婚活に疲れてしまった。どうしたらいいの?


imasia_4828812_M

婚活をしている最中に、『婚活疲れ』をしてしまうのは珍しいことではありません。

 

「素敵な結婚相手を見つけるぞ!」と意気込んで婚活を始めたものの、気になる人からは振り向いてもらえない。お見合いデートの失敗が何度も続いてしまうと、やはり息切れ状態になってしまいます。

「自分には結婚なんて向いていないんじゃないか?」

「そもそも、婚活なんかで素敵な人が見つかるはずない!」

とネガティブな思考も芽生えてきます。

 

 

中には、「悪いのは婚活相手だ!」なんて考えに陥ってしまう人も出てきます。

 

 

■婚活疲れする前に、まずはここに気をつけよう!

 

 

婚活には、いくつかのポイントがあります。

 

 

まず、結婚したいという気持ちをしっかり持つことです。「自分は結婚しなくてもいいと思ってるんだけど、何となく」などと恥ずかしがって本心を隠してしまうと、「遊びで婚活をしているのかな」と相手に思われてしまうこともあります。

 

 

結婚したいんだ!という気持ちをしっかり持ちましょう。

また、結婚相手に対して求める条件を整理しておくことも大事です。

 

 

収入や職業、ルックスやスタイル。趣味や休日の過ごし方、ライフスタイルが合致しているか。あれもこれも欲しい、では婚活はもちろん恋愛でもうまくいきません。

 

 

相手に何を最初に求めるのか、逆に何だったら妥協できるのかを考えましょう。

 

 

■婚活にリミットを設けることで、息切れしないようにする

 

 

さらに、もうひとつ忘れてはいけないポイント。

それが、「婚活にリミットを設ける」ということです。

 

婚活で失敗しがちな人は、「次にもっといい人が現れるかもしれない」という気持ちばかりが先走り、結果としてダラダラ相手を探してしまっていることがあります。

 

 

これでは、うまくいきにくいでしょう。「○年以内に相手を見つける」と自分の中で決め、それまではいろいろな婚活をしてみましょう。婚活においては、いろんな人と同時に出会っても許されます。

 

 

もちろん同時に体の関係は持ってはいけませんが、婚活パーティに参加しながら別の結婚相談所に登録したり、婚活サイトを利用したりするという「掛け持ち」は普通のことです。

※結婚相談所では、身体の関係=成婚となります。

 

 

■婚活疲れしたら、思いきって休んでみよう

 

 

「婚活相手に恵まれず、途中で出会うのに疲れてしまった」「リミットが来ても結婚相手が見つからなかった」場合には、思いきって休止してみるのもいいでしょう。ちょっと休んで、趣味をしてみたり、旅行に出かけてみたり。そういう経験や休息を経て、リフレッシュしてまた新たに婚活に挑んでみるというのもおすすめです。

 

 

■断れても引きずらない

 

 

何より、自分のことを断った人のことをズルズル引きずらないことが大事です。ご縁がなかった人のことをいつまでも気にかけていても、気持ちが落ち込むだけです。疲れのもととなってしまうネガティブな感情は切り捨てて、明るく挑みましょう。

 

 

婚活においても、ポジティブで明るい性格の人は好まれます。「一緒にいたら楽しそう」と思われるのもまた、婚活においては大事なことです。

 

 

婚活に疲れたら、まずはその原因を改善すること。

 

 

そして、あまり気負わずにポジティブな気持ちを持つこと。疲れてしまったら、思いきって婚活を休止してリフレッシュの期間を設けること。そうすることで、婚活が楽しく続けられるのではないでしょうか。

 

 

大阪で結婚相談所で婚活するなら


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。