お見合い後のメールのやり取りのポイント!例文もご紹介


仲人さんや結婚相談所を介したお見合いでは、後日OKかNOかのお返事を担当の方に伝え、お互いにOKだった場合に初めて連絡先交換をすることになります。

 

良いお返事をいただき、カップルとなれたら嬉しいですよね。

 

でも、ここからが本番です。

 

お見合いだけではまだお互いのことをあまり知らない状態なので、デートを重ねて仲を深めていく必要があります。そのためにも、まずはメールを送ることからスタートしましょう。

 

<目次>
1. お礼のメールを送ろう
2. お相手からなかなかメールが来ない時
 2.1 3日後にもう一度メールを送る
 2.2 根気良く待つのはNG
 2.3 仲人さんに相談する
3. 婚活メールの頻度
4. 女性からメールしてもOK
5. こんな内容のメールでデートに誘おう
 5.1 短いメールが好印象
 5.2 お相手の名前を入れる
 5.3 メールの件名を入れる
 5.4 お相手が返信しやすいように1~2コ質問をする
6. こんなメールはNG
7. メールでお断りをしたい場合
8. まとめ

 

お礼のメールを送ろう

 

連絡先を交換したら、まずはお見合いのお礼をしましょう。連絡は早いに越したことはありません

 

自分のために時間を割いてくれたお礼、「お会いしてよかった」、「また会いたい」という気持ちを伝えられるといいですね。

 

■例文
 

先日はどうもありがとうございました。○○さんとお会いできて、とても楽しい時間を過ごすことができました。もっと色々なお話をして、○○さんのことを知れたらと思っています。

 

先日は○○さんと楽しくお話することができて、嬉しかったです。ありがとうございました。私は○○さんの○○なところが素敵だと思いました。ぜひもう一度お会いしたいです。

 

まずは電話で連絡することもあるかと思いますが、その際は仲人さんから連絡して良い時間帯などをお伺いして電話するようにしましょう。
 
メールは時間帯をあまり気にしなくて良い点と、緊張して電話で伝えられなかったことを改めて伝えるのにも適しています。

 

お相手からなかなか返信メールが来ない時

 

緊張して送った初メール…だけど、お相手からなかなかメールが来ない…となると、不安になりますよね。メールをやり取りする中で、お相手のお返事が遅いと悩んでしまう方も多いようです。

 

メールが遅い原因としては、お仕事が多忙だったり、体調を崩されていたりということがあるかもしれません。また、メールの文面を慎重に考えているうちに時間が経ってしまったという方もいらっしゃいます。

 

『仕事が終わって夜メールしようと考えているうちに遅くなってしまい、結局送れなかった…』

『朝はバタバタしていて余裕がないし、1日仕事で帰ってくるのも遅くなってしまった』

といった感じです。

 

でもそのまま待っているだけでは、せっかく出会ったお相手と自然消滅してしまうかもしれませんので、行動に移しましょう。

 

3日後にもう一度メールを送る

 

メールのお返事が来ないからといって、1日に何通もメールを送るのは良くありません。でも3日経ってもお返事が来なかったら…もう一度メールを送ってみましょう。

 

その際はお相手を責めるのではなく、気遣う言葉を忘れないでくださいね。

 

■例文
 

先日のメールは届いていますでしょうか?お返事をいただけていないので、心配しています。お仕事が忙しいのでしょうか?お体には気を付けてくださいね。お時間のある時にご連絡いただけると嬉しいです。またお話しましょう。

 

根気よく待つのはNG

 

再度メールを送るのは気が引けるし、もしかしたらお相手は心変わりしてしまったのかも…と不安に思う方もいるかもしれません。

 

中には根気よく待ってしまう方もいるかと思いますが、これはあまりおすすめできません。一度OKをいただいているのですから、積極的にプッシュすべきです。

 

万が一お断りされてしまっても、それはあなたがメールを催促したからではありません。お断りされると落ち込んでしまうこともあると思いますが、ずっとモヤモヤしているよりも気持ちがすっきりして次に進むことができます。

 

仲人さんに相談する

 

「悩んでしまって自分からどうメールしたらいいのか分からない」、「毎日気になって仕方がない…」という方は、仲人さんや相談所のスタッフの方に相談して、お相手にそれとなく聞いてもらうのも手です。

 

何か事情があったり、お相手の方もお返事の仕方に悩んでしまっていることもあるかもしれません。

 

初めはぎこちなくても、間に人が入ることで案外スムーズにやり取りが進むこともあるものです。

 

お見合い後のメールの頻度

 

メールでのやり取りをするようになったのはいいけれど、「婚活では、どのくらいのペースでメールしたらいいの?」と悩む方は多くいらっしゃいます。

 

これは人によっても感覚が違いますので、お相手の感覚に合わせるのが一番です。

 

とはいっても初めはそのペースが分かりませんので、1日に1~3回を目安にお相手から返事があったら返すといいでしょう。

 

あまりすぐに返信するのも待ち構えられているようで怖いですが、最低でも3日に1回はメールをしましょう。

 

お昼休みやお仕事帰りにメールをチェックして返事する、というペースがいいのではないでしょうか。

 

女性からメールしてもOK

 

お見合い後のやり取りでは、男性にリードしてほしいと考える女性は多いです。

 

そのため途中で連絡が途切れがちになってしまった場合、「女性から連絡してもいいものか…」と悩まれる方もいらっしゃいます。

 

「ガツガツしているように思われないか」、「面倒くさがられないか」と心配されるのですが、ここは女性からメールしてもOKです。

 

お相手の男性は奥手で積極的になれないだけかもしれませんし、お仕事が忙しいだけかもしれません。

 

