公務員の男性と婚活で結婚するための方法!?


「医者」「弁護士」と同様に、婚活で人気が高いと言われるのが「公務員」です。

 

 

公務員には、国家公務員と地方公務員があり、国家公務員には裁判官や自衛官、警察官なども含まれます。他にも消防官や検察官、外交官や救急救命士や教員なども公務員に入ります。

 

 

ただし、婚活を実際に始めてみてわかることですが、公務員で婚活をしている人は意外と多いもの。「公務員と結婚したい」という人も、その“選択肢”の多さに驚くかもしれません。

 

 

しかし、婚活をしている公務員が多いからと言って、楽勝で結婚できる!ということでもないのが難しいところです。それでは、安定が魅力の公務員と結婚するためには、女性は何に気をつければいいのでしょうか?

 

 

公務員の男性に婚活で選んでもらうための秘訣は、どこにあるのでしょうか?

 

 

公務員に好かれるためには「定職」と最低限の「学歴」は必要?

 

 

公務員に好かれるためには、さまざまな条件を満たす必要があります。

 

 

まず、仕事をちゃんとしていること。できれば正社員で働いていることが望ましいでしょう。自身が安定した仕事をしている人は、パートナーにも堅実さを求めることがあります。

 

 

よほどのお嬢様ならば家事手伝いでもいいかもしれませんが、「ずっとブラブラしているだけで、やりたいこともない」という人は選ばれにくいかもしれません。

 

 

水商売の経験者の女性についても、否定的な見方をする人が多いようです。

 

 

また、学歴についてもできれば大卒、少なくとも高卒以上であることを求める人が多いようです。もちろん、学歴がすべてではありません。

 

 

ですが、中卒や高校中退という学歴なのも「勉強が嫌いだから」「学校に行くのが面倒だから」という理由からであれば、マイナスに捉えられるのも仕方ないかもしれません。

 

「転勤に理解のある女性」が選ばれる

 

 

公務員には、転勤が求められる仕事をしている人もいます。

 

 

地方公務員の場合にはまだしも、国家公務員の場合には引っ越しが必要になることも多いよう。ですから「東京から離れたくない」「自分の実家のそばで暮らしたい」という女性は、地方公務員の人とは相性が悪いかもしれません。

 

 

「自分の仕事を大事にしたい」「やめたくない」という女性も同様です。

 

 

「清潔感」「清楚さ」「マジメさ」が求められる

 

 

公務員の男性に限りませんが、女性に「清潔感」「清楚さ」「マジメさ」を求める傾向が強いともいえます。

 

 

派手なファッションを好む女性や、金髪に染めていたりタトゥーを入れていたりする女性は、公務員から選ばれにくいかもしれません。

 

 

公務員限定の婚活パーティーに行こう!

 

 

では、どこに行けば公務員と出会えるのでしょうか?

 

 

まず、公務員限定の婚活パーティーやイベントに参加してみることをおすすめします。最近では、公務員の参加を歓迎している街コンなども人気です。

 

 

こういう限定婚活パーティーならば、さまざまな職業の男性のなかにいる公務員の男性をわざわざ狙う必要がありません。選択肢が広がるでしょう。

 

 

ただしこういう場所でもハイスペックの男性は取り合いになりますから、参加女性も気合いを入れて挑むことが求められます。

 

 

さらに、パーティーやイベント自体の予約も早めに行うことをおすすめします。人気のあるイベントやパーティーは予約が取りにくくなると言われていますから、行きたい!と思ったらすぐに行動しましょう。

 

 

しかし、公務員限定の婚活パーティーであったとしても、そこでの振る舞いに求められるのは、他のパーティーと同様です。

 

 

「年収などをしつこく聞きだそうとする」のはどの男性にも嫌われますし、「公務員と結婚したい」という面を強調しすぎて「公務員なら誰でもいい」ように思われてしまうと損です。

 

 

まずはお互いの趣味や休日の過ごし方、恋愛観や結婚観などを楽しくおしゃべりしながら、相手との距離を縮めていきましょう。そうすることで、より相手に意識してもらいやすくなるかと思います。

 

こちらはあくまで私の意見ですので、上記が全てではありませんのでご了承ください。

 

大阪で婚活アドバイザーに相談するなら関西ブライダル!


成婚第一主義 関西ブライダル