アラサーの女性が婚活を成功させるポイント


婚活
アラサーといわれる27、8歳になると結婚に焦り始めて婚活を始める人が増えてきます。

 

 

とくに女性はできるだけ早い成功をつかみ取ろうと婚活を必死に頑張っていることも多いはずです。ただ、婚活で大切なことはアラサーとしていまある自分の持ち札をしっかりと見つめていくことです。

 

恋愛相手よりももっと現実的に自分を客観視しながら婚活の現場を分析するといったシビアなアプローチが重要です。

 

 

とくにアラサーの女性が婚活を成功させたいときに考えるべきポイントをまとめてみました。

 

 

細く長く婚活を進めよう

 

 

アラサーで婚活を始める人の多くは、人生に焦りを感じていることが多いようです。

 

 

仕事を始めてようやく会社や職場のことがおおよそわかってきたり、周囲でも結婚する人が増えて「結婚ってこんなものなのかな」と現実を突きつけられる場面を多くなります。

 

 

一方、そろそろ親も年齢を重ねてきて「結婚は?」と口うるさい言葉を聞かされるようになるのもアラサーの頃です。アラサーは若くないわけではありません。いや、平均寿命の80歳を超えた日本ではまだまだ若すぎるほどです。

 

 

婚活という狭い枠の中だけで考えると20代前半で結婚するのが最高の勝ち組のような価値観が一部の方に広がっているだけだと思います。

 

 

結婚を左右するのは最終的に相手との縁なので20代後半、30代前半で婚活を初めても明日婚活を終わらせられるかもしれませんし、何年も相手と巡り会うまでに時間を要する人もいるかもしれません。

 

 

婚活イベントや合コンパーティーといった婚活の場に参加し始めると次々予定を入れてクリアしなければならない気分になるかもしれません。これも焦りの現れです。

 

 

婚活サイトや身近な合コンだけで婚活している人は自分がどのぐらい焦っているのか、行動しすぎているのか客観視しづらいと思いますので、婚活に疲れてきたなと感じたら結婚相談所に登録して担当カウンセラーからプロのアドバイスを受けると新たな気分でアラサーの婚活を進めることができるでしょう。

 

 

婚活にとらわれすぎない

 

 

婚活を始めると、結婚相手を探す場所は婚活イベントや婚活サイトだけという狭い視野になることもあります。

 

 

たしかに、結婚相談所や婚活イベントに参加する人はすべて結婚を意識して参加しているのでムダがなく効率的に相手探しができるのは大きなメリットです。

 

 

しかし、毎日の生活でも新しい出会いもあれば、これまでの知人友人のなかからふと違った魅力を感じることもあるかもしれません。趣味や旅行を通して出会いのあることもあります。

 

 

こうしたようにどのようなかたちであれ相手が男性や女性、既婚や未婚に関わらず広い出会いづくりを気楽に考えることも遠回りのようで確かな婚活の一つです。

 

 

欠点も魅力的に自覚する

 

 

あまりに完璧を目指そうとする婚活女性は多いものです。

 

 

ただ周囲からすると隙のない女性は男性からしてもどうやってアプローチしていいか悩んでしまう対象になってしまいます。

 

 

とくにアラサーの女性には年齢相応のおおらかな部分やちょっとうっかりだなというポイントも欲しいところでしょう。あまりに堅くならないように自分の欠点もちょっとずつさらけ出して、相手に親近感を与えるぐらいの余裕が大切です。

 

 

婚活成功者の多くはアラサーの段階で婚活に対するアプローチを変えていることが多いようです。

 

 

これまでのやり方や自分に囚われることなく、まわりのアドバイスを取り入れるアラサーこそ婚活を成功させる人の仲間入りができるでしょう。

→ 20代の婚活のページはこちら

→30代の婚活ページはこちら


簡単3ステップ 初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から初めての方はまず無料お試しマッチング紹介から

あなたのご希望条件にマッチする会員さまを無料でお調べいたします。
お気軽にお試しください。