35歳からの婚活

婚活をされている方にとって、「35歳」という数字はとても大きなものです。女性は出産のリミットを考えられたり、男性はお仕事環境やご家族の心境の変化など、男女とも婚活のひとつの区切りとお考えです。関西ブライダルでは「35歳の婚活」を積極的にサポートしていきます。

婚活において、35歳という年齢は?

婚活をされている会員様で一番多いのがこの世代、30代後半です。この世代の女性は、突然焦りだすんですね。もうみなさんいろいろ経験されて、ちょっとかわいい素直さはなくなってきますかね(笑)この世代の女性は、社会の中でそれなりの地位もおありなので、お持ちの物も高価な物が多いです。つまり、それを持とうと思うとそれなりのステイタスが必要です。お仕事が長くなってくると、そういったご自分のままでご相談に来られる方もおられますが、結婚はそういった仮面を外さないと出来ないんですね。なので、まずはそこを丁寧にお話します。

キャリアを持たれた女性の方のご相談が多いのでしょうか?

そうですね。けっこう高い年収の方も来られますね。ですので、自分以上に年収がなければ尊敬できませんっておっしゃいます。でも、それに伴う男性が・・・いらっしゃらないですね、なかなか。またそれぐらいのステイタスをお持ちの男性は、ビジネスの仮面をまとったキャリアウーマンを求めていないんですね。そうなると女性は、それだったらひとりで生きていきますって言われます。

でも本当に、1人でいるより結婚して2人でいるほうがいいとは思うんです。コミュニケーション能力も高まりますし、様々なことを考えると2人でいるほうがいいと思います。

35歳からの世代は男性の層も厚いのでしょうか?

そうですね、でも今は男性もおひとりでいようとされますね。時代の流れといいますか。食事も洗濯も1人で困らない。そして、資格やスキルアップなど自分に投資をしようとされますね。それは女性も同じですね。

それでは、35歳以上の方がご相談に来られた場合、どういったお話をされるのでしょうか?

まず、男性であること、女性であることを思い出していただきますね。24時間のうちどれぐらいお仕事に費やしていますか、というお話をします。この35歳以上の世代の方は、お酒を飲みにいくのも、お食事をされるのもお仕事の場合が多いでしょう。でも男の顔、女の顔はどうですか、ということなんですね。婚活において大切なことです。また、ご兄弟が何人もいる世代ではなく、男性はこの世代ぐらいまでは長男さんが多くなってきているので、やはりお子さんを残されるという使命があります。

やはり、子どもを生みたいという女性も多いですね。35歳という数字が一人歩きしている部分もありますが、男性の方でも35歳というのはそれなりの響き方があると思います。男女共に35歳までの出産ではないでしょうか。

婚活において35というのは、大きな数字なんだと思います。35歳で結婚を考えられている男性のご年収をお聞きして、たとえばそれが350万円だとすると、今結婚したほうがいいですね、とおすすめします。もし、3年後の38歳になったとき、380万になるか今の時代分かりませんよね。しかも、38歳で380万は求められにくいんです。38歳になったら400万でないと女性は納得されません。なので、今、なんですね。3年あれば、2人で歴史を築けます。歴史は時に年収を上回ります。ご相談に来られたときは、年齢に見合った年収しか見えないものですから、今35歳ならそちらのほうが男性はモテるんです。

この世代の方は、男女とも少しでも早く婚活を終えて結婚したい、という思いが強い一方で、妥協はしたくないと考えられています。それはご自身がこれまで積み上げてこられた地位や経済力が影響しているとともに、「社会の中での自分」という立場に慣れすぎているのかもしれません。男女ともお子さんを考えられる区切りとなる35歳。ご相談によって普段のご自身から少し離れることができれば、より良い婚活をスタートできるかもしれません。

28年の実績がある関西ブライダルにお任せください。

0120-381-385 電話受付時間:10時~19時 定休日:火曜日

0120-381-385

ご案内