婚活に疲れたアラサー女性の世知辛い現実と夢見る理想のパートナー



アラサーになると、急に「結婚」の2文字に焦りが

 

imasia_15480423_M

女性の結婚には「30歳の壁」があると言われています。最近の日本では、アラサーって言葉も定着していますよね。

 

 

具体的には、アラサーは25歳~34歳くらいまでの「Around(アラウンド)30」を略してアラサーと言われますが、だいたいは30歳前後になると自分自身もアラサーだからなんて口にする女性が増えてきます。

 

現在の婚活ですが、スタートが早い人では10代後半からすでに結婚を視野に男性とお付き合いをしている女性も多いそうです。

 

 

アラサー世代だって、学生時代には爽やかで甘酸っぱい青春を過ごした人も実際には居ます。決してドラマや漫画のようなドラマティックな展開でなくても、ごくごく平凡に素敵な恋を育んだ経験を積み、加えて仕事をこなして社会人としても荒波に揉まれて成長した世代です。

 

 

そんなアラサー世代ですが、なぜか「結婚したいのに結婚できない」人も多いという、世知辛い現実が待っています。

 

 

結婚できない理由は高すぎる理想が原因かも

 

 

恋愛も仕事も、そこそこの経験を積んで酸いも甘いも判ってきたアラサー世代が婚活を本格的にスタートすると、まるで就職活動のようにお相手の事を調べますよね。

 

 

勤務先はどこか、年収はどこか、親と同居しているのか、結婚すると同居の可能性があるのか、兄妹がいるのか、将来は介護の必要性があるのかなどなど、探偵顔負けに調べる人も少なくありません。

 

 

「知らない方が良いこともある」「勢いに任せて進んでしまった方が、結局は良い結果に終わる」という事はよくあることですが、こと婚活(それもアラサーの婚活)に関しては特にこの格言(?)が当てはまるのかもしれません。

 

 

色々な経験や知識で武装してしまうと身動きがとれなくなってしまうのは良く分かりますが、「勢い」というものに身を任せるのもある意味正解であるような気がします。

 

 

一生涯のパートナーを見つけるために、つい婚活に力が入ってしまうのも判ります。けれども、あまりに高すぎる理想は、かえって婚活の障害になりかねません。例えば、年収も人柄も上々、話もはずみ、一緒にいて心地よいお相手が見つかったとします。

 

 

しかしながら、結婚後は親との同居が必須と言う条件を突きつけられると、結婚はちょっと……なんて二の足を踏んでしまう人もアラサー世代には多いのが現状です。

 

 

こんな理想と現実のギャップを繰り返していると、婚活に疲れを感じる人も多く、結果として「しばらく婚活を休んでもいいかな」なんて考え始め、気がつけば「一生独身でもいっか」なんてマイナス思考スパイラルに迷い込んでしまうそうです。

 

 

婚活でアラサーはまだまだ需要が高い世代!

 

 

婚活でも友人が主催する合コンや、インターネット上の繋がりで開催されるオフ会、結婚相談所などに登録して行う本格的なマッチングなど、さまざまな方法がありますよね。

 

 

けれどもアラサーになると、合コンやオフ会では、残念ながら「まだまだ若い」と呼ばれる機会が減ってくる世代です。

 

 

加えて結婚相談所でも、あまりに高すぎる条件を提示すると「少し妥協を……」なんて言葉を濁される事もあります。もちろん婚活をしながら仕事をこなしている人も多いので、恋愛と仕事の間で板ばさみになってパンク状態でもう疲れたと心の中で悲鳴をあげているアラサーも多いのです。

 

 

しかも女性の本心として、結婚~妊娠・出産といったライフスタイル設計を考えると、やはり結婚の「30歳の壁」を意識してしまいますね。

 

 

アラサー婚活では顔で笑って心で泣いてなんて悲しい現実も多く経験している人が多いですが、それらを乗り越えてこそ幸せな結婚が待っています。アラサーはまだまだ婚活市場では需要の高い世代です。

 

 

ぜひアラサーの方もあきらめず、素敵な生涯の伴侶と出会えるためにアクティブに活動を続けて欲しいと思います。

 

大阪の結婚式相談所


成婚第一主義 関西ブライダル