結婚相談所で結婚した人の離婚率が低い理由

「お見合い結婚」は離婚率が低い? それとも、運命の出会いをし、愛し合って結婚した「恋愛結婚」の方がずっと仲良くいられるのでしょうか?

日本の離婚率は非常に高く、全国仲人連合会によりますと、結婚した夫婦の3組に1組は離婚していると言われています。では、結婚相談所を利用しお見合いで結婚した場合と、そういったサービスを利用されずに恋愛結婚した場合では、どちらの離婚率が低いのでしょうか?

実は、結婚相談所を利用して結婚したカップルの方が、離婚率が低いのです。それは、“出会い方”に違いがあります。

結婚相談所とは

恋愛結婚よりも結婚が長続きする理由とは

恋愛結婚の場合、まず「好き」という気持ちから始まるので、実際にはあまり相手のことを知らないまま結婚しているケースも少なくありません。そのため、結婚後に知らなかったことが次々と発覚し、「こんなはずじゃなかった・・・」と落胆、離婚につながるというわけです。

その点、結婚相談所を利用すると、まず「条件に合う」ことから興味はスタートします。その「条件」には、収入や学歴・職種・家族構成・資産など、恋愛過程では徐々にしか知ることができない事柄も多く含まれます。それらを事前に把握し、納得のうえで出会うため、離婚率が低いと考えられます。

また、今や「お見合い結婚は、他人行儀なものだ。」という考え方ではありません。出会い方こそお見合いでも、その後しっかりと恋愛してから結婚されるケースが多いのです。もはや、お見合いや結婚相談所の利用は、「恋愛結婚のプロセス」と考えられていると言えるでしょう。こうして、気持ちの上でも理解しあってする結婚であるため、離婚率の低さにつながっていると言えるのではないでしょうか。

31年の実績がある関西ブライダルにお任せください。

06-6728-8434 電話受付時間:10時~19時 定休日:火曜日

06-6728-8434