「寂しいから結婚したい・・・」そんな方に結婚のメリットとデメリットをご紹介


「寂しいから結婚したい!」と、望んでいる方もいるでしょう。寂しいから結婚したいというのも、婚活を始める理由のひとつになるかもしれません。

 

ただ、ほかにも結婚にはさまざまなメリットとデメリットがあります。あとで「失敗した・・・」とならないように、結婚のメリットとデメリットとしっかりと理解しておきましょう。
 

結婚のメリット1:パートナーと一緒に色々な経験ができる

 

結婚して夫婦になると、これまでの一人暮らしや実家暮らしから、二人での生活に変わることが多いと思います。動物好きの二人なら、ペットを飼って二人で可愛がることもあるでしょう。また、日々の家事を分担する事・一緒に買い物に行く事・協力して貯金をする事なども挙げられます。

 

これまで一人でしていたことを二人ですることに、新鮮味を覚えることもありますし、自分一人ではしなかったようなことをしたり、行かなかったようなところへ行ったり、自分の視野が広がるということもあります。パートナーと一緒に色々な経験ができることは、結婚のメリットのひとつでしょう。

 

結婚のメリット2:自分自身の家庭を持てる

 

自分自身の家庭を持つということに、いい意味での責任を感じ、より毎日に張り合いが出るという場合もあるでしょう。自分と結婚相手と二人だけで年を重ねていく家庭も考えられますし、そこに子供や祖父母・ペットなどが加わることもあるかもしれません。

 

結婚生活が長くなると、さまざまなトラブルなどが発生する場合もありますが、そういったことを乗り越えて、色んな経験を積み重ねてきた“家族”に感慨深いものを感じることもあるかもしれません。

 

結婚のメリット3:結婚に対するプレッシャーが減る

 

周囲から「結婚はまだか」と言われ、プレッシャーを感じている方もいるでしょう。そうしたプレッシャーが、結婚したことで消えるのはメリットでしょう。

 

ただ、結婚したことで、今度は別の種類のプレッシャーが掛かる場合も有り得るので、ご注意ください。例えば、結婚してすぐに、周囲から「子供はいつ?」などと聞かれ、圧力を感じてしまうというケースもあります。

 

結婚のデメリット1:対人関係のトラブルが起きる場合がある

 

結婚によって、対人関係のトラブルが起きてしまうことがあります。例えば、義理の両親や家族との関係です。義理の両親と上手くいかない、頻繁に会う機会があり苦痛、同居がつらいなど、相応のストレスが溜まる事も考えられます。

 

さらにそんな時、パートナーが自分の味方に付いてくれず、寂しい思いをしたり、不満を持つケースもあります。それが原因で、結婚相手とトラブルになってしまうこともありますので、結婚相手本人のことではありませんが、「お相手の両親とは上手くやっていけるのか?」ということも意識するといいでしょう。

 

結婚のデメリット2:自分だけの空間・時間・金銭が減る

 

独身時代と比較すると、自分だけの空間・時間・金銭が減ってしまうことが多いです。例えば、部屋の間取りがLDKと寝室のみで、一人一人の部屋を持てない場合もありますし、一人暮らしが長かった人は、インテリアを自由に決められないことに不満を覚える人もいるかもしれません。また、部屋での過ごし方について、これまで当たり前だと思っていたことが、結婚相手にとっては当たり前ではなく、アレコレ言われることがあるかもしれません。時間や金銭についても、一人で旅行に行くことが好きだったけれど、結婚してからは行くことが難しくなってしまう場合も考えられます。

 

これまで一人で決めてきたことを二人で楽しめる余裕があれば良いのですが、もし、まだ自分だけの空間・時間・金銭がたっぷり欲しい場合は、よく結婚は考えた方が良いかもしれません。

 

結婚のデメリット3:家庭外で異性と交流するのは制限される

 

独身で恋人もいない方は、異性とデートに行っても特に支障はないでしょう。しかし、結婚してからはそういうわけにはいきません。また、場合によっては異性と出掛けること自体を慎むパターンもあります。そのため、不特定多数の異性との交流を楽しみたいと思っている方は、結婚したことで好きに出かけられなくなり、不満が溜まることも考えられます。

 

まだまだ遊びたい、いろんな人とデートを楽しみたいと望んでいる方は、結婚は時期尚早でしょう。

 

まとめ

 

「一人で寂しいから、結婚したい」と、結婚を急いでしまうと、せっかく結婚してもストレスのある生活を送ることになってしまう可能性があります。

 

結婚にもメリットとデメリットがあります。それを確認した上で、本当に結婚したいかどうか、結婚生活を楽しめるかどうかを検討するといいと思います。そして、本当に「結婚したい」と思ったら、積極的に婚活をスタートさせましょう。


成婚第一主義 関西ブライダル