そんな時に女性から心遣いのあるメールが届いたら、嬉しいものですよ。

 

こんな内容のメールでデートに誘おう

 

ここでは例文も交えながら、お相手に好まれるメールについてお伝えします。

 

お見合い後のメールでは丁寧なメールが好まれます。堅苦しい言葉使いをする必要はありませんが、OKのお返事をいただいたからといって急に慣れ慣れしくなったり、タメ口を使ったりするのはやめましょう。

 

また、二人の仲を深めるためにも、1週間後くらいを目安に次のデートの約束をするようにしましょう。

 

短いメールが好印象

 

いろいろと考えるあまり、いきなり長いメールを送ってしまう人がいらっしゃいます。しかし長いメールは読むのも大変ですし、自分だけ数行しかないメールを送るのも気が引け、返信するのも一苦労です。

 

一言だけではさびしいですが、メールは数行で十分。長いメールを送るよりも、短いメールを1日に数件送り合う方がお相手も気楽にあなたと向き合えます。

 

お相手の名前を入れる

 

メールの中でお相手に語りかけるように、お相手の名前を入れると好印象です。実際に会った時は照れくさくてなかなかお名前を呼べない人も、メールならどうですか?
 
簡単にできることなので、恥ずかしがらずにやってみましょう。

 

メールの件名を入れる

 

メールの件名に迷う方は多いですが、あなたは件名を空欄にして送っていませんか?

 

特に初めてのメールでは、「こんにちは、○○です」、「先日はありがとうございました。○○(名前)」のように自分のお名前も入れると分かりやすいです。

 

「先日は楽しかったです」「○日は空いていますか?」など、一言分かりやすいタイトルをつけるといいでしょう。

 

お相手が返信しやすいように1~2コ質問をする

 

「おはようございます。今日はいい天気ですね。」

のように、今日の天気のことや自分の近況報告のメールをする人がいらっしゃいます。

 

二人の仲が深まれば他愛のないメールも楽しいものですが、あと一歩足りません。

 

お見合い後のメールでは、お相手が返信しやすいように1~2コデートにつながるような質問をするといいでしょう。

 

その際、“今度”ではなく自分の予定をしっかりと伝えたり、デートプランの候補を具体的にあげたりすると約束を取り付けやすいです。

 

■例文
 

こんにちは、今日はいい天気ですね。私は忙しかった仕事がやっとひと段落つきました。今度の土日のご予定はいかがですか?一緒にランチでも行けたら嬉しいです。○○(場所)あたりはいかがでしょうか?

 

今日もお仕事お疲れさまです。いつもお忙しそうですが、今日はゆっくり休んでくださいね。明日は○○さんとお会いできるの楽しみにしています。よろしくお願いします。

 

こんばんは、今日は○○さんとお食事ができてとても楽しかったです。もっと○○さんのことを知りたくなりました。今度は、お話していた○○に行ってみませんか?私は、週末は○日と○日が空いています。

 

婚活後はこんなメールはNG

 

ここではやりがちだけどあまり印象の良くないメール、お相手が困ってしまうメールをご紹介しますので、チェックしてみてください。

 

・ビジネスっぽくて堅苦しい

ビジネスっぽい定型文や堅苦しいメールだと、気持ちや人柄が伝わりにくいです。
 
・改行がなく読みづらい

お相手のことを考えて、読みやすいメールを送りましょう。
 
・文章が長すぎる

メールは短くてOK。長すぎると重く感じてしまうことも。
 
・絵文字が多い

笑顔やハートが多いと読みづらかったり、引いてしまうことも…。
 
・非常識な時間に送る

メールとはいえ送る時間は考えて!早朝や深夜は控えましょう。
 
・単なる近況報告や挨拶メール

二人のペースができるまでは、おはようメールやおやすみメールが毎日来ても困ってしまいます。
 
・返信がないのに頻繁に送る

お相手のペースを無視して送るのは良くありません。相手の気持ちも考えて!
 
・ネガティブな内容

疲れた…、仕事が大変だった…など、ネガティブな内容や愚痴はご法度です。

 

メールでお断りをしたい場合

 

お見合い後にメールでやり取りをしたりデートを重ねたりするうちに、「やっぱり少し違うかも…」と感じることがあるかもしれません。

 

そんな時はメールでお断りを考える方もいるかと思いますが、お見合いをしてお互い好意を持ち、真剣に結婚を考えてお話を進めていたお相手です。ここは誠意を持って、直接お会いして伝えましょう

 

その上で、最後にメールでも一言これまでのお礼を伝えてはいかがでしょうか。

 

中には自然消滅となるように一方的にメールを止めてしまう方もいるようですが、それはとても失礼でお相手を傷つけることでもあります。

 

「どう伝えたらいいか分からない」、「気まずいな…」と思う時は、仲人さんや相談所のスタッフの方を通して気持ちを伝えるのもひとつですよ。

 

まとめ

 

メールはお互いの仲をより深めるために必要な、とても便利なものです。

 

お見合いでOKをいただいたとしても、まだまだこれからお互いを知っていきましょうという段階。

 

失礼のないように気を付けながら、お相手のペースに合わせてメールをしていきましょう。

 

そして、デートを重ねて二人のペースが出来てくると、他愛のないメールもとても楽しく、欠かせないものになっていくでしょう。

 

関西ブライダルでは、お相手のご紹介だけでなく、お見合いに同席したり交際中の相談にも親身に対応しております。

 

「迷ったり困ったりした時…相談する相手がほしい!」という方は、無料相談も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お見合い後のやり取りなどのご相談もOK!関西ブライダルの婚活は…ココが違う!!


成婚第一主義 関西ブライダル