今さら聞けない婚活のリアルな実態について


「早く結婚したい!」と思ってスタートする婚活ですが、なかなか人には聞きにくい事も多いですよね。

 

 

現在は結婚相談所や婚活サイトの内容も充実しており、これらを通じて結婚したというカップルも少なくありません。一方で、職場で出会った人や学生時代からの繋がり、婚活を意識していない飲み会などでの出会いで人生の伴侶を見つけたという人の方が未だに多いのも現実です。

 

 

そこで、今さら聞けない婚活のリアルな実態について、こっそりお知らせします。

 

 

30代からの婚活はスタートが遅いって本当?!

 

 

婚活を始める人にとって、まず1番に気になるのは「年齢」ですよね。

 

 

日本は晩婚化が進み、男女共に初婚年齢が30歳前後となっています。実際に結婚相談所や婚活サイトに登録する人の年齢も、25歳頃から少しずつ増え始め、30歳前後に初めて紹介所に登録したという人も少なくありません。

 

 

ですが、実は30代からの婚活は、少し厳しい現実も待っています。というのも、特に女性に挙げられるケースとなりますが、結婚後に子供を望む男性側から少しでも年齢が若い女性と結婚したいという希望があるそうです。

 

 

見た目も若くパワフルな30代女性が増えている一方で、医学的には35歳を超えると「高齢出産」といわれます。

 

 

妊娠や出産は女性にしか体験出来ない尊い行為ですが、可能な限りリスクは減らしたいと考える男性が多いのも現実です。ですので、婚活を始める年齢は若いうちの方が、出会いの数も男女共に多くなります。

 

 

婚活をアピールしすぎると人はひくの?!

 

 

結婚相手を求めるために行動を起こす婚活ですが、あまりがっつきすぎるのも逆効果です。

 

 

例えば、もしあなたが、特別な感情を抱いていない異性の友達から積極的に今後の将来設計や将来は子供が何人位欲しいかなんて会話をされたとします。最初の1回は話のネタかなと思って受け流す人も多いでしょう。けれどもこのような会話が何回も続くと、正直重たいと感じてしまう人が多いですよね。

 

 

婚活中には、思わず気になる異性に対して年収や家族構成といったプライベートな情報を聞きたくなりがちです。つい「私婚活中ですアピール」の度が過ぎてしまうと、性別を問わずひいてしまう心理が働くそうです。

 

 

男女ともに、結婚相手に求めるスペックは「配偶者として一緒に家庭を築き上げられるか」が1番だそうです。婚活中からあまりに自己主張が強すぎると、敬遠されてしまう現実があります。

 

 

婚活は質より量をこなすとGOOD!?

 

 

結婚相手に求めるスペックは、もちろん人それぞれ違います。

 

 

そこで、婚活を意識せずに結婚が決まった女性と、婚活中の女性それぞれに結婚相手に求める条件を提案してもらいました。すると、婚活中の女性は、婚活を意思せずに結婚が決まった女性よりも、多くの条件を掲げたのです。

 

 

特に顕著なのは、年収です。婚活中、多くの人は出来れば高収入な人と結婚したいと願っています。願望は大いに判るのですが、現実問題として、高収入かつ高スペックな人は、早いうちに意中のお相手とすでに結婚しているというケースがほとんどです。

 

 

そんな中で婚活サイトやパーティーに高スペックな人が登場すると、まさに参加者同士で取り合いのような事も十分に起こりえます。

 

 

運命の結婚相手を見つけるためには、まずは相手の「質」よりも、多くの人と出会う事がポイントです。たくさんの人と出会い、その中でも「質」が高く、自分の理想に近い人と最終的には結婚というゴールに辿り着くことが婚活の理想系です。

 

 

まとめ

 

 

今回は少し手厳しい意見が多めな婚活の現実についてお伝えしました。

 

 

冒頭に30歳以上の婚活は厳しいとお伝えしましたが、結婚相談所や婚活サイトでは、30代以上向けを対象とした出会いの場やお見合いパーティーなども定期的に開催しています。

 

 

現代では30代になって初婚という人も増えています。ですので、年齢もプラスに捕らえ、より多くの人と出会う事が婚活では重要なポイントになります。

 

30代の婚活


成婚第一主義 関西ブライダル