公務員の婚活において注意したいポイント


婚活市場において、人気の職業が存在します。そのなかの1つに公務員が挙げられます。

 

 

公務員と聞くと、世間一般では収入面において安定しており、勤務態度も真面目で誠実と感じている人が多いようですね。加えて公務員の中でも、消防士や教師といった専門職で働いている人に対して、仕事に誇りをもっていると感じている人も多いそうです。

 

 

結婚相談所などに登録すると人気の高い公務員ですが、多くの人がアタックしてくるので、運命の相手を見つけるためにも忘れてはいけない注意したいポイントを紹介します。

 

 

男女ともに婚活で大人気の公務員

 

 

婚活市場において、公務員が人気の高い理由は、1番は収入面の安心感が挙げられます。「おいおい、やっぱり結婚はお金が重要なのか」なんて婚活中の人は思ってしまいますが、婚活は結婚相手をみつけるための活動です。

 

 

生活を共にする上で金銭に関する事柄に興味がないという人は少なく、可能であればより良い収入や安定した収入を好む人が多くいるのも事実です。

 

 

ですので、公務員といえばある程度出勤時間や帰宅時間も定期的であり、かつ収入も安定しています。ボーナスも微妙な増減はあるものの、一般企業のようにいきなりボーナス全面カットというような事態もほぼ皆無なので、将来設計を立てやすいという面でも人気が高いようです。

 

 

収入面での人気の高さをまず伝えましたが、公務員として働いている人のイメージとして、真面目・誠実・努力家といった人物像が浸透しています。ですので、ぜひ結婚相手には公務員が良いと考えている人は、男女ともに多いようです。

 

 

公務員の婚活ではデメリットも伝えよう

 

 

結婚相手としてメリットが多いような印象の強い公務員ですが、働いている本人であればデメリットも多く感じているかと思います。

 

 

例えば配属された部署によっては、残業が多いセクションももちろんあります。イベントなどがあれば休日出勤もありますし、災害発生時などは誰よりも迅速に職場に駆けつけなければなりません。

 

 

このように、一般的にはあまり知られていない公務員のデメリットも、婚活では相手に正しく伝えた方が良いですね。

 

 

実際に出会いから真剣なお付き合いに発展した時に、「なんで公務員なのに残業が多いの?」や「全国に転勤があるなんて聞いてない!」なんて小さなトラブルに発展するケースもあるようです。

 

 

婚活は、あくまで結婚相手を見つけるための活動です。なので、結婚を前提に真面目なお付き合いに発展した際には、ぜひ結婚後のデメリットも相手に伝えましょう。

 

 

公務員特有の仕事を理解出来る人をパートナーに

 

 

公務員が結婚相談所などに登録すると、多くの結婚を希望する人からメールが届くといわれています。男女ともに結婚相手に安定感を求める人が多くなっているので、公務員は婚活市場ではとても人気の高い職業の1つです。

 

 

けれども、一生を添い遂げる結婚相手となると、じっくりと人柄を見て選びましょう。例えば、どのような家庭でも、仕事の愚痴を家庭で漏らすこともありますよね。

 

 

しかしながら愚痴の内容によっては、公務員の特定の職種であれば、家族とはいえ話してはならない「守秘義務」が発生します。加えて家族も、配偶者の仕事内容が気になっても無理やり聞き出すような事があってはなりませんね。

 

 

仕事だけでなく、公務員はプライベートでも横のつながりが強い職業の1つです。

 

 

結婚後、もし官舎などで生活を行う場合は、隣近所との密なお付き合いや食事会といったイベントも待っています。このような家族の仕事柄必要なお付き合いにも対応出来る柔軟なパートナーを選ぶ目を養いましょう。

 

 

公務員の婚活まとめ

 

 

婚活市場では年齢を問わず人気の高い公務員ですから、結婚相談所やイベント型のパーティーに参加すると、高確率で「もっと親しくなりたい」と声をかけられる人も多いそうです。

 

 

もちろん出会いのきっかけにもなりますし、縁が広がるので良いことですが、なかには収入面だけを目当てにアタックしてくる人もいます。

 

 

公務員という婚活市場では強い武器をすでに持っているので、自分の人生においてパートナーに相応しい人をしっかりと選びましょう。そして最終的には、幸せな家庭をぜひ築いて下さいね。

 


成婚第一主義 関西ブライダル