お見合いでいい印象を与えられる写真の撮り方


お見合い写真というと、「成人式の時の写真」というイメージがあるかもしれません。しかしながら、昔ながらのお見合いならまだしも、結婚相談所やネット婚活時に提示する写真が成人式のものだと、明らかに浮いてしまうことでしょう。

 

婚活に使用する写真は、どんなものがいいのでしょうか?

 

お見合い写真は「プロに撮ってもらう」のがおすすめ

 

婚活やお見合いの時に使用する写真も、プロにとってもらうのがもはや常識とされています。自撮り写真などと比べると、その差は歴然。スタジオで撮影してもらえるうえ、機材なども揃っています。値段も、1万円程度から撮影できるスタジオもあり、お手軽にチャレンジすることができます。

プロに撮影してもらうことで、「私は本気で婚活に取り組んでいます」という相手へのアピールにもなります。

 

婚活専門の写真スタジオもありますので、そういう場所を選ぶと予約や撮影もスムーズです。場合によっては、簡単なヘアメイクなどのサービスがつくところもありますので、興味がある人はぜひチャレンジしてみて下さい。

 

ただし、気を付けたいのがフォトショップなどを利用した修正です。お肌のシミやシワを飛ばしたり、顔色を明るくしたりする程度の修正ならば、常識の範囲内です。しかし、あまりに修正をしすぎてしまい、「目をぱっちり大きくする」「顔の輪郭を変える」ところまでしてしまうと、実際に会った時に「えっ、この人は誰?」とガックリされてしまう可能性も否定できません。

やりすぎは厳禁です。

 

お見合い写真は笑顔で撮影しよう

 

お見合い写真をプロに撮ってもらう場合でも、自分で用意する場合でも、大事なのは「笑顔」であること。ムッとしたような顔や、無表情なのはあまりにも味気ないものです。愛嬌があってニコニコしている人のほうが「結婚しても楽しい家庭を築けそう」とイメージしてもらえるのです。

笑顔を作るのが苦手な人でも、口角を上げ、柔らかい印象で写真に写るようにしましょう。

 

写真撮影時、服装はどうすればいい?

 

写真撮影の時には、どんなところに配慮した服装にすべきなのでしょうか?

男性はスーツがいいでしょう。あまり暗めの配色ではなく、ネクタイなどで明るめのカラーを取り入れることをおすすめします。

女性の場合には、逆にカッチリしたスーツはおすすめできません。リクルートスーツや、色の暗い黒や紺の服などは避けましょう。明るいカラーのほうが、顔色を明るく見せることができます。

 

自分で撮影する場合には、背景にも注意

 

自分で撮影する場合には、服装だけでなく、背景にも気を配りましょう。たまに自宅で撮影している人がいますが、「カーテンや壁紙が汚く、不潔な印象しかない」「後ろに洗濯物があって、生活感が漂っている」など、映り込みには注意すべきです。

また、あまりに暗すぎて、撮影されている人物だけがフラッシュライトに照らされ、ぼんやり闇から浮かび上がっている……というホラーな写真に仕上がっている場合もあります。昼間に撮影するか、ちゃんと照明がつくところで撮影しましょう。

 

スナップ写真も評判はいい!

 

スタジオ撮影、もしくは自分で撮影した写真を使う人も多いですが、スナップ写真も婚活やお見合いに利用できます。

たとえば、アウトドアやスポーツを楽しんでいるような写真は、「私も登山、好きなんです!」「スポーツ観戦が好きな人と結婚したい!」と、相手との会話のきっかけになったり、アピールになったりすることがあります。また、アウトドアに出かける趣味があるというのは、それだけアクティブであることの証。健康的なイメージを抱いてもらいやすいのです。

 

しかしながら、あまりおすすめできないのが結婚式の写真。ちゃんとした写真ならまだしも、「顔が真っ赤」「明らかに泥酔している」写真は、マイナスイメージとなります。

 

お見合い写真においては「自分がキレイに見える写真」よりも、「優しそうに見える写真」「相手の親に見せられても恥ずかしくない写真」を目指した方がいいでしょう。


成婚第一主義 関西ブライダル