田舎で婚活したい!狙い目のイベントは?どんな男性がおすすめ?


東京や大阪では、“婚活”関連のイベントが毎日のように開催されています。

 

 

「婚活パーティー」「街コン」はもちろんのこと、結婚相談所に登録したら出会いに困ることはありませんし、婚活サイトでもいろんな相手とやりとりすることができます。

 

 

しかしながら、都会で暮らすのはもううんざりだ!という人には、「田舎での婚活」をおすすめします。地域活性化を目指して開催される婚活も、実は非常に多いもの。

 

 

地方自治体と協力した地域密着型の婚活に参加することができますから、身元がしっかりしている素敵な相手を見つけることも夢じゃない!

 

 

それでは、どうしたらこのような婚活に参加できるのでしょうか?

 

 

増えている!地方密着型の婚活イベント

 

 

山村や漁村では働く人、つまりは農家の男性や漁師の男性は、なかなか出会いがないとも言われています。そういった男性と出会うことができる婚活イベントは、定期的にさまざまなところで開催されています。

 

 

地方自治体が開催する婚活イベントなども、いろんなところで開催されています。興味がある人は参加してみましょう。

 

 

ただし、気を付けたいのが参加者の数。遠方になると「さすがに参加できない」と参加者も減る傾向にあります。そのため男性陣も参加をキャンセルしてしまい、行ってみたら全然参加者が集まっていないということもあるかもしれません。

 

 

それだけそこで得た出会いは本気度が高いものになるでしょうが、しばらくは遠距離恋愛をしなければいけなくなります。そのこともよく考えておきましょう。

 

 

気軽に参加できるバスツアーや婚活パーティーに行ってみよう!

 

 

都心に住む女性でも気軽に参加できるのは、農業体験バスツアーでしょう。「農業に興味がある男性」「農業をしている男性」と、女性が出会うためのツアーです。

 

 

「いつかは田舎で暮らしてみたい」「農家で働いてみたい」という女性にはぴったりでしょう。女性に求められる条件は「農業に興味がある人」です。

 

 

農家をやります!という気構えがなくとも、まずは興味を持った時点で参加してもいいかもいれません。

 

 

ただし地域密着型の婚活パーティーの場合には、日帰りでは開催できないこともあります。ですから、女性が現地に宿泊しなければいけません。それだけ本気度が試されるとも言えるでしょう。

 

 

また、こちらも各地で開催されている「漁コン」もありますが、こちらは残念ながら漁業体験はできないところがほとんどのよう。

 

 

たしかに、「船酔いになってしまうかも」「船から海に落ちたら、さすがに危ない」といった意見は無視できません。漁師さんとの婚活イベントは、その土地でとれた魚介類をいただきながらの交流会や、釣り体験などを経験できるようです。

 

 

こちらも軽い気持ちで参加してみてもいいでしょう。

 

 

こういった婚活イベントの場合には、やはり「農業や漁業に興味があるのか」「移住してきてくれる意志はあるのか」「家の仕事を手伝ってくれるのか」というところを確認されるでしょう。女性側もこの点を踏まえ、アピールをするのがいいかと思います。

 

 

農家や漁師の男性と付き合い続けるには、「マメ」であるかに注目しよう

 

 

農業や漁業に従事している男性が結婚相手としてふさわしいのかどうかを調べるためには、どういうところに着目すべきなのでしょうか。

 

 

まず、あなたへの気遣いをしてくれているのかどうかを気にしてみましょう。

 

 

「将来的な不安を取り除こう」といろいろ説明してくれる。自分の家業や現地の風習についてきちんと紹介してくれるような男性も、あなたを思いやってくれていると言っていいでしょう。

 

 

地方ですと、地域のつながりが非常に濃くなります。それを知らずに嫁いでしまい、「いつの間にか孤立化してしまった」「ご近所付き合いがうまくいかずに家に引きこもるようになってしまった」ということになっても、時すでに遅し。

 

 

このようなことがないためにも、婚活相手とも密にコミュニケーションをとり、不安な要素を取り除く必要があります。その手間を怠らず、不安なあなたが納得するまで説明して付き合ってくれる男性を選ぶべきでしょう。

 

 

また、こういった職業の男性の共通した特徴は、とにかく多忙なこと!1年を通して休みがとれるシーズンがある農家の方もいらっしゃいますが、多忙な時期は寝る暇もないほどだということもあります。

 

 

そのことをあなたもよく理解する必要があるでしょう。


成婚第一主義 関西ブライダル