アラフォーが陥りがちな婚活の落とし穴について


アラフォーになると、周囲ではすでに一度は結婚を経験している人も増え、家庭を築いている人達も増えている世代ですよね。

 

 

周囲がそれぞれの家庭を築いている中で独身貴族を貫くと、周囲からも「まだ結婚しないの?」なんて声をかけられて落ち込むことが多いのもアラフォー世代です。

 

 

しかしながら、過去を少しだけ振り返ってみてください。アラフォーの人達も、これまでの恋愛などで、少しでも「この人とは結婚しても良いかな。結婚出来るかも!」と感じた経験もあるかと思います。

 

 

仕事もキャリアを積み恋愛もキャリアを積んでいるアラフォー世代。知識と経験は豊富なのに、なかなか婚活がうまくいかない原因や、特にアラフォー世代が陥りがちな婚活の落とし穴について紹介します。

 

 

アラフォーの婚活は氷河期と心得よ!

 

 

まずはアラフォーの皆様に対して、厳しい婚活事情をお伝えしなければなりません。

 

 

アラフォー世代の皆様は、いわゆるバブル世代の恩恵を少なからず受けた人もいるでしょう。そしてその後に待っていた就職氷河期時代も経験した人もいますよね。

 

 

まさにアラフォーは、婚活市場でも氷河期世代真っ只中にいるのです。

 

 

アラフォーといえば、年齢としては36歳から45歳くらいまででしょうか。

 

 

同じアラフォーでも、36歳と45歳を比較したケースでは、圧倒的に36歳の方が有利に話が進むケースも多いのです。結婚と切っても切れない「年齢の壁」を特に感じるのは、アラフォー世代に多いそうです。

 

 

アラフォーが婚活で陥りがちな「若く見える」現実

 

 

では、アラフォー世代が実際に婚活を行う上で陥ってしまいがちなミスポイントをお伝えします。まずは見た目に関してです。見た目が美しい・美しくないという意味ではなく、アラフォー世代のなかでは、なぜか婚活中に「若く見られるんですよ」なんて言葉を自ら話す人が多くいます。

 

 

こう言われると、お相手は「そうですね。若く見えますよね。」と社交辞令で返すしかありませんよね。

 

 

では実際に見た目だけ若いとしても、実年齢を変える事は出来ません。

 

 

ですので、若く見える人と実際に若い人で婚活相手が天秤にかけた時には、年齢の若いパートナーを選ぶ人が圧倒的に多くなります。

 

 

アラフォーの婚活は条件の見直しも

 

 

アラフォー世代は、結婚相手にとかく肩書きを求めてしまいがちです。

 

 

例えば仕事や年収など生活に直結する内容から、身長や体重といったビジュアル面、加えて家族構成や実家暮らしの有無など、相手に求める条件がとても高くなる傾向が強いそうです。

 

 

けれども、婚活相手に求めるこれらの「肩書き」に、すべて当てはまる人は果たして何人現れるのでしょうか。しかも自身が譲れない条件を出すのであれば、婚活相手も同じくらい高いハードルという名の条件を提出してきます。

 

 

婚活で大切なのは、肩抱きよりもまずは出会いです。少しでも多くの縁と恵まれるように、相手に求める条件も緩和すると良いですね。

 

 

アラフォー婚活のまとめ

 

 

アラフォー世代が婚活を進める上で、実際の出会いよりも相手の「肩書き」で人を選んでしまう人も多いそうです。

 

 

確かに一緒に生活を送るパートナーを見つける婚活では、勤務先や収入や資産が気になってしまうのも仕方がないことです。

 

 

けれども、あまりにも相手に対して高スペックな条件ばかりを並べてしまうと、出会いのチャンスごと無くなってしまう事もあるのです。

 

 

欲張り過ぎると良いことはありません。「腹八分」とは良く言ったもので、これは食べ物だけにあてはまるものではなく、逆に婚活の為にあるような気がしてきはしないでしょうか?

 

 

まずは出会いのチャンスを増やすこと。そして素敵な人と出会い、将来設計を考えられる生涯のパートナーとぜひめぐり合ってくださいね。

 

30代の婚活

 

40代の婚活


成婚第一主義 関西ブライダル