『出会って3ヶ月で結婚なんか決められない!』優柔不断な彼女がお見合い結婚できた理由


お見合いをすると決めた時、不安なことは何ですか?お断りされて傷つくことでしょうか?でも、お見合いじゃなくても振られるという事はありますよね。今回は、お見合いで結婚した女性の体験談をご紹介いたします。お見合いをすると決めたけれど、不安で胸がいっぱいだった彼女。そんな彼女は、どうやってお見合いから結婚まで至ったのでしょうか?

 

お見合いを決めたけれど、不安だったこと 

 

私の場合不安だったのは、お見合いならではのルールに馴染めるかということでした。

 

見知らぬ男性にプロフィールを見せて、値踏みされる(お互い様ですが)恥ずかしさもありました。でも、それよりも不安だったのは、短期間で結婚するかどうか決められるかどうかということでした。

 

今回は、優柔不断な性格の私が、お見合いで「決断」をするまでの体験をお話ししたいと思います。

 

お見合いは、結婚するかどうか短期間で答えを出す必要がある?!

 

お見合いならではのルールがあるとすれば、「結婚前提」のお付き合いをして「比較的短期間で答えを出す」というところですよね。私たちの親世代までは、社会人がお付き合いするということは、基本的に結婚前提が当たり前という方も多かったのでしょうが、最近はそうとも限りませんよね。

 

自分は結婚を前提として付き合っているつもりだったのに、相手はそうではなかった・・・そんな苦い経験を持っている人も多いのでは?そういう意味では、「お見合い」は結婚する気になれないなら速やかにお断りするのがルールですから、婚活する身としては有難いシステムです。

 

でも、短期間で答えを出さなければならないというルールに、私はなかなか馴染めませんでした。「どうしてもムリ!」という人は初対面でお断りするとして、「わりといい人だな~」という印象から「この人と結婚しよう」と決めるまでだいたい3ヶ月ぐらい・・・。

 

優柔不断だと失礼だし、かといって決断できない・・・。考えすぎて、結局お断りしてしまうことが何度もありました。

 

正直に気持ちを言ってみたら・・・

 

決断できずにお断り・・・でもそれでよかったのかな?お見合いに向いていないのかな?そんな悩みが頭を悩ます日々が続きました。それで、思い切って正直に気持ちを言ってみる事にしたんです。

 

「あなたのことはとてもいい人だと思うし、今のところ合わないと感じる事はないけれど・・・今すぐに決断することが出来ません。ごめんなさい。」と。それで、「じゃあ、これでお別れですね。」と破談になる事もありました。

 

でも、意外と相手も同じような感じだったりして、「じゃあ、もう少しお付き合いしてみましょう」と言ってくれる人もいたんです。無理に決断を迫る人とはご縁がなかったと思うことが出来て、スッキリしました。

 

それからは、躊躇なく自分の気持ちを話すようになりました。よく考えたら、悩んでいることを正直に言えない相手と幸せな結婚生活を築くことなんてできませんよね!どうして、そんな当たり前のことに気付かなかったのか不思議です。

 

「結婚は勢い」って本当なんだ!

 

よく「結婚は勢い」という人がいますが、それって恋愛結婚だけの事だと思っていました。でも、違ったんです。お見合いでもやっぱり勢いというか、流れというか、そういうものはありました。

 

「あ、この人と結婚するかも」となんとなく思っていたら、特に悩んだり決断したりした記憶もなく、気が付いたら結婚する事になっていました。不思議なものですね。

 

そして、結婚することを決めてから、お相手の仕事とか家族関係とか食生活の好みなどを教えてもらうという、普通ではありえない順序でお相手の事を知っていきました。

 

でも!不思議なことに、知れば知るほど理想通りの人だったのです。それは、お相手にとっても同じだったらしく・・・結婚してからもお互いに「あんなに適当なリサーチしかしなくて、よく結婚決めたよね」「でも、結婚して困ったことなんかないよね」と、言い合っています。

 

ちなみに、結婚を決めたのは初めて会ってから1ヶ月と経っていませんでした。

 

まとめ

 

直観を信じても、慎重になっても、どちらでもいい。お見合いを何度もして私が思ったことは、直観を信じるのが正解ということ。でも、直観を信じることが出来たのは真剣に慎重に悩んだ時期があったからだと思います。

 

今、お見合いをしようと思っている人には、是非大いに悩んでくださいと伝えます。悩んだ分、出会えた人を大事にしようと思えますから。


成婚第一主義 関西ブライダル