をピックアップした企画やページを組む傾向が強いのです。

 

 

とくに合コンパーティーでは男性の職業を限定したハイセレブ向けの企画も多くなっています。

 

 

こうした一部の婚活サイトでは「医師」「弁護士」「経営者」など、それぞれの高収入な職業を持つ男性であることが参加条件であり、収入や学歴なども制限されています。

 

 

参加する女性側も一定の条件が求められますが、職業を絞った相手の探し方ができるというメリットは非常に大きなものがあります。

 

 

ハイステイタスの職業の男性にアプローチする時に大事なポイント

 

 

ただ女性側にはこういう高い収入のある男性との婚活はいくつかの特徴があると考えられます。

 

 

まず、社会の中で自分の職業がハイステイタスであるという自信を持っています。職業に対していつもの婚活よりもさらに敬意とあこがれの気持ちで接することが大切です。

 

 

男性のプライドを傷つけないような細心の注意が必要でしょう。

 

 

つづいて、一般的な婚活イベントや合コンパーティーなどでニーズが高いことを肌で経験していて多くの女性からアプローチされています。そうした男性を獲得するとき多くのライバルとの競争が待ち受けていると思わなければなりません。

 

 

控えめのアプローチを基本としながらも、新鮮な印象を与えるようなふるまいやコンタクトをすることが大切となります。

 

 

婚活になれていない場合は、結婚相談所のカウンセラーからアドバイスを受けながら魅力的なアプローチをするためのテクニックを磨きましょう。とくに、自己紹介で自分の職業や学歴からアピールする男性は、自信のある職業であることが多いためポイントが高くなります。

 

 

高収入の職業で働いている男性と出会うためには、自分が希望条件とする「医師」「弁護士」「経営者」といったジャンルについて基本的な知識を得る努力をすることをおすすめします。

 

 

婚活イベントの場で話すことはなくても政治や経済についてトップニュースや新聞の見出し程度の情報は得ておくと会話もスムーズに進めることができるはずです。

 

 

職業も大事だけど、最後は人間性で

 

 

最終的には人間性で判断することにはなる婚活ですが、結婚生活で非常に重要な男性の収入ということでは相手の職業を絞って婚活するのも結婚相手と早く巡り会う近道かもしれません。

 

 

婚活のなかである程度の自信がついてからのほうがよりチャンスをつかめるということもあります。

 

 

まずは職業を限定した婚活イベントに参加してどんな人たちがいるのか肌で感じてから、高収入の職業をしている男性対象で婚活対策を進めてみることをおすすめします。

 

大阪の婚活は関西ブライダル


成婚第一主義 関西ブライダル