[アラサー・アラファー女子の婚活] データマッチング型の婚活は若い方が有利は本当?


「婚活するなら、早い方がいい」と結婚相談所の相談員に言われたことがあります。年齢的に焦って婚活を始める人も多い中で、ミもフタもないことを言うなと思ったのですが、実際に婚活を始めて、その意味を痛感しました。

 

そもそも婚活は、結婚したいと思ったときにふさわしい相手がいない状態で始める人がほとんどです。

 

気が付けば周りの友達はすでに結婚していたり、普段の生活で異性との出会いが少なかったりという状況を打開したい!と思った頃にはすでにアラサー・アラフォーというのはよくあることです。

 

それなのに年齢が足かせになるなんてヒドイ!と悔やんでみても、若々しく見せることはできますが、実年齢は操作できません。

 

婚活市場の荒波のなかで、アラサー・アラフォーに近づきつつある女性はどのような婚活が向いているのか、実際に体験した感想をご紹介します。

 

データマッチングは年齢が上がると不利!

 

データマッチング型の結婚サイトやアプリでは、婚活している男性が年齢で検索することが多いです。やはりどの年齢層にも若い女性が人気です。

 

そのため、32歳と36歳では申込み件数自体に大きな差があります。申し込みがあっても、相手の年齢が高すぎる!と感じることも。やはり年齢が上がると、データマッチングは厳しいと感じました。

 

データマッチングでは、女性が男性の収入に厳しくなるのと同じくらい、男性は女性の年齢にシビアです。

 

しかし、真剣に婚活している男性は年齢以外にもプロフィールをよく読んでくれる傾向にあります。

 

趣味や日頃の過ごし方や人柄など、魅力的なプロフィールを作成してみましょう。たくさんの男性に申し込みされるより、結婚後の価値観が合う相手を探すことが大切です。

 

実際に自分の長所が伝わるプロフィールに変えてから、申込み件数が増えました。データマッチング型でもサイト内に日記を掲載できるシステムを備えている場合もあります。人柄を伝えるチャンスなので、積極的に利用してみましょう。

 

データには頼らない!自分で会いに行ってみた

 

データマッチング型はどうしても、年齢による足きりがあるのが現実です。

 

やっぱり、婚活は若さが一番大事なのね…と卑屈になる前に、アラサーこそ年齢だけでは伝わらない魅力はたくさんあると信じて、実際に対面する形式の婚活を試してみることにしました。

 

実際に参加したのは、婚活目的の社会人サークルです。会員の年齢層も30代が中心で、バスツアーや飲み会形式のパーティーなど参加しやすいのも決めてでした。男女ともに初めは1人参加の人も多く、サークルに参加する内に親睦を深めるという趣旨のサークルです。

 

まずは、気軽な飲み会形式のパーティーへ参加しました。合コンやお見合いパーティー程、かしこまっていないフランクな雰囲気で、各テーブル6人くらいで全体で40人くらい参加していました。

 

同じく婚活中の女性とも親しくなり、お互いの婚活について情報を交換できたのも楽しかったです。初めての参加だったので「この人!」とときめく男性はいなかったものの、データ上ではわからない魅力がたくさんある人たちでした。お見合いパーティーでもやはりプロフィールを重視しがちですが、こういったフランクな出逢いもアリ!と思える体験でした。

 

アラサーこそ外に出て婚活するべき!

 

プロフィール重視の婚活では、女性は年齢を重ねると確かに不利と感じます。

 

とくにデータマッチング型の婚活では、男性は女性の年齢で検索するため年齢で足切りされてしまうことも多くあります。マッチング率が悪くなってしまうのです。

 

しかし、実際に対面する婚活であれば、まずは第一印象やフィーリングが重視されます。そこでは、男性が希望していた年齢より多少上であっても、2人の相性さえよければ年齢は大きな障害になりません。

 

35歳を過ぎたら途端に、男性からの申し込み件数が激減した!と感じたら、対面型の婚活を取り入れるのもよいと感じました。

 

結婚相談所が行うパーティーにいってみるのもお勧めです!

 

結婚相談所の婚活パーティはこちら


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。